恋愛がめんどくさいと感じてしまう人の8つの心理的理由と、その対処法

こんにち和!

恋愛で相手をお付き合いをしてて、どうしてもめんどくさい別れたいって思ってしまう時期ってみんな1度はあると思います。

理想の相手と巡り合いたい、結婚したい、と思いつつも現実にはそんな相手とはなかなか出会えず焦りや不安が出てくるときもあります。

でもそんな気持ちを乗り越えて、幸せになるためにはどうしたらいいでしょうか?

今回はそんな、恋愛がめんどくさいと感じてしまう女性の心理的理由と、その対処法について考えてみました。

恋愛がめんどくさい、別れたいと思ってしまう・・・

恋愛というものに対しての価値観は人それぞれです。

ある人にとっては幸せの象徴、あるひとにとっては人生のスパイス、もしかしたら「人生そのものだ」と言う人もいるかもしれません。

恋愛がすべてではないですし、恋愛しなければ生きていけないというわけでもありません。

恋愛は誰にとっても100%必要なものではありませんよね。

これは何が言いたいのかというと、もしもあなたが今恋愛がめんどくさい、お付き合いしている人と別れたいと思っていたとしたら、それは一時的なものである可能性が高いということなのです。

人の価値観はずっと変わらないということはありません。

小学生の時に大切だったもの、高校生の時に大切だったもの、社会人に入ってから大切になったもの、その時その時で変わってきたはずです。

恋愛に対して求めているものも時と共に変わっていくことがある、ということなのです。

ですので、今現在「恋愛がめんどくさい、別れたい」と思っていたとしても、その気持ちが永遠に続くことはないといことです。

恋愛がめんどくさい人の心理的理由

それでは一時的に恋愛がめんどくさいと感じてしまう理由について、いくつか挙げてみました。

1.相手に合わせすぎてしまう

恋愛がめんどくさいと感じてしまう理由の1つに、「相手に合わせ過ぎてしまう」というのがあります。

これは相手に気に入られたい、相手に嫌われたくないという気持ちがあるのです。

こういう気持ちがあると自分の思っていることを主張できず、一方的に相手に従わなければいけなくなります。

そうすると相手の言いなりになってしまい、こちらはひたすら疲れてしまいます。

それにまったくフェアじゃないですよね。

恋愛は本来、相手と自分どちらも対等な立場で付き合うべきものです。

恋愛に上下関係を感じるとそれに疲れてしまい、めんどくさくなってしまうのです。

2.お金がかかりすぎてしまう

現実的にお金がかかり過ぎてしまうというのもあります。

相手に気に入られようと自分を着飾らなければいけないと、どうしてもファッションやメイクにお金がかかりますよね。

たしかにそれも必要なのですが、あまりエスカレートし過ぎると金銭的に余裕がなくなりますし精神的にも疲れてしまいます。

幸せになるための恋愛なのに、経済的にも精神的にも不幸になっていくのは本末転倒ですよね。

それを感じて恋愛がめんどうになっていくのです。

3.他にやることが多すぎて手が回らない

恋愛をするのにも、エネルギーが必要になります。

他にやらなければいけないことがあると、どうしてもそちらにエネルギーを回さなくてはいけなくなり、恋愛に必要なエネルギーが残っていなかったりします。

例えば一週間後に仕事で大切なプレゼンがあるので資料を準備しなければいけなくなったら、恋愛なんてしていられないですよね。

恋愛に回すエネルギーが残っていないと、どうしてもめんどくさくなってしまいます。

4.一人の方が気楽

恋愛=人間関係、当然相手があって成立するものです。

人間関係には摩擦が付きものです。

なぜなら自分も一人の人間、相手も一人の人間だからです。

相手にも相手の世界観があり、それは自分とは全く別世界のものです。

生まれ育った環境が違うのですから当たり前のことですよね?

恋愛は相手の価値観を認めて受け入れていくものですが、それがうけいれられないから一人の方が気楽、ということになってしまいます。

5.恋愛の駆け引きに疲れる

恋愛い対する価値観は人それぞれですが、中にはスポーツ感覚や損得勘定で捉えている人がいます。

そういった考えでいますと、どうしても相手より主導権を持ちたいとかマウントをとりたいだとかの駆け引きに発展してしまいます。

幸せになりたくて付き合っているのに、相手を自分に従わせようとしていたら良い関係は築けないですよね。

さらに相手も同じように駆け引きをしてきたら、ただただ疲れ果ててしまうだけです。

そうなると恋愛はとてもめんどくさいものになってしまいます。

6.他に打ち込みたいことがある

恋愛以外に打ち込みたい熱くなれるものがあると、恋愛がめんどくさくなってしまいます。

仕事で評価されはじめて楽しくなってきて集中したいだとか、心から熱く打ち込める趣味などがあると恋愛はそっちのけになってしまいます。

もちろん自分の好きなこと、やりたいことに没頭するのは良いことですし幸せなことです。

でも出来たら恋愛もバランスよく両立できたら最高ですよね。

恋愛は自分を磨く最高の教材でもあります。

他のことに集中したいからといってめんどくさがらずに、恋愛を通しての自分磨きもしていきたいものです。

7.相手の要求が多くてウザい

付き合いが長くなってくると、相手の要求が多くなってくることがあります。

そうなると恋愛もめんどくさくなってきますよね。

相手の心のどこかで依存の気持ちがあったり、甘えがあったりするのです。

一方的な要求が多いと、楽しい恋愛も疲れてきてしまいますよね。

これも結局対等な立場で付き合っていないと起きてきてしまいます。

自立した相手と自立した関係で保てると良いのですが、それが出来ないと恋愛もめんどくさくなってしまいます。

8.恋愛にデメリットを感じる

恋愛を損得勘定で捉えていると、メリットも感じる反面デメリットにも目が行ってしまいます。

そうすると恋愛がめんどくさくなってしまいます。

ものごとにはすべて、メリットとデメリットが両方存在しています。

恋愛に関しても同じことです。

メリットだけを受け取ると、同時にデメリットも受け取ることになります。

例えば相手とデートする時間を過ごすということは、同時にデート以外のことが出来なくなっているということです。

恋愛を損得勘定で考えている人は、メリットばかりではなくデメリットも一緒に付いてくるということを知っておいた方が良いです。

恋愛がめんどくさい時期に持つべき心構え

いろいろと恋愛がめんどくさい人が陥るパターンを挙げてみましたが、恋愛において一番大切なことがあります。

それは「相手の価値観を尊重する」ということです。

恋愛は人と人との関わり合いで、人間関係に尽きます。

あなたがもしも自分が大切にしているものを、他人から否定されたらとても嫌な気分になりますよね?

自分には自分の大切にしている価値観があり、相手にも相手の大切にしている価値観があります。

どちらが正しいとか間違っていると言い出すと、キリがありませんしどこまでいっても不毛になる可能性もあります。

お互いに尊重しあって付き合っていきたいものです。

恋愛がめんどくさい:まとめ

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

恋愛はたしかにめんどくさい部分もあります。

予期せぬトラブルや悩みもたくさんあります。

でもそれを乗り越えることで人間的にも成長できますし、得るものがたくさんあります。

一時的にめんどくさい時期も来るかもしれませんが、その状態が永遠に続くわけではないので、今回の記事を参考に、ぜひ幸せな人生を掴んでください。

それではまた。

弥栄!

みんなにも教えて喜ばせてあげよう!