【和道】自分に自信が持てないとか、マジでどうでもいい話

こんにち和!西野です。

前にボクのYouTube動画でも触れたお話しですが、よく「自分に自信が持てないんです…」という人がいます。

が、正直に言ってしまうと、そもそも自分に自信なんてものは不要であり、そんなこと気にしているだけ時間の無駄なのです。

なぜなら、、

 

「自信がない」はただの言い訳でしかない

自信がないという人は非常に多いですが、それは自分が傷つくことを恐れているから、そのように言うのです。

実際に何か行動をした時に、誰かに批判されたり、あるいは上手くいかなかった時に傷つくのが怖いから、そうして自分が傷つかずに済むように「自信がないから…」と言い訳をしてしまうのです。

もちろん、なんの成果もいらないから、今のまんま変わらずの人生でも良いというなら、それでも構いません。

しかし、もしあなたが起業家として、人生の革命家として、挑戦者として自分の未来を切り開いていきたいとしたら、、

「自信がないんです…」

なんて言ってる場合ではないのです。

そんなこと言っていても、目の前に魔法使いが現れて、自分を救い出してくれるなんてこともありませんし、現実はいつまでも変わりません。

とにかく、中途半端でも未完成でもいいから、「まずは一歩を踏み出し続ける」しかないのです。

そこに自分への自信など必要ないのです。

 

自信は付けようとしなくていい

 

また、自信がないからと言って、必死に自分に自信を付けようとする必要もありません。

よく世の中では、小さな成功体験を作って自信を付けよう!みたいなことを言われます。

もちろん、それも大事なことではあるのですが、自信をつけるために成功体験を重ねるのではなく、成果を出すために一歩を踏み出し続けることで、勝手に小さな成功体験が積み重なっていくものなのです。

 

例えば筋トレで身体を鍛えて自信を付けるとか、何か資格や肩書きを手に入れて自信を付けようとか、そういうことを教えている人もいます。

当然、資格や肩書きがあったほうが、有利に働く分野もあります。

ですが、もし、あなたが自信がないからと言って、そのようなものを手に入れようとしているなら、そんな「形だけの自信などないほうがマシ」です。

それって例えば、「お金さえあれば自分に自信が持てる」と言っているようなものです。

実は、それほど愚かなことはありません。

だいたい、お金、筋肉、資格や肩書きなどの”形によって”自信を付けようとする人は、必ず周りの人を見下すようになります。

それこそ、自信をつけるためにカラダを鍛えるという人は、同じく鍛えている他人と競ったり、勝手に比べて

「あいつには勝ってる」とか、
「あの人には勝てない」とか、

すぐに人を見下したり、あるいは自分よりも凄い人を見た時には自信を無くしたり、本当にブレブレで不安定なのです。

 

もちろん、健康的に身体を鍛えることは否定しません。

ですが、自信を付けるための筋肉だったり、資格やお金などの「形に頼る自信はないほうがマシ」なのです。

 

形だけの自信なら無いほうがマシ

 

例えば先ほどのように、「お金さえあれば自信が持てる」というのも、ある意味、受験生が

「偏差値さえ高ければ自信が持てる!」

と言っているようなものなのです。

すると、どうなるか?

いざ受験が終わって大学生になってみると、偏差値という物差しが無くなるので、今までの偏差値による自信も全く通用しなくなります。

ましてや、社会人になってしまったら、いくら受験勉強がすごくても、偏差値が高くても、なんの意味も無しません。

 

実際に、そういう受験生も多いのです。

要するに、必死に偏差値を追いかけて受験勉強をした結果、いざ優秀大学に受かると、偏差値という物差しがなくなるので、唯一の存在価値もなくなり、そのまま自分を見失って人生を狂わせていくのです。

 

それはまさに「お金」でも同じで、収入の多さによって自信を付けている人は、いつもお金をチラつかせて人を惹きつけ、お金がなくなってしまうことに対して常にビクビクしています。

 

そして、そういった形による自信をつけている人は、実はすぐに傷つくガラスのハートなのです。

というよりも、すぐに傷つくガラスのハートの持ち主こそが、自信をつけようと努力し、人よりも過剰に「傷つくことを怯えている」のです。

それこそ、いつも不安定ですぐにブレるし、いつでも不安を抱えているから、それを誤魔化そうと、何か分かりやすい形のある自信を付けようとしているだけなのです。

 

