スピリチュアルとは一体なに?宗教とどう違う?洗脳じゃないの?そんな疑問を徹底解説します

こんにち和!

「スピリチュアル」という言葉、数年前から頻繁に聞くようになりましたよね。

関連した本もかなり売れているみたいですし、書店に行ってもたくさん置いてあります。

世の中みんな幸せを追い求めてるんだなあと思います。

でもスピリチュアルってそもそも何なのでしょう?

色んなこと調べても、あまりピンときません。

でも世間は求めているということは需要があるということです。

今回はそんな、わかるようでわからないスピリチュアルとは何なのかを解説してみたいと思います。

スピリチュアルとは何か?その本当の意味とは?

 

そもそもスピリチュアルとは何なのでしょう?

辞書で調べてみますと、

スピリチュアル
[形動]精神的な。霊的な。宗教的な。
出典:goo国語辞書

とあります。

ここで注意していただきたいのは「宗教的な」というところです。

「的」ということは、宗教に近いということであって宗教ではありません。

スピリチュアル○○とは、精神的な○○、宗教的な○○、といった意味になります。

ですので、スピリチュアルカウンセラーは宗教的カウンセラー、スピリチュアルヒーリングは宗教的な癒し、といった意味になってきます。

スピリチュアルと宗教の違いとは?

スピリチュアルとは宗教ではなく、宗教に近いものだということはわかりました。

ではスピリチュアルと宗教の違いとは何なのでしょう?

それは「絶対的な教え」があるかどうかの違いです。

古来より人間というものは、目に見えない存在や世界のことをなんとか認識しようとしてきました。

大自然の仕組みを理解したいと思ってきたのです。

その見えない自然の仕組み、地球の仕組み、宇宙の仕組みを「絶対的な教え」で説明したのが宗教です。

宗教は「あれをしなさい、これをしてはいけません」という戒律で人の行動を強制します。

例えばイスラム教であれば「豚肉を食べてはいけない」とか、キリスト教なら「日曜日は教会に行きなさい」とかです。

教えに従えば神に救われますということにして、人々を強制的に行動させてより良い成長に導こうとしたのが宗教なのです。

対してスピリチュアルはそういった強制的な教えは存在しません。

自然や地球や宇宙の仕組みを伝えているだけです。

その根拠として神様や天使や宇宙のエネルギーのようなものを持ち出すことはありますが、「絶対にこうしなさい」という教義はありません。

宗教とスピリチュアルの違いとは、こういったところにあるのです。

スピリチュアルで幸せになれるのか?

スピリチュアルで幸せになれるかどうかは、ハッキリ言ってしまえばその人次第です。

どのスピリチュアルが正しくてどのスピリチュアルが間違っているかはありません。

そのスピリチュアルのメソッドを正しく理解して実践できていれば、どのスピリチュアルでも幸せになれるでしょう。

しかしどんなに素晴らしいスピリチュアルだったとしても、それを正しく実践していなければ幸せにはなれません。

例えば自動車を所有していたとしても、それを運転できなければどこにも行けないですよね?

ただの邪魔な鉄の塊になってしまいます。

スピリチュアルも(だけではなく宗教も)同じで、正しく実践できていないと幸せにはなれないのです。

スピリチュアルって危険?洗脳ではないの?

スピリチュアルを信じている人を見ると、たまに怖くなるくらいのめり込んでしまっている人がいます。

そういう人を見ると「スピリチュアルって洗脳なの?危険なものなの?」と思えてしまいますよね。

それはスピリチュアル自体が悪いのではなく、それを利用している人がいるのが悪いということです。

そしてもしもスピリチュアルと名乗りながら、ルールやノルマのようなものがあったら、それは宗教になります。

ノルマやルールは絶対的な教義だからです。

スピリチュアルは自然や宇宙の理(ことわり)を教えているだけなので、人に命令するものではありません。

もしも行動を強制させられるようなスピリチュアルならば、それはニセモノですのでさっさと縁を切ってしまった方が良いでしょう。

昔から続いている伝統のある宗教を信じていた方が、まだマシです。

スピリチュアルで幸せになりたい人へ

スピリチュアルに幸せを求めてしまう人の気持ちはよく分ります。

ここまで現実世界が苦しいと、何かにすがりたくなってしまいます。

しかし、1つのことを盲目的に、絶対的に正しいことだと信じ切ってしまうことは本当に危険です。

そういう人は洗脳されやすく、悪意のある教祖様に良いように騙されてしまいます。

人間のやることはどこまでいっても人間です、絶対的に正しい神様ではありません。

無条件で相手のことを100%信じてしまう人は、残念ながら幸せにはなれません。

自分の幸せは自分で切り拓いていかなければいけないからです。

自分の頭で考えて行動できる人でないと幸せになれないのです。

考えることをスピリチュアルや宗教に頼ってしまう人は、現実を変える事は永遠に不可能です。

スピリチュアルとは:まとめ

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

なんとなくイメージだけで曖昧なスピリチュアルや宗教について、理解を深めていただけましたでしょうか?

スピリチュアルも宗教も、元々は人が幸せになるためにはどうしたら良いか?を追及した考え方です。

ですので正しく理解して実践できていれば、本来は幸せになるはずなのです。

それが幸せになっていないということは、何かがおかしくなっているのです。

もしあなたが自分の人生を幸せに過ごしていきたいと思ったら、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

弥栄!

みんなにも教えて喜ばせてあげよう!