思考は現実化するを田舎者が読んだ結果・・・

Pocket

然ですが、私は中毒者でした。お酒もタバコも、そしてドラッグにも手を出し、毎週のようにクラブやフェスなどに遊びに行っていました。

私は両手首まで刺青が入っているため、普通の会社に就職することができません。だから、それを言い訳に、就職経験が1度もなく(アルバイトや風俗店で勤務はしていました)、とにかく、ちゃらんぽらんに生きていたのです。

しかし、段々と自分に自己嫌悪を感じるようになりました。「俺って何してるんだろ…」「人生で何にも達成してきてないな…」。

そう思い始めていたある時、ふとしたキッカケで、東京の高田馬場にある小さな本屋さんに入って行きました。それまで本屋さんには入らなかったのに。おそらく、内なる自分が「変わりたい」「人生を変えたい」と叫んでいたのでしょう。

その心の声のまま、ビジネス書コーナーに足を運んだ瞬間、そこに居ました。分厚いやつが…そう、ナポレオン・ヒル博士の「思考は現実化する」という本です。

それから3年後の今、私は180度人生を変えました。そのとき、収入はほとんどなかったのですが、今では年間2000万円を稼ぐようになりました。そして、私の最も高いサービスで250万円をチャージするようにもなりました。

しかも、働く時間は1日3時間程度で、自由に好きなところに居ながら仕事ができるようになりました。時間の自由・場所の自由・そして経済的な自由を手に入れることができたのです。

これは断言できますが、あのときに“思考は現実化する”の書籍に出会っていたからこそ、今の自分がいます。もし出会っていなければ、おそらく今頃もまだ、手取り18万円くらいで、アルバイトなどして必死に朝から晩まで働いていたでしょう。

ですので、今回の記事では、私が“思考は現実化する”を読んで、私なりに特に重要だと思うことや、注意しなければいけない(何も意味がなくなる)ことなどをご紹介します。

もしあなたが、「今よりも収入を増やしたい」「働く時間を減らしたい」「色んなところを旅したい」など、理想や願望を持っているのであれば、参考になるかと思います。

(万が一、あなたがまだ“思考は現実化する”を読んでいないという場合は、こちらから購入できますので、ぜひ1度は読んでください。思考は現実化する

. 「思考は現実化する」で最重要な3つのポイント

ナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」では、非常に多くの事例や人物の話があります。また、13の習慣についても詳しく解説しており、文庫本では上・下に分かれてもなお、分厚い書籍です。

ですので、普段から本を読み慣れていない人からしたら、「うわっ」と読む気を無くしてしまうでしょう。しかし、この本でヒル博士が言いたかったことは、とてもシンプルで、次の3つに要約することができます。それは、、

1:100%信じて目標に向かって行動すること
2:深層自己説得によって潜在意識を味方にする
3:「エネルギー」をマネジメントする

この3つです。

当然、この他にもたくさんのテクニックやノウハウを解説してくれています。マスターマインドのことや、失敗に対する心構えなど。ですが、私が何度も何度も読んで思うのが、「この3つに要約されるな」ということです。

この3つについて、これから詳しく解説していきます。

. 多くの人が犯す致命的な間違い

その前に、「思考は現実化するを読んでも意味がない」という人たちも多くいるのは事実です。しかし、なぜ“意味がない”ということになってしまうのか。と言いますと、その大半の人たちは、「自分の都合の良いように捉えている」からです。

例えば、“思考は現実化する”の書籍の中で解説されているものに、「起床直後と就寝前に、紙に書き出した目標や宣言を大きな声に出して読むこと」というものがあります。

そして、多くの人は勝手な解釈をして、「俺はお金持ちになる!」などと声に出していれば“引き寄せられてくる”と思い込んでいます。が、ヒル博士が言いたかったのは、そういうことではないでしょう。

おそらく、毎日、自分の願望や目標を唱えて潜在意識に植え付けることで、その目標に向かって迷わず進んで行きなさい、ということです。

私たちは誰しもが、忙しい日々を過ごしています。ですので、この『儀式』を行わないと、2〜3日経つとすぐに、目の前の忙しさに囚われ、願望や目標への意欲が薄れていってしまいます。

