【朗報】「好きなことで生きていく」を実現する方法についてシェアしてみた。

こんにち話!西野です。

「好きなことで生きていく」ことは本当に可能なのか?

はい!可能です!

ただし、もしあなたにその『覚悟』があれば・・・。

 

ということで、今回の記事では、あなたも実際に好きなことだけで生きていくための現実的な方法についてお話していきたいと思います。

 

好きなことだけで生きていくのCMについて

 

ちなみに、数年前に「好きなことで、生きていく」というYouTubeのCMがたくさん流れていましたね。

上記の動画CMが流れたのは2015年。

その結果、YouTuberも爆発的に増えました。

日本だけでも、YouTubeを使って発信している人は数千人にも登ると言われています。

ましてや、公式サイトによると、現在のYouTubeでは「1分あたり約100時間分の動画がYouTubeにアップロードされている」とのことで、とんでもない世界になっております。

いや、1分で100時間の動画ですよ?笑

もう、謎すぎるほど膨大な人たちによって、今もなお動画が大量にアップロードされているのです。

 

「好きなことで生きていく」代名詞YouTuberの実情

 

ですが、ここで注意しておいて頂きたいことがあります。

実際のところ、YouTuberとしてご飯を食べられている人たちは、日本では約100名ほどだと言われています。

つまり、YouTubeで発信している人たちは沢山いるのに、実際にはごく一握りしか稼げていない、という実情があります。

 

では、なぜこれだけ一握りの人しか食べられていないのか?

それは、先ほどのようなCMを見たことで、

「あ、好きなことで生きていくって、なんだか楽しそう!これなら自分にも出来るかも!」

という感じで、軽い気持ちで取り組み始めた人たちが大勢いるからなのです。

あのCMは、あくまでYouTubeからのものであり、動画配信者を増やしてコンテンツを充実させるという意図があってのことです。

 

ですが、実際のところ好きなことで生きていくというのは、ある意味「起業家」としてのパワーが必要となります。

なぜなら、通常社会システムのように「雇われて賃金をいただく」訳ではなくなるのですから、もうその時点で起業家なのです。

ですから、もし、あなたが本当に好きなことで生きていくことを実現したいのなら、まずは起業家として生きていく覚悟、マインドセットを持つ必要がある、ということです。

 

好きなことで生きていくなら起業家としての自覚を持つ

 

起業家というのは、誰に支持されるわけでもなく、自分の力でコンテンツを生み出し、それをマーケティングとして広げ、多くの人にアプローチしていく必要があります。

つまり、好きなことで生きていくためには、以下の3ステップが必要になります。

  • コンテンツを作る
  • 多くの人にリーチする
  • お金を生み出す

 

YouTubeで動画を配信する ブログで記事を更新する
チャンネル登録者を増やす ブログアクセスを増やす
広告収入を増やす 商品を紹介する

 

つまり、それがブログにせよ、YouTubeにせよ、この3ステップを自分の手で行わなければ、好きなことで生きていくことができないということ。

これらを全て自分の頭で考え、問題点を改善し、創意工夫をしていくという起業家としての自覚を持って初めて、好きなことで生きていくことが可能になるのです。

 

好きなことで生きていくための極意

そういった前提を理解した上で、ここからは具体的に、あなたが「起業家として」好きなことで生きていくための方法をお話していきます。

 

あなたの「キャラ」を認知してもらうこと

 

好きなことで生きていくためには、とにかくあなたが「どんなキャラなのか?」を明確にする必要があります。

なぜなら、もう既にどの分野・ジャンルにも数多のライバルたちが存在しているからです。

そんな中で、これから自分のファンになってもらうには、他の人たちとは違う「独自のキャラ」が必要になります。

 

とはいえ、何も難しく考える必要はありません。

ここでポイントとなってくるのが、このブログでも繰り返しお伝えしている『あなただけのストーリー』です。

つまり、あなたが仮に美容系が好きだったとして、肩書きや専門家としてのステータスが無かったとしても、ちゃんと自分のストーリーを語れたらそれでいいのです。

 

このストーリーで非常に大事なのは、

『なぜ、あなたは今の自分になって、これからどんなものを目指しているのか?』

ということ。

 

ストーリーがあれば、実績も肩書きもいらない

 

例えば、ボクはこのブログで、ブログやYouTube、メルマガなどを使ったネットビジネスで稼いでいくという「ビジネス系」のジャンルの発信をしています。

が、このジャンルの発信をする時には、既にライバルたちは数え切れないほどいました。

そんな中で、なぜボクの読者さんたちは、他の人ではなくボクの発信をフォローしてくれているのか?

