人生に挫折したときに知っておきたい、挫折からの乗り越え方5ステップ

こんにち和!

あなたは何かに挫折したことがありますか?

人はできれば失敗も挫折もしたくないと考えています。

当たり前ですよね、痛みが伴うことは避けたいのが普通です。

でも上手くいくこともあれば、失敗することもあるのが人生です。

時には立ち直れないくらい挫折してしまうこともあるでしょう。

今回はそんな、「挫折」について考えていたいと思います。

挫折とはいったい何?失敗との違いは?

挫折という言葉を辞書で調べてみますと、

挫折
[名](スル)仕事や計画などが、中途で失敗しだめになること。また、そのために意欲・気力をなくすこと。
出典:デジタル大辞泉

とあります。

似たような言葉で「失敗」と意味を混同してしまいがちですが「挫折」は途中でダメになることで、「失敗」は最後までやってみたらいい結果が得られなかったということです。

途中でダメになるか最後までやってみてダメだったかの違いということになります。

挫折を味わうのは悪いこと?

人間何をやるにしても挫折や失敗はしたくないものです。

みんな挫折や失敗しようとしてものごとに取り組む人なんていないと思います。

基本的には誰もが成功しようとして、ものごとに挑戦しています。

しかしどんな人でも100%すべて上手くいく、成功するということはありえません。

ソフトバンクの孫さんも、マイクロソフトのビルゲイツも、発明家のエジソンも、みんな失敗はして、それを乗り越えてきています。

何か新しいことに挑戦しようとしたら、挫折や失敗は必ず起きるものです。

大切なのは挑戦して失敗して挫折してしまったときに、それを乗り越えて再挑戦できるかできないかなのです。

挫折したことによって成長して、より大きなことを成し遂げた人はたくさんいます。

挫折や失敗を恐れるあまり、何も挑戦しないという方が良くないのです。

挫折を味わうのが悪いのではなく、挫折を乗り越えられずに潰れていくことの方が悪いと言えます。

挫折した時の乗り越え方5ステップ

それでは次に挫折してしまった時に乗り越える方法を、5ステップで解説していきます。

1.一旦離れる

まず挫折してしまったときは、取り組んでいた事から一旦離れてみましょう。

ひとまず冷静に見つめ直すのです。

どうしても成功させたくて取り組んでいたことに失敗してしまい、落ち込んでしまう気持ちもわかります。

達成させるために長い時間をかけて準備もしてきたでしょう。

しかし失敗してしまったなら、それを客観的に分析する必要があります。

失敗したやり方にこだわったままで執着してしまっていると、冷静な判断ができなくなります。

なので、まずは一旦頭をリセットして落ち着くことが必要になってきます。

2.自分を褒める

挫折してしまった直後は、精神的に非常に落ち込みます。

「この世から消えてしまいたい」なんて思い詰めてしまう人もいるかもしれません。

失敗したことを恥じて、とにかく自分の能力の低さに自己嫌悪してしまうこともあります。

しかし挫折したということは、あなたは挑戦したのです。

それまでの自分を変えようと、必死でもがいてチャレンジしたはずです。

結果的に失敗してしまったかもしれませんが、頭で考えているだけで行動しようとしない人よりは遥かに立派だったのです。

ですので自分を卑下することなく、挑戦した自分を褒めてあげて欲しいのです。

自己否定することなく、自分を肯定してあげてください。

3.挫折の中から学ぶ

人生はすべてにおいて学びがあります。

特に挫折や失敗からは非常に多くのことを学べます。

もしもあなたが挫折してしまったのであれば、実はそこから大きな学びがあるはずなのです。

その挫折体験からしか得られなかった、非常に大きな学びがあるはずです。

その学びを得るために必要な体験だったのです。

それを掴むことができれば、挫折体験は「悪い出来事」ではなく「良い出来事」に反転させることができるのです。

この世に起きるすべての出来事には意味があります。

その意味を学び取ることができれば、あなたは大成長を遂げることができます。

4.やりたかったことを確認する

上手くいかずに挫折してしまったということは、もしかしたら自分が本当にやりたかったこととズレてしまっている可能性があります。

なぜならやりたかったことが自分の本質であればすべて上手くいくはずですし、たとえ失敗したとしても気にならないはずだからです。

本当に心底達成したいことだったら、何度失敗しても「諦める」という気持ちさえ湧いてこないですよね。

挫折を味わうということは、無理だと諦めてしまったということです。

ということは自分の本質は「諦めても良い」程度のものだったのです。

一度自分の徹底的に向き合って、本当の自分は何がしたいのかを探っていく作業をしてみましょう。

5.現実的にできることを探す

挫折経験から学びを得て自分と向き合い気持ちを立て直せて来たら、現状を把握してみましょう。

自分の今いる現在位置と、自分が次に目指したい目標を確認してください。

その2つがハッキリ見えれば、これからやるべき事が自然に見えてくるはずです。

そうしたら、新しい最終ゴールに向けて目の前のことをこなしていけば良いだけです。

一度挫折を経験した人は、精神的に強くなります。

再挑戦していくうちに、あなたは自分の成長を実感していることでしょう。

挫折について:まとめ

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

自分の人生を切り拓こうとするときに、挫折や失敗はつきものです。

逆に挫折のない人生は面白味のないものになります。

挫折しないと学べないことも人生には数多くあります。

もしあなたが今失敗ばかりで上手くいかない、挫折しそうだという状況であれば、ぜひ今回の記事を参考にして挫折を乗り越えてください。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

弥栄!

みんなにも教えて喜ばせてあげよう!