【TAO】これ驚かない方がおかしいです…。

こんにち和、西野です。

すごい反響です…。

いよいよ明日IYASAKAが始まる。

新しい歴史が始まります。

連日お伝えしておりましたが、
たくさんの反響、ありがとうございます!!

とっても嬉しいです。

すでに、たくさんの方が
「絶対に参加します!」
と言ってくれていて、

もちろん、小さなお子様ずれでも大丈夫です!
もちろん、女性お一人でも大丈夫です!
もちろん、家族と一緒に参加してもらって大丈夫です!

みなさんから質問いただきましたが、
どんな人にお越しいただいて大丈夫です。

(このIYASAKA壊してやろう、という気持ちがなければ!)

で、すでに立ち上がる前から、
まるでアップルのようにみんなから

「無条件で参加します!」

などとメッセージをいただいていると、
もうみんなというよりも、本当に世界から
IYASAKAへ思いが掛けられているなと感じます。

まだまだ立ち上げの段階、
産声をあげるところです。

が、きっとすでに始まる前から、
このIYASAKAは、今の世界から
求められているものだったのかなと感じています。

というのも、本当にここ最近、
僕ら運営チーム周りがすごいんですよ。

そもそも「3月6日の午前9時」というのも、
別に前々からわざとそこにしよう、とはしていません。

実は、本当はもっと早くからIYASAKAを
スタートする予定でした。

しかし、なぜか色んなことがかみ合わず、
完全にタイミングではないことが分かったので
ちょっと一旦、ストップしたんです。

もう一度、足並みを揃えようと。

きっと、まだチームの団結力が弱く、これでは
すぐにフラついて崩れていただろうなと思います。

ですが、毎週ミーティングしたり、
セミナーしたり、ご飯食べたり、写真撮ったり、

なんてことを繰り返していくうちに、
どんどんチームが固まってきたなと感じました。

そして、今はチームのみんなが、
もうすごいんですよ。笑

そして僕自身、やっぱり何だろう、
神様に応援してもらってる気しかしません。

ちょっと前の時とは大違いで、
色んなことがすごくスムーズなのです。

そして、明日IYASAKAが立ち上がって、
その週末にはリトリート合宿じゃないですか。

例えば、こういう何かをリリースする時って、
実はめちゃくちゃエネルギーが集まってくるんです。

だから、よくローンチでバコーン!やった人たちって、
すぐ「打ち上げだー!」「自分へのご褒美だー!」
と言って、酒に溺れるじゃないですか。

あれってまさに、ローンチしたことで、
みんなからエネルギー(意識など)がバー集まってきて、
それが完全にその人のキャパを超えてるので発散したくなるのです。

だから、何か終わった後には、
よく発散したくなって酒に走る人もいれば、
遊びに走る人もいるのです。

ですから、ある意味でいえば、
今の僕らチームもめちゃくちゃエネルギーが高い状態なのです。

きっと、これはチームメンバー自身が、
一番、肌で感じていると思います。

が、僕自身、やはり今までの人生の中でも、
もっともエネルギーが高まっている感覚があるので、

だからこそ、このIYASAKAが始まる前から
きっと本当に僕の人生にとって
一番大事なものになるなと感じています。

しかも、この状態で今週末にはリトリート開催です。

もう、楽しみで仕方ありません。

リトリートでも、かなり高エネルギーな場を作って、
まさに時空が歪むくらいの空間を作りたいと思ってます。

そうするために、発散しないように、
僕は今日から香川県の「琴平」の山にきまして、
あとは今週末までずっと泊まり込みです。

東京にいると沢山、誘惑がありますし、
このIYASAKAやリトリートというのは、

まさに僕の人生が、闇から光へひっくり返る
『ポールシフト』のタイミングです。

だからこそ、そのエネルギーを無駄にせず、
全てこの世界のために使っていけたら嬉しいです。

そして、明日の朝9時はIYASAKA募集スタートですが、
その前の午前6時30分には、チームのみんなで
遠隔神社参拝を行います。

これは、日時と意識を統一して、
それぞれ離れた場所で、同じテーマを持って
一緒に参拝するというもの。

これを明日の募集前、早朝に行います。

で、なぜだか僕は前々から、
香川県の「金刀比羅宮」(ことひらぐう)

