「一途」とはどんな意味?恋愛に一途な人は幸せになれる?なれない?

こんにち和!

あなたは自分で自分のことを「一途」だと思いますか?

あなたの周りに「あの人は一途な人だなあ」と思うような人はいますか?

恋愛で一途な人は一人の人にエネルギーを集中させます。

相手のことを大切にすれば、それだけ相手の方もあなたのことを大切にしてくれます。

もしも大切な人に深く愛されたい、大事にされたいというのであれば、相手と一途に真剣に向き合う必要があります。

浮気性な人が相手から大切にされて幸せになれるとは思えないですよね?

今回はそんな幸せになるために不可欠な「一途」について考えてみたいと思います。

「一途」という言葉の本当の意味とは?

まず一途とはどういった意味なのでしょう?

辞書で調べてみますと

一途
1.他を考えないで、一つのことに打ち込むこと。また、そのさま。ひたすら。ひたむき。
2.一つの方法。
出典:デジタル大辞泉

とあります。

恋愛における一途な人とは、一人の人に対して誠実にひたむきに向き合える人のことを言います。

ここで注意していただきたいのが、一般的な「一途」のイメージについてです。

「一途」とはただ単に一人の人を盲目的に信じる、ということではありません。

ただただ言うことをそのまま聞いて、相手に気に入られようとするというのは一途ではなく「依存」です。

相手に幸せにしてもらいたいという理由から、相手の言いなりになるというのでは絶対に幸せになれません。

パートナーと一緒に幸せになるということは、「相手を幸せにしてあげる」という考え方を持てる人同士が一緒になることで、成立するものです。

お互いを尊重し合えて初めて、幸せなお付き合いができるのです。

依存ではなく一途な恋愛ができる人というのは、このことが分かっている人だと言えます。

恋愛に一途な人は幸せになれる?なれない?

恋愛において一途な人に注意していただきたいことがあります。

よく世間では、「恋愛は惚れたら負け」だと言われます。

それは付き合う相手を間違えた場合です。

恋愛に一途な人が付き合う相手を間違えた場合、相手に一方的に尽くすことになってしまいます。

相手が「他人のことより自分のことの方が大切だ」と考えているような人だと、いくら相手に貢献したとしても一方的になってしまい、お互いに協力し合う関係にはなりません。

そんな状態では幸せなお付き合いとは言えません。

片方は与える側、もう片方は受け取る側と固定化されてしまうと、与える側が消耗するだけでフェアな関係とは言えません。

お互いに与えあって受け取りあうことで、成長していけるからです。

一途な人が幸せになるためには、相手を見極める必要があるのです。

一途な人が知っておきたい、恋愛相手の見極め方

恋愛に一途な人は付き合う相手を間違えると幸せになれません。

相手のことを考えられる人でなければ、一方的に尽くして終わってしまいます。

そうならないためにも、相手がどういう人かを見極める必要があります。

ここを気をつけていなと、あなたが消耗して辛くなってしまいます。

見返りを求めるわけではないにしろ、あなたばかりが一方的に尽くすだけで報われない恋愛はしたくないですよね?

ではそうならないために、ちゃんと相手のことを考えられる人を見分ける方法をお伝えします。

それは「感謝が多い人」であるかどうかです。

常に相手の日頃の態度を観察し、そこで他人に対して「感謝」できているかどうかを注意深くチェックしてみてください。

例えばコンビニ等で買い物をして、店員さんに「ありがとう」と自然に言えるような人であれば、間違いなくあなたに対しても心から感謝してくれるでしょう。

そういう人は誰に対しても優しく接することができます。

しかし普段はあなたに対して優しかったとしても第三者には上からの態度をとるような人は、慣れてきたらあなたに対する対応も変わっていきます。

最初は優しかったのに、時間がたつと豹変したということになりかねません。

一途な人がそういう人と付き合うと、不幸なことになってしまいます。

そうならないためにも、恋愛に一途な人は、相手は「感謝が多い人」かどうかを注意してみてください。

一途な人は幸せになれる!

恋愛に一途な人は不器用な人が多いです。

一つのことになら集中はできますが、あれこれ複数のことを同時にするマルチタスクができないためです。

これは恋愛以外の日常生活でも言える事です。

一見不器用な人は上手くやっていけないというイメージがあるかもしれませんが実は逆で、一つのことに集中してコツコツやれる人の方が人生上手くいきます。

短期的に見たら損をすると感じるかもしれませんが、長期的に見ると不器用でもコツコツやれる人の方が結果を残せます。

長い目で見ると積み上げられる実績が違ってくるからです。

恋愛でも仕事でも、成果を上げられるのは一途に誠実に取り組める人なのです。

一途について:まとめ

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

恋愛に一途な人は相手を信じ切っている分、辛い事や傷つくこともあるかもしれません。

しかしそういう経験をするから成長できて、良い人生を送れることになります。

調子良く人生を乗り切ろうとする人は、必ずいつかしっぺ返しがあって清算しなければいけなくなります。

もしあなたが幸せな恋愛、幸せな人生を歩みたいというのであれば、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

弥栄!

みんなにも教えて喜ばせてあげよう!