だからこそ、こうやって毎日、起床直後と就寝前に、自分へ言い聞かすことで、ゴールを再認識し、意欲を高める必要があるわけですね。

ですから、これは非常に多くの人が勘違いしていることで、この“思考は現実化する”の書籍は、引き寄せでもなんでもありません

確かに、潜在意識に願望を100%信じ込ませることができれば、奇跡やラッキーと呼べる出来事は起こり始めます。が、それは結果的にそうなるだけであり、これは引き寄せでもなんでもありません。

2-1. カクテルパーティーにて

私たちの脳というのは、“現在の自分が重要だと思う情報”以外はすぐに捨ててしまいます。例えば、パーティーなどで周りがガヤガヤしている場所にいるとします。そのとき、それぞれがどんな会話をしているかが分からなくても、遠くから自分の名前を呼ばれると「ビクンッ」と反応しますよね。

これはまさに、脳は他の人の会話の内容も全てキャッチしているのに、自分には重要ではないために捨てているのです。そして、自分の名前というのは、自分にとって重要ですから、その情報に反応するわけです。

つまり、願望を強く認識するようになると、今まではキャッチ出来ていなかった情報やチャンスを、どんどん認識できるようになるのです。これこそが、多くの人たちが「引き寄せ」と言っている正体です。

なので、「思考は現実化するは効果がない」という人たちは、勘違いして、ただ宣言していれば思考は現実化すると思っているだけです。

そうではなく、毎日、願望や目標を自分に言い聞かせ、そして『行動を起こす』ことが、この書籍の本質なのです。

. エネルギーとしての視点

この書籍には、『エネルギー』という概念が頻繁に出てきます。おそらく、一般的な人たちからすると、「エネルギー?え、そういうスピリチュアル系ね」と思われるでしょう。

しかしそれは間違いです。

この宇宙は、エネルギーによって成り立っています。太陽エネルギーが地球に降り注ぎ、熱エネルギーによって海の水が蒸気になって雲を作ります。そして、雨が降ることで植物が育ち、その植物を食べる動物を肉食動物が食べる。。

つまり、この宇宙というのは絶えず、エネルギーの循環が起こっているのです。

そして、この“思考は現実化する”で解説されているのは、「エネルギーを有効活用しよう」ということです。

例えば、私たちの身体は、食べた物を消化するときにもエネルギーを消費しますし、体温を維持するためにもエネルギーは常に消費しています。

また、性欲もエネルギーの1つです。活動の原動力と言ったほうが分かりやすいかもしれません。

例えば、普通の状態だったら「1時間歩いた先にご飯があるよ」と言われても、面倒に感じるでしょう。しかし仮に、強烈に空腹状態だったときには、同じことを言われたら「絶対に行く」となるでしょう。

この場合、食欲というのが原動力になっているのが分かりますでしょうか。

ですので、この「食欲」「性欲」「睡眠欲」という、生物にとって強烈なエネルギーを無駄遣いせず、願望実現のために上手に有効活用していこう、と説明されているのです。

では、有効活用とはどうするのか。というと、例えば食欲であれば、暴飲暴食をしていたら、消化エネルギーを大量に消耗してしまいますよね。また毎日、性欲を発散していたら、どんどん精力も切れていきます。そして、寝不足が続いてしまえば、エネルギー不足になることは誰にでも明らかでしょう。

なので、出来るだけこの「エネルギー」を他のことに消費せず、願望実現にフォーカスして、費やしていく気持ちが大切です。

また、この書籍の中では、感情についても触れています。感情もまた1つのエネルギーとして捉え、これも願望実現に費やしていきましょう、と言っています。

例えば、「はぁ〜っ」と今日も1日、仕事を終えて家に帰ったら、妻(や旦那)と詰まらぬことで喧嘩に発展し、お互い癇癪(かんしゃく)を撒き散らしたとします。そうしたらもう、喧嘩が終わって冷静になったときには、「ドッ」と疲れが襲ってきませんか?