に呼ばれている気がしていたんです。

いや、分からないですよ。

なぜだかその神社に、
無性に行きたくなったんですよ。

意味がわからないですよね。笑

もちろん、僕の知らない神社は沢山ありますが、
でも僕もこれまで日本全国の神社をたくさん巡ってきて、
なぜだかそこなんですよ。

香川の金刀比羅宮。

ここも一回、前に来たことがあります。

で、その時もすごく不思議なおばあさんと
30分以上も話したんですけれど、
すごく印象深かったのを覚えています。

とっても優しかったんですよ。
だから、話していてすごく心が喜んだ。

で、しかも前に来たときに、
一緒に金刀比羅宮を参拝した占い師さんから、

「ここ、西野さんにとって
すごく重要な意味がある場所だと思いますね」

とポロッと言われたのですが、
それがすごく鮮明で。

とはいえ、まぁ日常生活に戻ったら、
もうかれこれ一年くらいは忘れていました。

金刀比羅宮のことは。

そして、その間にもいろんな神社を巡りました。

ですが、なぜかIYASAKAが始まる直前のこの時期に、
このタイミングで、いきなり無性に行きたくなるという。

で、宿まで探していたのですが、
まぁ気のせいでしょうということで、
一旦やめたんです。

「んん〜、もしこれが自分の身欲からくる
“ただ旅行がしたい!”だけだったとしたら、
今はそこにエネルギーをかけるのは違うな」

と考え、やめたんです。

で、引き続きチームのみんなと
IYASAKAの準備を進めていたら、
なんと夢にまで出てきたのです..!!

オーマイゴッド・・・。

とはいえ、なぜかその夢には「アラハバキ」という
名前の神様が出てきましたが。

何か、関係があるのでしょうか。

(ただ、そのアラハバキの神様って
実はとんでもなく尊い神様だと後から分かりました。)

とにかく、それからまたすぐに
無性に香川の金刀比羅宮に行きたくなって。

でも、なんで金刀比羅宮なんだ?

本当に、これは自分の「楽したい」とか
「旅行したい」という身欲ではないのか?

だって、みんなだって旅行したくても、
できなかったり、他に頑張っている人たちがいる。

それなのに、自分は身欲で旅行とかしたくない!

そう思って、深田先生の本とか、資料とか、
金刀比羅の歴史とか、色々と調べなおしていたんですよ。

でも、なかなか「これか!」という
ピンポイントの説明もないし、理由が分からなくって。

「んん〜、やっぱりこれって、ただ、
今はみんなからの意識エネルギーが集まっていて、
それを発散したくて旅行に行きたいだけなのでは?」

と思いかけたその瞬間・・・!

ハッ!!

降ってきてしまったのです。

「これだ!」という理由が。

『金刀比羅宮』というのは、
「ことひらぐう」と読みます。

つまり、「ことひらのみや」ということです。

神様をまつるお宮ですね。

ここまでは普通なのですが、
じゃあ、「ことひら」ってなによ?

どんな神様なのよ?

ということで、そこがピンと来てしまったのです。

ことひら」の言霊(ことだま)は、
「コトをヒラく」です。

つまり物事を開く神様であり、
コトというのは『九十(こと)』と読みます。

この宇宙というのは、○から十で構成されています。

つまり、0123456789十
というのが、この宇宙全体を表す世界ですね。

“数字ではなく”『数』(カズ)というのは、
この宇宙を表しています。

で、これまでは「8」までの世界でして、
それを表しているのが「四方八方」です。

つまり「八方」までだったのですね。
8までの世界に閉じられていたのです。

岩戸(いわと)が閉じられていたのです。

ですが、もうすでに宇宙は8から九十(コト)の世界へ
岩戸が開かれているそうで(証明するすべがないので断定できず)、

あとは、地上をまつり合わす役割である僕ら「人間」が目を覚まして、
今までの古い世界から新しい世界へと移行しなくてはなりません。

でも、ほとんどの人がそれをできずに、
どんどん宇宙との差(ギャップ)が生まれて、
ますます苦しみや不幸な出来事が大きくなっていきます。

それが、現代の社会ですね。

本来、僕ら人間というのは、
万物の長として、この地上界を正しく調和させる
というのが役目なのです。

太陽は全生物にエネルギーを与えるのが役目です。

雨は万物に水をもたらすのが役目です。

そして、人は地上界を潤滑に調和させるのが役目です。

ですが、現代の人はそれを忘れ、放棄し、
みんな自分のことばっかりです。

地球がどうなろうと、関係ありゃしません。

ほとんどの人が口だけです。

口では綺麗事を言っておきながら、
贅沢三昧ですよ。

え、やっていること矛盾していません…?

