優柔不断な人とは?本当の意味とは?優柔不断な性格を改善するとっておきの方法9選

こんにち和!

あなたは優柔不断で悩んでいませんか?

あなたのまわりに優柔不断な人がいて迷惑することはありませんか?

優柔不断な人は見ていてイライラしちゃいますよね。

決めきれずに悩んでいる姿を見ると、その人なりに考えているのでしょうが

「もうちょっと早く決めてよ!」

って思っちゃいます。

もしあなたが優柔不断な性格で悩んでいるとしたら、その性格直していきたいですか?

今回はそんな「優柔不断」な性格を改善する、とっておきの方法をお伝えします!

優柔不断の本当の意味とは?

優柔不断とはそもそもどんな意味があるのでしょう?

辞書で調べてみますと、

優柔不断
気が弱く決断力に乏しいこと。また、そのさま。
出典:デジタル大辞泉

とあります。

優柔不断の人とは、自分の意志が弱い人のことを言います。

自分で決めきれないから迷ってしまうのです。

自分の人生は自分で決めるべきなのに、他人に決めてもらっているのです。

幸せな人生を送るには、自分の人生は自分で決めなければいけません。

優柔不断な人というのは、幸せになる人生を自分で放棄してしまっているのです。

優柔不断な性格の根本原因

優柔不断な性格な人というのは、元を辿れば「責任感がない人」と言えます。

責任を負いたくないのです。

何かを決めるというのは責任が伴います。

例えば目的地まで電車で行くのか?バスで行くのか?それとも車で行くのか?いろいろ選択肢がある中から決めるとします。

その中から1つを選んだということは、選んだ責任が発生します。

もしも電車を選択して電車が遅延して遅刻してしまったら、その選んだ人が悪いということになってしまいます。

優柔不断な人というのはもし失敗したら責任を負いたくない、自分が悪者になりたくないと考えているのです。

自分が最終決定者になることが怖いのです。

このような理由で、優柔不断な人というのは責任感がない人と言えます。

優柔不断な性格を改善する方法9選

それでは優柔不断を改善するための方法をご紹介していきます。

1.時間をかけない

優柔不断な人というのはとにかく決めるのに時間がかかります。

じっくり考えるのは良いのですが、あまりに遅いのは周りの人に迷惑をかけてしまいます。

さらに時間がかかって周りがイライラしだすと、プレッシャーがかかりますます焦って決めきれなくなったりもします。

そうならないためには、時間をかけずに決断する癖を身につけましょう。

2.デメリットを考える

優柔不断であることのデメリットを考えてみてはいかがでしょう?

もしあなたが優柔不断であるならば、優柔不断な性格によってもたらされるデメリットを紙に書き出してみるのです

「こんなに自分は損していたのか!」

と目で見て確認することができれば、何が何でも改善していきたいと危機感を持つことになります。

そうすれば自然に改善できるように努力できるようになります。

3.完璧主義を手放す

優柔不断な人は完璧主義な人が多いです。

要するに失敗したくないのです。

完璧主義だと、どの選択が失敗しないのか考えすぎてしまい、選択するのに時間がかかってしまいます。

しかし世の中どんな選択をしたとしても、「100%失敗がない」ということはありえません。

結局はどんなに考えぬいたとしても、失敗しない可能性は選べないのです。

であるならば考える時間はある程度までにしておいて、さっさと決断した方が時間の無駄がありません。

世の中の成功者と呼ばれている人は、失敗を恐れずに挑戦したから成功を手にしているのです。

小さいものならば失敗しても大丈夫だと思って、完璧主義を手放してみましょう。

4.結論を先に決めてしまう

優柔不断な人は、先に結論を決めてしまいましょう。

例えばスーパーに買い物に行っても、優柔不断な人はあれも良いんじゃないか、これも良いんじゃないか、と目移りしてしまうから決断が遅くなるのです。

「今日はこれとこれだけ買いに行こう」

と、先に決めてからスーパーに行くのです。

そうすると、「決めたもの意外のものを買う」という選択をしなくなりますので優柔不断が直ってきます。

5.ネガティブな口癖を使わない

優柔不断な人に共通する口癖

「えっと」「でも」「だって」「「まあ」「しかし」

というものがあります。

これらの口癖はあなたの優柔不断な性格を強化していきます。

人間は口癖によって作られていきます。

自分が一番自分の口癖を聞いているので、その口癖通りの生活をしていこうとするのです。

できるだけネガティブな言葉を口にしないようにしましょう。

6.自分と向き合って自分を知る

優柔不断な人というのは、自分で何を決めていいのかわかりません。

自分が何を選んだら、自分が幸せになれるのか、納得できるのかわからないのです。

これは自分自身のことを知らないことが原因です。

自分という人間のことを知っていれば、何が必要か?何が必要でないか?を瞬時に判別できます。

まず自分自身と深く向き合って、自分が一体どんな人間なのかということを理解してみることをオススメします。

7.締め切りを決める

優柔不断な人というのはダラダラ選んでしまいがちです。

もしも「AかBかを一分以内に決めないと、あなたは死ぬ」と言われたら、さすがにどんな優柔不断な人でもすぐに選びますよね。

人間の脳は、締め切りがあるとなんとかそれに間に合わせようとします。

少々厳しい期限があるくらいの方が頑張れてしまうものです。

優柔不断な人は自分に負荷をかけて頑張ってみてはいかがでしょう?

8.自分に自信を持つ

優柔不断な人というのは自分に自信がない人が多いです。

自信がないから自分の選ぶ選択に確信が持てずに、いつまでたっても決めきれずにいるのです。

「絶対にうまくいく」と自信を持って、とにかく飛び込んでみることで人生は拓けていきます。

多少の失敗は人生のスパイスです。

自分を必要以上に卑下せずに、自信を持てる自分になって優柔不断を克服しましょう。

9.他人を気にしない

優柔不断な人は他人の目を気にしています。

「人からどう思われるだろうか?馬鹿にされないだろうか?」

などと考えていると、なかなか決めることができなくなります。

でも実は人って、自分が思っている以上に他人に興味がありません。

あなたも他人の失敗談を聞いて、失敗した人のことをそんなに馬鹿にはしませんよね。

「馬鹿にされるかも」はハッキリ言って幻想です。

他人の目を気にしないようにして、優柔不断な性格とオサラバしましょう。

優柔不断な性格を改善していくのに一番必要な〇〇とは?

これまで優柔不断な性格を改善していく方法をご紹介してきましたが、これらを実践する上で何よりも必要なものがあります。

それは「習慣」です。

優柔不断というのは考え方の癖です。

長年の生活環境や自分の価値観によって、凝り固まってしまった思考の癖なのです。

これを改善していくためには1日2日心を入れ替えたくらいでは、とても直せるものではありません。

長年の習慣は習慣によってしか変えられません。

まずは今回提案した方法を、1つでも習慣化していくことを意識して生活してみてください。

優柔不断を直す:まとめ

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

優柔不断な人は貴重な人生の時間をたくさん無駄にしてしまいます。

優柔不断な人は周りからの評価も悪くなります。

結果的に人生をとてもすることになってしまいます。

もしあなたが優柔不断で悩んでいるとしたら、今回の記事を参考にして豊かな人生を送れるように頑張ってみましょう!

それではまた。

弥栄!

みんなにも教えて喜ばせてあげよう!