「寛容」の本当の意味とは?寛容な人の特徴10選!

こんにち和!

あなたは他人から寛容な人だと言われますか?

あなたの周りに「あの人は寛容な人だなあ」というような人はいますか?

寛容な人は誰にでも優しいので周りに人が自然と集まってきます。

一緒に仕事もしやすいので評価も上がりますし、異性にもモテます。

寛容な人の周りには常に幸せな空間があります。

今回はそんな誰もが心がけたい「寛容な人」について考えてみたいと思います。

寛容の本当の意味とは?

まず寛容とはどういった意味でしょうか?

辞書で調べてみますと

寛容
心が広くて、よく人の言動を受け入れること。他の罪や欠点などをきびしく責めないこと。また、そのさま。
出典:デジタル大辞泉

とあります。

寛容な人とは、相手を受け入れて人の話をよく聞き、罪を憎んで人を憎まずな人のことを言います。

ここで注意していただきたのは、寛容とはただ単に優しいだけではないということです。

ただ優しいだけだと寛容な人ではなく「甘い人」になってしまいます。

寛容な人とは相手の欠点を認めたうえで、それを責めないという心の大きさを持つ人のことを言うのです。

寛容な人の特徴10選

それでは寛容な人の特徴を挙げていきます。

あなたもいくつ当てはまるかチェックしてみてください。

寛容な人の特徴1:束縛しない

他人に寛容な人というのは束縛はしません。

束縛というのは相手のことを信用していない人がすることです。

信用していないために相手を縛り付けて、コントロールしようとします。

寛容な人は相手との信頼関係を構築して付き合っていますので、無理に束縛する必要はないのです。

寛容な人の特徴2:無駄に怒らない

寛容な人は無駄に怒ることはありません。

怒りの感情というのは相手が思い通りに動いてくれないときに湧いてくる感情です。

怒りやすい人というのは相手をコントロールしようとしているのです。

寛容な人は相手を支配下に置こうなどとは考えていませんので、無駄に怒ることはないのです。

寛容な人の特徴3:人を見捨てない

寛容な人は人を見捨てたりしません。

なぜなら相手の可能性を信じているからです。

人間には無限の可能性がありますので、その能力を上手く引き出してあげればみんな輝くことができるのです。

寛容な人はそのことを知っているので、目の前の人が悪い状態でも決して見捨てることはないのです。

寛容な人の特徴4:相手の話を聞ける

寛容な人はまず相手の話を聞くことができます。

自分の話を一方的にしたがる人は「自分が自分が」になってしまい、相手を受け入れることができません。

寛容というのはまず相手を受け入れることです。

それには相手の話を親身に聞くことができる必要があるのです。

寛容な人の特徴5:アドバイスが的確

寛容な人はアドバイスが的確です。

相手の話をじっくりと冷静に聞くことができるからです。

他人にアドバイスするには、否定せずに相手を受け入れる心の大きさが求められます。

寛容な人はそれができるので、物事を冷静に判断して的確なアドバイスすることができるのです。

寛容な人の特徴6:謙虚である

寛容な人は常に謙虚です。

謙虚とは自分は我の我は出さずに、相手を立てることができるということです。

人はどうしても自分の欲求を先に満たしたいため、我を出してワガママになってしまいます。

寛容な人は自我をコントロールできているので、自分より先に相手を尊重することができるのです。

寛容な人の特徴7:失敗を責めない

寛容な人というのは相手が失敗したとしても、それを責めることはありません。

失敗は人間誰にでもあります。

失敗した後に大切なのはそれを責めることではなく、いかにカバーして次に繋げるかということです。

寛容な人はそのことをわかっているので、責任を追及するのではなく次に打てる手を考えて行動に移すことができるのです。

寛容な人の特徴8:価値観を受け入れる

寛容な人は様々な価値観を受け入れることができます。

相手の価値観を受け入れるということは、自分の価値観をしっかり持っているということです。

そうでなければ相手の意見に流されてしまうからです。

寛容な人というのは自分の価値観をしっかり持ちつつ、相手の価値観も尊重して受け入れることができるのです。

寛容な人の特徴9:悪口を言わない

寛容な人は決して他人の悪口を言いません。

悪口というものは、相手を受け入れられないときに出てくるものです。

悪口を言う人は、要するに器が小さいのです。

寛容な人は他人を受け入れる大きな器を持っているので、悪口など出てこないのです。

寛容な人の特徴10:自慢をしない

寛容な人は他人に自分の自慢をしません。

自慢をしたがる人というのは自分で自分を満たせていないのです。

なので他人に満たしてもらおうとするのです。

しかし寛容な人は自分を満たすことができているので、自慢話などする必要がないのです。

寛容な心を持つために一番大切なこととは?

寛容な人の特徴をいろいろと挙げていきましたが、寛容な心を持つにはどうしたら良いでしょう?

一番大切なことは「自分の軸を持つ」ということです。

寛容になるということは相手を受け入れる広い心を持つ必要があります。

相手を受け入れるためには、まず自分の軸がしっかりしていないとブレてしまいます。

自分がブレてしまっては相手の話など聞けないですし、受け入れることもできません。

自分の本質を深い部分まで把握して、自分の軸を持つことではじめて寛容な心を持つことができるのです。

寛容な人:まとめ

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

言葉では寛容になると言っても、実際に行動するのはなかなか大変なことです。

人間誰しも理不尽に感じてイラッとしてしまうこともあるでしょう。

しかしそれを乗り越えて身霊を磨くことが、最高の開運方法になるのです。

もしあなたがこれからの人生を幸せに過ごしていきたいならば、ぜひ今回の記事を参考にして寛容な心を持てるように成長していきましょう。

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました。

弥栄!

みんなにも教えて喜ばせてあげよう!