だから、そういう人は
これからさらに行き詰まっていくのです。

それが、現代の社会の行き詰まりです。

とにかく、僕らは今までの古い世界から、
つまり「8」の世界から九十(コト)の世界へ
アップグレードしなくてはなりません。

その大切な御役(おんやく)を担っている神々の一柱が、
まさに「九十八」(コトヒラ)だったのです。

オーマイゴッド・・・。

明日から世界に日の目を見るIYASAKAは、
まさに人類を、世界を、新しい価値観、新しい世界へと
導いていきたいという願いから誕生した活動。

そうか、だからIYASAKAをリリースする当日に、

3月6日の午前6時30分に、
コトヒラの神様に参拝することになっていたのか。

なるほど、これで大納得です。

というか、ストーリーがすでに出来すぎてて、
ちょっと自分でも混乱してます。笑

でも、コトヒラの神様って、
昔から「道ひらきの神様」と言われていて、
それこそが今回のIYASAKAの『コトひらき』だったのですね。

つまり、このIYASAKAを本当に
世界のIYASAKAにしたいなら、
コトヒラの神様にお願いしに来なさいと。

もう、大納得にもほどがあるってもんですよ。

まさに鳥肌もんでした。

とはいえ、いきなりコトヒラに
みんなで行くのは難しいから、

僕が運営リーダーとしてコトヒラに行って、
その同じ日時にそれぞれの氏神様に参拝する。

これが遠隔合同参拝です。

それを明日チームで行います。
神様を元に集まったチームです。

そして、今回のチームIYASAKAの遠隔参拝テーマは、

「ユダヤ・スメラ(つまり陰陽すべて)を融合して、
道を開いていく御守護を願い上げます」

です。

このテーマを持って、
チームみんなで参拝します。

そして、現代の集団は、
ほとんど全てが「神不在」の集団です。

人間様だけの集団です。

神なんていないし、
そんなものは必要ない。

今の世の中にあるほとんどの集団は
神をなきものにし、俺様、自分様の集団です。

だから戒律が生まれ、上下がハッキリと区別され、
奪う側と奪われる側に分かれる。

それが現代の集団です。

奪い合いの社会、奪い合いの集団ですね。

だから、そういう集団に長くいるほど、
その人はエネルギーがきれていって疲れていって、
家庭環境とか散々なことになりなす。

ですが、僕らのIYASAKAは違います。

僕らのチームは、サロンは、
まさに「神」を中心に集まる集団。

それが『IYASAKA』です。

だからこそ、IYASAKAでは、

「神様との本当の付き合い方」

をみんなとできたらいいなと思ってますので、
開始早々、サロンに集まってくれたみんなで
遠隔参拝を企画しています。

200人くらいで一緒にできたらマジですごいことになる。

(もちろん、その時間に参加できなくても
「今いるその場」でもOK。)

今までに出回っている間違った「神様迷信」ではなく、
本当に正しく神と人とが溶け合う世界。

それを、このオンラインサロン『IYASAKA』で
必ず実現していきます。

で、、。

話はまだこれで終わりではありませんでした。

今日、品川まで向かうタクシーを呼ぶと、
なんと車両番号が「6930」ですよ。

 

あらま、369様がいらっしゃるではありませんか。

僕らIYASAKAリリースの

3月6日午前9時

面白いように数字がありますねぇ。

と思って品川に着いてみますと、
タクシー料金が「3,360円」ですわ。笑

いつもは二千円くらいで来れるのですが、
今日はいつもの道がなぜか工事で通れなくて、
わざわざ遠回りしていったのです…。

36が盛りだくさん。

それで、やっとこさ5時間ほどかけて香川に来て、
コトヒラの旅館にチェックイン。

これから四日間、お邪魔するお部屋です。

そうして案内していただくと、
部屋番号は「688」でした。

え、めっちゃ部屋ある中で「688」ですか!?

