【TAO】本気を出したい人”だけ”読んでください。

Pocket

この記事を書いている人
気づいたら坊主くん。

こんな「どうかしてるぜ!」な人は見たことないという方、コチラのプロフィールを参考にしてください。

変態プロフィール 
被害者の声

 

こんばん和、西野です。

今日は午前中から打ち合わせが3件入っていまして、
赤坂でタリーズに入って、テラスでカチカチ書いております。

これから新しいプロジェクトのコンテンツ作りと、
土曜日にやるセミナー資料を作ります。

にしても、、

いやぁ〜、今日の東京は夏日でしたねぇ。

神さんは、

「天候の変化に気つけろ」
「冬が夏になることあるぞ」

と言っていました。

むしろ、そうやって僕らが
もっと天候や気温などに意識を向けて
「気付く」ことが大切なんじゃないかと。

僕も昔は、天候なんて一切気にもせず、

「今日も雨かよ、ダリィ」
「うわ、なんか今日さっむ」

くらいにしか思っていませんでした。

とんだバチ当たりモンです。

ですが今は、前よりもっと、
天候に「気付く」ようになりました。

すると、しぜ〜んと感謝の心が生まれるんですよ。

あぁ、風が心地良いなぁ、とか。
雨か、でもなんか気持ちいいな〜。

とか言って、むしろみずから
雨に打たれにいく変態っぷりです。

でも、そうやって天候をもっと気にする、
ということは、いつも僕らを守ってくれている
地球に意識を向けることでもあります。

まさに「母なる大地」ですよ。

みんなに文句を言われながらも、
どれだけ傷付けられても
ただ無言で僕らのことを守ってくれている。

これが母ではないならなんぞや。

ということで、久々に
僕が中学校で合唱した「大地讃頌」聞いちゃいましたよ。

(最後にURL貼っておきます。)

スゲーいい!

最後の

「母なる大地を、あぁ〜〜〜」

「あぁ〜〜〜!!」の部分、
一緒に叫んじゃいましたからね。

バッサー両手広げて。笑

まぁそんな話はおいといて。

今日は「本気を出したい人」への
痛いけど避けては通れない真実を
お伝えしておきます。

なぜ人はやる気が出ないのかというと、

「エネルギー漏れしているから」

なんですよね。

そう、どっかでエネルギーが漏れているから、
そのものにエネルギーを注ぎ込めない。

当たり前のことなんですけど、
僕も含め、ほとんどの人が漏れてしまっています。

その漏れをどれだけ無くして、
理想の未来に注ぎ込めるかがカギなんですけど、

今日は簡単に、それを大きく改善する方法を
シェアしておきたいと思います。

とくに「よし、本気を出すぞ」と
覚悟を決めるときほど有効です。

それが、

『時間を決める』

というもの。

「あぁ西野さん、それって
期限を決めることですよね〜、知ってます知ってます」

と思われる方もいるかもしれません。

が、それだけではなくって、
「時間を決める」です。

これは僕のSTLだったり、
コピーライティングの勉強をしてる人なら、

「ライティングはタイマーを使う」

という方法をご存知だと思います。

そう、まさにそれなんです。

例えばこのTAOにしても、
アップルウォッチでタイマーを55分で設定しています。

それまでに書き切って、
編集、送信設定をします。

いつもそんな感じです。

何かライティングする時にも、
必ず時間を決めてやっています。

そして、

「絶対にそれまでに終わらせる」
(実際に終わるかどうか分からんけどその気でやる)

という意識でいると、あり得ないほど
集中力が上がるんですよ。

まさに今の僕もお得意のフロー状態です。

それと同じで、本を読むときもですよ、

例えば

(ア):時間制限なく何となく本を読む
(ウ):20分だけしか読めない

この2つだったら、一体どっちの方が
インプットの質って上がると思いますか?

もう、言わなくてもお分かりですよね。

そう、ダラダラ本を読んだって、
ほっとんど覚えていないんですよ。

でも、たった20分だけと決めて、
その間に超集中して読んだものっていうのは、
生涯に渡って残る学びを得たりするんです。

これと同じように、なんかやる気が出ない、
それに打ち込めないんだよねぇという人は、
みずから期限を設けましょう。

僕も今までたくさん商品を販売したり、
企画やイベントをやってきましたけれど、
常にその都度、ある程度の方向性が定まったら
先に期日を決めてしまいます。

そこからが、いつも本気モードになるんです。

これ、ローンチとかやってる人なら、
もう「分かるわ〜」という感じですよね。

まぁみんな、そこにエネルギー掛けすぎて、
その直後はドーンと疲れたりするんですけどね。

特に、誇張して煽って「いかに儲けるか」に
目的をおいたローンチをする人ほど、終わったあと、
一気にエネルギーが下がって風ひいたり、病気になったりしますね。

まぁそれはまた今度にして、

とにかく副業でもなんでも、

「稼げるようになってからでいいや」

とか考えてやっている人は、
まぁまず結果なんて出ないですよね。

稼げるのかどうかって実はシンプルで、
自分がそこに覚悟を決めるかどうかなんですよね。

だから、副業で稼げるようになってから会社を辞める、
という人にしてもですよ。

もし今後は、独立する気持ちがあるのなら、
もう先に退社する日にちを決めて、
それを伝えるなりして期限を決めてしまう。

じゃあ、退社したときスムーズに移行するためには、
いつまでに仕組みを作っておく必要があるのか。

それらの期限を決めてしまうわけですね。

もし、本気で人生変えたいって言って、
本気でビジネスで稼ぎたいって人は、

「時間を決める」

ことです。

よくDRMでは、

「期限を決めないと人は行動しない」

ということを言われるのですが、
それはまさに自分にも全て当てはまるんですよね。

セールスで人を行動させるように、
みずからをマーケティングして行動させる。

それが、本気の人のやり方だと思います。

あなたは、本気になれていますか?

30歳になり、僕はいよいよ本腰です。

それでは今日はこの辺で。

ありがとうございました。

弥栄

西野ゆきひろ

追伸:

(ちなみに、中学二年生のとき、
立候補してこの指揮者をやりました。)

大地讃頌↓

Pocket

みんなにも教えて喜ばせてあげよう!