清潔感の本当の意味とは?清潔感を保つための10のチェックポイント

こんにち和!

あなたは清潔感がある人だと言われますか?

清潔感がある人は周りに好印象を与えます。

なので必然的に異性からモテますし、会社でも出世する可能性が高いです。

仕事でもお客さんの立場になってみれば、どうせなら清潔感のある人と一緒に仕事したいと思いますよね。

今回は、そんな誰もが備えておきたい「清潔感」について考えてみました。

清潔とは違う?清潔感の本当の意味とは?

清潔感と言いますが、ここで一つ疑問があります。

「感」が付いているということです。

あくまで清潔「感」であって、清潔とは違うのです。

清潔感を辞書で調べてみますと、

清潔感
汚れのない、清潔な感じ。または人格が正しく誠実であるさまを意味する表現。
出典:実用日本語表現辞典

とあります。

清潔感とは実は外見を表すことではなく、内面を表すことなのです。

外見をいくら綺麗にしたとしても、内面が磨かれていなかったら「清潔感のある人」とは言えないのです。

それではただの「清潔な人」になってしまいます。

あなたは「清潔な人」と呼ばれたいですか?それとも「清潔感のある人」と呼ばれたいですか?

清潔感がある人と言われるためには?

先ほど申しましたとおり、「清潔感のある人」と呼ばれるためには外見も大切ですが、何より内面の方が重要になってきます。

もちろん汚らしい格好をしていたら話になりませんが、本来の清潔感とは内面から醸し出されるあなたの人間性のことを指しています。

なのでいくら外側をキレイに取り繕っていても、同時に人間性を磨いていかなければ正しい評価はされません。

いくら小ぎれいな人がいたとしても、性格が悪かったら付き合いたくはないですよね。

清潔感がある人になるには、外側と内面を同時に磨いていきましょう。

清潔感を保つための10のチェックポイント

1.髪型が整っている

清潔感がある人は髪型が整っています。

髪の毛は容姿の印象を与える大きなポイントになるからです。

髪型を変えただけでイメージが全然変わってきますよね?

どれだけ丁寧な人だったとしても、寝癖がついていたらそれだけで評価はガタ落ちになってしまいます。

相手に与える印象が大きい髪型に関しては、最善の注意を払っておきましょう。

2.健康的である

清潔感のある人は見た目が健康的にです。

逆に不健康そうな人を見て、清潔感があるなんて感じないですよね?

自己管理ができていて、エネルギッシュでないと清潔感を与えることはできません。

そうでないと気持ちが沈んでしまうからです。

心も体も健康なら、その人の内面もスッキリ爽やかで清潔感を与えることができます。

3.姿勢が良い

清潔感のある人は姿勢が良いです。

姿勢が悪いと自信がなさそうだったりだらしなさを感じさせてしまいます。

一方で姿勢が良いとスラッとしてスタイルも良く見えて、相手に与える印象も全然違ってきます。

普段デスクワークなどをしていたり、スマホが普及した現代ではどうしても猫背気味になってしまいますが、できるだけ姿勢を正すように心掛けて生活してみましょう。

4.服装がビシっとしている

清潔感を感じてもらうには、身なりを整えられていることが必須になります。

シャツがシワシワだったり、襟元や袖口が汚れていたらだらしない印象を与えてしまいます。

いくら高価な服を着ていたとしても、不潔感を与えてしまっていては何の意味もありません。

身につけるものの金額ではなく、清潔感で良い印象を与えるようにしましょう。

5.上品である

清潔感のある人は、上品です。

そして上品というのも内面が磨かれている人のことを言います。

「上品」とはどんな意味?語源や英語での表現、上品な人の特徴10選

男性でも女性でも、品がない人というのはガサツな人が多いです。

立ち居振る舞いに品がないと、どれだけキレイにしていても清潔感を与えることができません。

6.使う言葉が丁寧

清潔感がある人の言葉遣いは丁寧です。

どんなに容姿が綺麗でも、言葉遣いが汚いと引いてしまいますよね。

話す言葉はその人の育ちが表れてしまいますので、どれだけ取り繕っても内面が見えてしまいます。

言葉遣いで相手にどんな印象を与えているか、チェックするようにしてみましょう。

7.エチケットがしっかりしている

清潔感のある人はエチケットがしっかりしています。

たとえばちゃんとハンカチを常備しているとか、食べ方が綺麗だとかです。

エチケットは相手への配慮です。

他人に配慮出来ない人が清潔感を与えられるはずはないですよね。

清潔感を与えたいなら、エチケットやマナーを正しく身につけましょう。

8.整理整頓ができている

清潔感がある人は、整理整頓ができています。

普段から自分の部屋を綺麗にできているからこそ、外に出ても清潔感を感じさせることができるのです。

普段の生活スタイルが、その人の人となりに表れてきます。

清潔感を感じてもらいたいなら、常に整理整頓を心掛けるようにするべきです。

9.物腰が丁寧

清潔感のある人は物腰が丁寧です。

人や物を雑に扱うような人は、周りに嫌悪感を与えてしまいますし、急いでいるからといってセカセカ慌てている人が近くにいると、こちらも落ち着きがなくなってしまいます。

そうすると清潔感どころではなくなってしまいます。

できるだけ落ち着いた、丁寧な行動を心掛けたいものです。

10.匂いがキツくない

たまに香水の匂いがキツイ人がいますよね。

嗅覚というのは人間の五感の中で、かなり印象を強く残します。

多少のマナーとしての香水ならば良いのですが、あまりにキツイ匂いを発していると逆に清潔感を感じることはできません。

むしろ自分の臭いを香水でごまかそうとしているからです。

清潔感を与えるためには、周りに不快感を与えない程度の匂いに留めておきましょう。

清潔感があると言われるために:まとめ

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

少しでも参考にしていただけたら嬉しいです。

清潔感を与えることができれば周りからの印象が良くなり、評価があがります。

それだけで人から信頼されるようになりますし、異性からもモテます

しかしそれはただ単に見た目だけではなく、内面も磨けているから清潔感を与えることができているのです。

外側だけを取り繕うのではなく、しっかり自分も磨きながら清潔感を与える人を目指してください。

それでは最後までありがとうございました。

弥栄!

みんなにも教えて喜ばせてあげよう!