あらまぁ、こんなところに
「88」様がいらっしゃるではありませぬか。

88といえば富士、
こないだ僕らが30人くらいで参拝した神社が
富士山本宮浅間大社でしたので富士。

その時も、セミナー音声聞いてくれた方なら
お分かりだと思いますが、

セミナー会場の中にも
「88」という数字があってお客さんが教えてくれたり、

セミナーの中でも「88」が
バンバン僕に訴えかけてきた話ししてましたよね。

ここで、いよいよご登場です。

88は富士でもありますし、
「8」というのは「弥栄(やさか)」という意味でもあります。

あれ、オンラインサロン『IYASAKA』…。

また「八」といえば末広がり。

そして、末広がりが二つ並ぶ「88」というのは、
数霊では「無限」という意味にもなります。

末広がりが止まらないから、
確かに「無限」と言えますね。

そして「6」はというと、
これは「結(む)ゆ」であり「結び」であります。

物事が結ぶという意味。

つまり、「688」というのは、

「結び無限へと弥栄する」

というメッセージも含まれています。

なんとまぁありがたい神様からの激励。

とっても心が勇みます。

また神様というのは、
一語で万語を語ると言われる通り、
そのメッセージに色んな意味を含めるのが上手です。

つまり「言葉遊び」のプロ中のプロです。

何かと何かをかける言葉遊びあるじゃないですか。

「恋人とかけまして、お湯とときます。
その心は・・・どちらもさめたら冷たいですよ」

みたいな、あれです。

あれを、一語で万語のかけをできてしまうのが
神様なのですね。

で、この「688」という数字には、
また別の意味で「68」と「8」にもなりまして、

68は数霊で「岩戸」という意味になります。

つまり、『岩戸(68)開く(8)』
という意味にもなります。

まぁ、さらになんというおめでたいお言葉。

また「688」というのは「16× 43」になりまして、
16と言えば「8+8」ですねぇ。ここにも88。

で、「16」は「開演」という意味で、
「43」は「決心」とか「満開」という数霊。

(ちなみに、数霊(かずたま)と
“エンジェルナンバー”とは別物ですよ!)

つまり、今回の金刀比羅宮の参拝は、

「今こそ開演の時、決心を固めて
岩戸を開く道を進みなさい。道開きのご守護するぞよ」

という神様からのメッセージなのかもしれません。

そんなことをブツブツ考えながら、
旅館の個室で一人食事をしていると、

「ドンドンドンッスッタラタッタ
ドドンッドドンッ」

どこからともなく和太鼓がすごい音で聞こえてきました。

なんだなんだ?祭りか?

ビックリしました。

でもなぜだか、
心がとても勇んでくる自分がいました。

聞いていて、不快感ゼロで、
むしろ嬉しくて心が勇んでくるんですよ。

第一、和太鼓といえば
日本では大昔から「縁起が良い」ことでして、
物事が始まる前や、神事をする前に神様をお招きするために鳴らすものです。

だから、まるで神様が
自分におめでたい和太鼓を鳴らしてくれているようで、
とっても嬉しくなってきたんですよ。

それで、部屋まで案内してくれて、
料理を持ってきてくれる明るいおばちゃんに、

「この太鼓の音、なんですか?お祭りですか?」

と聞くと、

「いえ、本日この上の宴会場で、
団体さんが和太鼓ショーをやられていまして、、

大変申し訳ございません。

私どもも音が大きく気になっておりまして、
大変申し訳ございません。」

とのことで僕はすかさず、

「何をおっしゃいますか!
むしろ、とっても嬉しい気持ちになりますよ!」

というと、

おばちゃん:

「そうですか!いやぁありがとうございます。
そうおっしゃっていただけるととても救われます。

太鼓なんて、
一年に一度あるかないかなのですが、、」

ガビョーン!

よりによって今日、
僕が参拝にきたこのタイミングですかい!

さらにおばちゃん:

「どうやら、神社庁のご団体さんが
お見えになっていまして…」

ガッビョーン!!!

まじでたまたま金刀比羅宮の参拝のために選んだ旅館で、
688で、まじでたまたま今日、神社庁のご団体さんが、
まじでたまたま一年に一度の和太鼓を鳴らす…!!

おいおい、、めまいがしてきたぞ…。

しかも、メインの料理は「めで鯛」・・・

とにかく、このIYASAKA、
なにか僕らが考えている以上に、

とてつもない大きな神のお仕組みが
組まれているのではないか…。

という、IYASAKA誕生前夜のこの頃です。

ということで、いよいよ明日、

3月6日の午前9時。

IYASAKAが世に出ます。

これから、世界のIYASAKAに向けて、
壮大な歴史が刻まれようとしています。

それでは、また明日、
チームで早朝6時30分に参拝してから、
9時にメールします。

初月1,000円、
月1万円。

もし、先着36名までに参加されたい方は、
ぜひ僕のLINE@にご登録しておいてください!

メルマガは多少のタイムラグがあり、
LINE@はピッタシ配信されますので!
↓(タップ!)
友だち追加

それでは、今から温泉で身を清めて、
参拝に向けて意識を統一したいと思います。

また明日!

IYASAKA!

西野ゆきひろ

追伸:

前回お送りした、
女性メンバー中井さんからの動画メッセージは
ご覧いただけましたか?

もしまだなら、
ぜひとも見てみてくださいね!^^

女性メンバーから動画メッセージIYASAKA

これからリトリートまで1週間、
マジで琴平で精神を研ぎ澄ましていきます!

みんなにも教えて喜ばせてあげよう!