欠点の意味や類義語、本当の対義語とは?欠点を補う唯一の方法とは?

こんにち和。

あなたは自分の欠点を把握していますか?

自分の欠点に対して負い目ネガティブな感情を持っていませんか?

残念ながら欠点のない人なんて世の中には存在しません!

世間的に成功している人だって、何かしらの欠点は持ち合わせているのもです。

自分の欠点をどう捉えてどう扱うのかで、その人の人生が180度変わってきます。

今回は人間なら誰もが持つ、「欠点」について解説してみたいと思います。

欠点の意味や類義語とは?

まず欠点の意味を調べてみましょう。

辞書によると、

欠点
1 不十分なところ。足りないところ。短所。あら。
2 学校の成績で、必要な点数に足りないこと。落第点。
出典:デジタル大辞泉

とあります。

そして似たような言葉、類義語を調べてみると、

痛いところ、弱み、泣き処、デメリット、悪目、泣所、難点、苦手、ウィークポイント、弱点、短所、鬼門
出典:日本語ワードネット

などとあります。

相当ネガティブなワードが並んでいますね。

欠点とは、他人と自分を比べて劣っている部分のことを言います。

人間は思考のクセとして良い部分よりも悪い部分に目が注目しやすい生き物です。

なので、どうしても欠点が目立って見えてしまうのはしょうがないことなのです。

欠点の辞書的な対義語とは?

欠点の対義語は?と聞くと、どういった言葉を思い浮かべるでしょうか?

辞書的に調べると、

長所、利点、美点

この辺りが思い浮かぶかもしれません。

しかしこれはあくまで物事を良いか悪いかで判断する二元論的な価値基準です。

この考え方で欠点を捉えていては、おそらく幸せにはなれないでしょう。

なぜなら二元論の考え方に捉われてしまっていると欠点がダメなものという固定観念から抜け出すことができないからです。

欠点を補う方法とは?

実は欠点と長所、利点、美点は同じ方向にある言葉です。

これらはすべて特徴なだけであって、表裏一体の関係にあります。

欠点とは他人と違う特徴を悪い視点から見ているだけにすぎません。

逆に言うと、その特徴を良い視点から見れば、長所になってしまうのです。

欠点の本当の対義語は「特徴がない」になります。

特徴がないということは他人と違った部分がないので欠点にならない変わりに、長所にもなりません。

ですので欠点があると悲観するのではなく、見方を変えて長所にしてしまえば良いのです。

欠点を補おう、直そうとすると、特徴を消すことになってしまいます。

そうすると長所も同時に消えてしまうことになります。

欠点を消そうとするあまり、自分の良い部分もなくしてしまうのはもったいないことです。

欠点だからと悲観するのではなく、見方を変えて長所にしてしまいましょう。

欠点を言い換えて長所にする!

欠点を言い換えて長所にする例をいくつか挙げてみます。

ぜひ参考にしてみてください。

欠点1
「頑固である」 → 意志が強い、心が強い、ブレない

欠点2
「人見知り」 → 観察力がある、冷静に判断できる、確実な性格

欠点3
「八方美人」 → 協調性がある、場の空気を読める、対応力がある

欠点4
「生意気」 → 芯がある、自分の意見をハッキリ言える、物怖じしない

欠点5
「地味」 → 堅実である、わきまえている、安心感を与える

欠点6
「派手」 → こだわりがある、独創的、アピール能力が高い

欠点7
「調子に乗る」 → 行動力がある、瞬発性がある、ポジティブ

欠点8
「怒りっぽい」 → 責任感が強い、常に真剣に取り組んでいる

欠点9
「馴れ馴れしい」 → フランクな性格、対応力がある、親しみがある

欠点10
「行動が遅い」 → 粘り強い、常に全体を把握している

欠点11
「行き当たりばったり」 → フレキシブル、行動に移すのが早い

欠点12
「サボってしまう」 → 感受性が豊か、自分に素直

欠点13
「鈍感」 → 人からの評価に左右されない、芯がある

欠点14
「自分に甘い」 → 自分に素直、臨機応変

欠点15
「神経質」 → 仕事が丁寧、細かいところにも気が利く

欠点16
「臆病」 → 堅実な性格、共感力がある

欠点17
「落ち着きがない」 → マルチタスクができる、好奇心が旺盛

欠点18
「金使いが荒い」 → 太っ腹、親分肌、度胸がある

欠点19
「欲深い」 → 素直、向上心がある、負けず嫌い

欠点20
「そそっかしい」 → スピード感がある、即断即決できる

他にもいろいろあると思いますので、あなたの欠点を長所に言い換えて自信をもって生活しましょう!

欠点について:まとめ

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

人間という生き物はどうしても欠点ばかりに注目してしまいます。

しかしあなたの欠点は、あなたの良い部分でもあるのです。

欠点の数だけ長所があります。

他とは違うあなただけの特徴を、ポジティブに捉えるかネガティブに捉えるかの違いなだけです。

どうせだったらポジティブに捉えて活かしていきたいですよね。

あなたがもしも自分の欠点を悪いものとして考えてしまっているようでしたら、今回の記事を参考にして前向きに対処してみてください。

それでは最後までありがとうございました。

弥栄!

みんなにも教えて喜ばせてあげよう!