それは、ボクが県立高校を中退してから、今までずっと裏社会で生きてきて、特技・資格・貯金もなく、借金1000万円を抱えた状態から這い上がって、ネットビジネスで借金を返済し、今は世の中を少しでも良くしようと本気で活動しているからに他なりません。

ボクは今でこそ年収3000万円以上を稼いでいますが、ボクより稼いでいる人たちなんて山ほどいます。上を見たらキリがありません。

ですが、ほとんどの人は、その「稼ぎの金額」という実績よりも、ボクが今まで葛藤を乗り越えてきたところに魅力を感じてくれているのです。

 

「でも西野さん、そんなこと言っても、西野さんは興味深い経歴もあって、今では実績もあるからでしょうが、今の私には特別な経歴もありませんし、実績もありません」

そう言われる方もいます。

ですが、何か特別な経歴なんて必要ないのです。

そして、今あなたに実績があろうがなかろうが、関係ないのです。

もちろん、ぶっ飛んだ経歴があったり、何かしら実績があったら「強みになる」ことは確かです。

が、それはあくまで強みになるだけであって、必須条件ではありません。

事実、ボクもそうですし、みんな初めから実績があったわけではありませんからね。

誰しも、発信をスタートする時の実績はゼロです。

 

じゃあ、そんな実績がない時にはどうしたらいいのか?

それが、以下の2つです。

  • 自分のストーリーを語りながら、
  • 多くの人の役に立っていく

ということ。

 

あなたが、今までどんな経験をしてきて、どんな葛藤を抱えてきたのか。

そして、どんなことを思って、その葛藤をどう乗り越えてきたのか。

それを語り”ながら”、その分野で困っている人たちの問題が解決するように役に立っていくのです。

 

もちろん、その経験や葛藤というのが、多くの人と同じようなものでもいいのです。

なぜなら、同じような問題や葛藤を抱え、それを乗り越えようとしている姿こそが、多くの人から共感され、そして応援されるからなのです。

 

好きなことで生きていくなら「共感」と「応援」がキーワード

 

好きなことで生きてくためには、より多くの人に「共感」され、そして「応援」されることです。

できるだけ多くの人に、

「この人の言っていること、すっごく共感できる!」
「この人の活動、ぜひ応援したい!」

と思ってもらうことができるかどうかなのです。

そこに、特別な経歴も肩書きも、実績すらも必要はないのです。

そのために、あなた自身のストーリーを語り、みんなのお役に立っていくコンテンツをブログやYouTubeで発信していくのです。

 

成功のカギは『あきらめの悪さ』

 

とはいえ、もちろん、発信し始めていきなり初めからあなたのファンが集まってくることはありません。

やはり、ブログにしろYouTubeにしろ、最初は時間が掛かるものです。

ブログであれば、ほぼ毎日ブログ記事を更新しても、最初の2〜3ヶ月はアクセスなど来ないくらいに思っておいたほうがいいです。

ですが、正しい努力をあきらめずに継続さえしていったら、必ず結果に繋がっていくのです。

この起業家の世界での成否のカギを握るのは、まさに『あきらめの悪さ』です。

そう、何があっても、最後まであきらめずに地道にコツコツと継続したものが、最後に笑うのです。

 

好きなことで生きていくと覚悟したあなたへ

 

ということで、もしあなたも好きなことで生きていく覚悟が決まったなら、ぜひボクの他のブログ記事も合わせて参考にしてもらえたらと思います。

今回の記事でお話ししてきたことを、いろんな角度でご紹介しています。

 

無名な一般人がブログで月200万円を稼ぐ極意(その1)

無名な一般人がブログ収入で月200万円を稼ぐ極意(その2)

無名な一般人がブログ収入で月200万円を稼ぐ極意(その3)

ブログ収入で月50万円を放置型で稼ぐ人たちの3つの稼ぎ方2019最新版!

 

上記にご紹介している記事は、ほとんどがブログを使って好きなことで稼いでいくための方法ですが、これはブログだけではなくYouTubeやその他のことにも共通しているものです。

ぜひ参考にしてみてください!

 

それでは、今回は「好きなことで生きていくための極意」についてでした。

この分野については、また違った切り口でもお話していきますね。

では、今回もありがとうございました。

 

西野ゆきひろ

 


ブログで稼ぐための記事一覧へ

 


→ 『自分ビジネス』教科書無料プレゼント

 

みんなにも教えて喜ばせてあげよう!