自信をつけるよりも大事なこと

はっきり言ってしまうと、そもそも世間的に言われるような「俺はできる!」みたいな自信は必要ありません。

もちろん、あるに越したことは無いでしょうが、それよりも大事なことがあります。

それが、

『結果を手放す』

ということ。

つまり、自分には能力があるとか、やれば出来るとか、そういう自信をつけることよりも、実際の結果に期待することなく、いかに「全ての結果は神のみぞ知る」というスタンスでいられるか、なのです。

 

例えば、

「自分にも出来るのだろうか…」

という不安で行動できない、一歩を踏み出せないというのは、まさに「結果」を出すことに囚われているからです。

結果を出すことに囚われ、結果が出ることに期待しているから、出なかった時を怖がって一歩を踏み出せずにいるのです。

 

ですが、人生において最も大切なのは、自分が出来る最善を尽くしたうえで、後の結果がどうなるかは全て神様にお任せするということ。

これは告白などが分かりやすいです。

例えば、好きな人に告白することに対して、いつまでもウジウジしていて声を掛けられない人というのは、

「フラれるかもしれない」
「嫌われるかもしれない」

そう結果に囚われてしまうからです。

しかし、もしここで

「たとえ成功してもフラれても、全ては神様にお任せする!」

という考え方がマインドセットされていたら、結果にこだわらず思いのたけを打ち明けることができます。

 

必要なのは自信よりも全託する勇気

 

つまり、変に自信を付けてしまうと、逆に失敗した時のことを恐れて、余計に行動できなくなってしまうこともあるということ。

例えば、「自分はモテるんだ!」という自信を持っていると、その自信を失うことを恐れ、かえって本気で好きな人に告白できなくなったりします。

だからこそ、そもそも自信なんてものを付ける必要はないのです。

それよりも、いかに結果に執着することなく、最終的な成り行きは神様に全託できるか

それこそが、現状を打開し、未来を大きく切り開いていくために大切なことなのです。

 

何があっても受け入れる器を磨くこと

 

そして、行動してみた結果、実際に結果がどうなろうとも、

「これは、今の自分が学ぶために必要なことなんだ」

と甘んじて受け入れ、成長に変えていく器を磨いていくことです。

この器を磨いていくことで、あなたも恐れることなく次々と挑戦し続けられるようになります。

 

例えば、人前で話すことに緊張するのも、それは成功させてやろうと思うからです。

なぜ、気の知れた仲間たちには、緊張することなく話せるのか?

というと、特に結果に対して執着していないからです。

滑るんじゃないかとか、笑われるんじゃないかとか、そういう結果のことは一切、手放せているからなのです。

だから、人前で話す自信がないという人も、「どうにでもなれー!」という感じで結果を手放したほうが、リラックスできてはるかに上手く話せるようになるのです。

 

だからこそ、ボクらにとって必要なのは、自信よりも「どんな結果になろうとも受け入れ学びに変えていく」という姿勢なのです。

そうやって生きられるようになった時、あなたは今まで失敗を恐れて一歩を踏み出せなかったことが嘘のように、次々と行動できるようになり、むしろ何が起こっても楽しめるようになっていきます。

その状態になれた時、もうあなたの人生は勝ちゲーム確定です。

 

まとめ|自信など1ミリも必要ない

 

ということで、結論は「自信なんてものはマジで必要はない」です。

そして、最善は尽くしたうえで結果は神様に全託して、何があろうとも受け入れ、学びに変えていくこと。

そうしたら、もうあなたは怖いもの知らずとなり、一歩が非常に軽くなって、どんどん行動して現実を切り開いていくことができます。

すると結果的には、大きく前進して、自分でも驚くような成果に繋がっていくのです。

 

それでは、今回はここまで。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

あなたが今よりもっと輝けることを、心から願っています。

弥栄!

西野ゆきひろ

 

最近の公開メルマガはこちらからお読みいただけます。

>>【報告】ブログ記事を毎日更新し始めた結果がすごい・・・

>>【衝撃】2日で検索順位1位になったブログのアクセスアップ法とは!?

>>【和道】甘えんなって。今日をどう生きるかで人生が決まる。

>>【和道】成功する人たちが共通してやっているシンプルなこと

>>【和道】実は危険な家庭像と理想の組織像

>>【和道】318名の超満員!ゼロレボ祭り裏側レポート!!西野編

>> 【和道】変われない人の共通点

 


無料公開中メルマガ

 

 

 

 

みんなにも教えて喜ばせてあげよう!