人生から無駄な時間を無くしてさっさと成功する方法

blank
blank

こんにち和。西野です。

僕のコミュニティのメンバーだったり、僕も昔はそうだったのですが、人生の大半を損している、無駄な時間を過ごしている人が多いなと思います。

そのうまくいかない人に共通していることがあります。

それは、考えることです。

今回は、この考えることによる無駄な時間を無くして、さっさと成功する人生を手に入れる方法についてお話していきたいと思います。

 

考えることとは?

blank

考えることとは、例えば自分でビジネスや仕事をしている、なにかやりたいことがあるという時に、漠然と考えている…という状態のことです。
漠然と考えていると、できない理由などが出てきて動けなくなってしまいます。

YouTubeやブログなどでも同じです。
YouTubeのネタを話し合う時にも、「みんなは何を聞きたいのかな?」「何を求めているのかな?」「今のテーマは何がいいかな?」
などと考えて、「どうしよう、どうしよう…。」と考えれば考えるほど、全く動けなくなってしまいます。
考えることによって、エネルギーが漏れていってしまうからです。
ですので、とにかく間違ってもいいし、中途半端でもいいので一歩動き出すということが大事なのです。

例えば、YouTubeの場合でしたら、「あー何がいいかな?何か思いつかないかな?」などとグダグダ過ごすのではなくて、
他の人の動画を見て、その話の切り口に対して、自分の勉強や経験を踏まえて自分はこう思うということを発信してみる。
もし再生数がのびなくても、全然いいのです。
どんどん失敗した方がいいし、間違えていいし、やってみて、走ってみて、何が違うなと思ったら方向修正していくことが大事です。

 

僕らはコマみたいなもの

僕らはコマみたいなものなので、とにかく動き出してみないと回りはじめないのです。

冒頭でも書いたコミュニティのメンバーの方で、自分の商品を何にしようかとずっと漠然と考えていて全然動けないという方がいました。
これは非常にもったいないことで、何ヶ月も時間を無駄にしてしまいました。
もっと早く動き出していたら、もっと早く商品を作れて、自分のビジネスが成り立っていたでしょう。
このような場合も、とにかく誰かに言ってみるとか、相談してみるとか、自分でアクションを起こしてみればよいのです。

一番無駄なのは、頭でもやもや考えていることなので、まず自分ができることを書き出してみましょう。
限界突破するとか、コンセプトを作るとか、まず1ヶ月目はこれをして…といったことをノートに書いてみてください。

僕も借金をしていた時は、「借金がもう返せない。どうしよう…。」と漠然と頭で考えている間というのは、何も進みませんでした。
だから、何かできることはないかと紙に書き出していくとか、誰かに相談するとか、アルバイトやってみるとかとにかく行動しました。

コマも回しはじめるから回るのです。

 

失敗しても、それは大きなプラス

blank

ビジネスをやったことがないという人に僕がいつも言っていることがあります。

セミナーでもお茶会でもワークショップでも何でもいいから、無料でやってみたらいいですよ。といつも言っています。
やる前から、うまくいくか、集客できるかなどと考えている時間が無駄なので、考えるくらいなら、集まらなくてもいいからやってみたらいいのです。

やってみた結果、赤字になったらなったで、いいのです。
それは、表面的な金銭面で見たら赤字ですが、経験などの見えないエネルギーの世界で言えば、大きなプラスなのです。
たいてい目に見える表面的な世界だけで判断しがちなのですが、会場費が赤字とか人が集まらないとか、たとえうまくいかなくても、その経験からしか見えないものや視点があります。

ブログでも、書いたことがない状態の時と、下手でもいいから1記事でも書いてみた状態になってから気づくことがあるのと同じです。

たくさん稼いでいる人もやっていることはみな一緒で、漠然と考えていないでとにかく動き出すということをやっています。

もちろんお金を稼ぐことだけでなくて、成功したい、もっと活躍したい、新しいことに挑戦したいと思ったら、できるかなー、どうしたらいいんんだろう?と漠然と考えていないで、今できることを紙に書き出して整理してやってみたらいいのです。

YouTubeの発信もブログもビジネスも、ビジネス以外のやってみたいこと、挑戦してみたいことも同じで、頭で漠然と考えている間はエネルギーを漏らしてしまい、何もできないので、考えている暇があったら、まずは紙に書き出してみましょう。
今できること、リソース、何が提供できるか、それらを全部整理して、失敗してもいいからやってみる、オファーしてみる、提案してみる、口に出して発言していくということです。

 

一歩踏み出すことが大事

一歩踏み出したら動きはじめ、そこから徐々にスピードアップしていきます。
歩く時と同じで、とにかく動き出さないと、一歩を踏み出さないと歩き始められないのです。
はじめるには一歩が必要なのです。
一歩さえ踏み込んでしまえば、次は自然と左足右足…と進んでいけますから。

自転車でも同じことで、多くの人たちは自転車に普通に乗れますよね。
補助輪なしの自転車に乗りはじめたときも、こげるだろうか?ではなく、とにかく乗ってみた、挑戦してみたから乗れるようになったのです。
転んだり、怪我をしたりしても繰り返し練習したので乗れるようになったのです。

動き出すから物事は動くのです。

 

成功している人もやっている

blank

僕と一緒にやっている人もみんなそうで、収入がいくらになるとか、ビジネスとして成功するかなど分からないので
これでいいよね?やれたらいいよね?となったらその日のうちにすぐ動いたりします。
動いてから、このままでは到達しない、成り立たないと分かったら、修正案を導き出すことが大事なのです。

そうやって動きはじめていくから、どんどん回転数も上がっていって、自分のエネルギーもあがるようになって、行動力が伴っていくのです。
すると結果もついてくるようになるのです。

 

死ぬこと以外かすり傷

間違わずに成功させてやろうなどと思うから動けなくなるのです。
失敗してもいい、傷ついてもいい、とにかく走り出す、動き出す、そうやって見えてくる世界があります。
失敗が怖いのは分かります。みんなそういうものです。

「死ぬこと以外かすり傷」という言葉があるように、
失敗もかすり傷でしかない、ということを意識してみましょう。

 

周りの人に意識を向けよう

blank

自分のことばかり考え、自分にばかり意識がむくから、失敗したらどうしよう、傷つくんじゃないかなどと考え動けなくなるのです。
だから、今自分が周りの人にできること、今この人にできることってなんだろうということに意識をむけることが大事です。

自分自分!ではなく、相手の人、周りの人に意識のスポットライトを当てていくことによって、どんどん自意識というのがなくなっていきます。
自分が傷ついてもいいから、声が届く人に届けたい、その人達に人生よくなってほしいと思い、そこにフォーカスして、スポットライトを当てて行動していけば、恐れはなくなっていきます。

成功者たち、偉人たちも、自分に意識を向けずに、世の中をよくする、国に貢献するためになどと言って、偉業を成し遂げているわけです。

頭で考えていても何も始まらないので、本当に一歩踏み出していただけたら、あなたの人生は動きはじめます。
現実を動かしていってください。

 

まとめ

時間は有限です。
ですから、無駄な時間をなくして、今すぐ行動する、今日即行動、即実践してみてください。

今日中に何か一歩進める、それを常に繰り返していったら、何かしら結果がでてきます。
そうして徐々に軌道修正していってどんどん洗練されていくのです。
さっさと成功できるのです。

この記事を読んで、自分も一歩踏み出してみようと思ってくれたら本望です。
ぜひ、アクション起こしてほしいですし、あなたの現実を動かす一歩になってもらえたらいいと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたの人生が豊かになりますように。

弥栄

みんなにも教えて喜ばせてあげよう!