この場合、つまり『怒り』という感情エネルギーを大量に消費したため、脳も心も身体も、エネルギー切れになってしまっている状態です。

でも、そのあと寝て、朝起きた時には昨日の怒りが嘘みたいに消えて、「なんであんなに怒ってしまったんだ…」と思った経験はありませんか?これは、エネルギーが回復している、という状態です。

要するに、私たちの感情も、「性欲」や「食欲」などと同じように、1つのエネルギーである、ということです。

そして、これを『出来る限り』願望実現に費やしていきましょう、という話です。

例えば、自分に自信が満ち溢れて、どんなことでもプラスに捉えられる状態というのは、エネルギーが充電されていると言えます。この状態で、願望や目標に対する行動にエネルギーを費やしていけたら、どんなに早く目標へと近づけるでしょうか。

ですから、普段の生活の中で、もっと「エネルギー」という視点で物事を捉えてみると、今よりもっと人生が良い方向へと転がり始めるでしょう。

私は世界チャンピオンになった世界的な武術家の先生から、一子相伝の武術を学んでいます。そこで教わっている”目に見えない”エネルギーコントロールの仕組みなどについて、以前のメルマガでご紹介しましたので、合わせて参考にしてみてください。

見えている全ての現実は錯覚だった…?

. 「思考は現実化する」の本当の意味

さて、ここまで「俺は成功する!」と言うだけではダメで、行動も伴っていくという話。そして『エネルギー』を無駄に消費せず、願望実現や目標に対して使っていく、という話。

これらに触れてきました。

ここからは、少し哲学的な思想も入ってきてしまうのですが、、、とはいえ、本当に軽くだけご紹介しておきます。

そもそも、「思考は現実化する」の『現実』ってなんなのか。この定義って非常に難しいですよね。ただ1つだけ言えるのは、現実とは『その人が生きている世界』だということです。

例えば、4人で1つの同じ景色(海岸)を眺めていたとしても、そのときには全く異なる記憶を焼き付けています。要するに、見ている物が違うのです。

Aさんは地平線をすーっと見ていますが、Bさんは空と雲をぼーっと眺めています。そしてCさんは遠くに小さく見える船を見て、Dさんは近くのオシリ丸出しのビキニギャルばっかり見ています。

そして、この4人は同じ場所で同じ時間を過ごしたにも関わらず、そこでの記憶や印象というのが丸っきり違うのです。つまり、4人の「生きている現実が違う」のです。

私たちは、目や鼻や耳などからキャッチした情報を脳の中で1つの映像として組み立てて生きています。これを考えると、現実とは「脳が作り上げている物である」とも捉えることができますよね。

例えば“VR”なんかそうで、脳に違う情報を与えることで、それが今、目の前で発生している現実と勘違いします。なので、現実とは「自分が頭の中で作り上げている物」と言えます。

そう考えた時に、今目の前で起きている現実というのは、自分の『思考』が作り上げてきたものです。「思考は現実化する」というのは、そういう意味です。つまり、考えること、思考が現実を作り上げていくのです。

だからこそ、1日2〜3回でも、紙に書いた目標や宣言を読み上げることで、出来るだけそのことばかりを考えるようにしていくのが重要になってくるのです。

この宇宙と脳が作り出す現実について、以前メルマガで詳しくご紹介しました。合わせてこちらの記事も参考にして頂くと、どうやって自分の人生をデザインしていくか、より理解しやすいかと思います。

見えている全ての現実は錯覚だった…?

. Be Do Have モデル

「なるほど、普段から願望達成や目標のことを考えていくことで、その思考というのが現実になっていくんだな」ということが分かったところで、ある1つのコンセプトをシェアします。

それが『Be Do Haveモデル』です。知らない人も多いかもしれませんので、少しだけ触れておきたいと思います。

人生を変えられないほとんどの人は、「Have Do Be」というモデルを採用しています。これを簡単に説明すると、「もっとお金さえあれば、ビジネスで成功して、たくさん稼げるようになるのに」という考え方です。

「お金さえあれば(Have)、ビジネスで成功して(Do)、たくさん稼げるようになるのに(Be)」です。何を隠そう、私もこの考え方の1人でした。

でもこれは間違ったモデルです。簡単に言えば、「宝くじに当選さえすれば、人生がバラ色になるのに」と言っているようなものです。宝くじで巨額に当選するなんてのは、ちょう稀に起こる飛行機事故に遭遇し、不時着したのに無事生きていたというくらい、奇跡的なことです。

それでは、いつまで経っても人生は何も変わりませんし、願望が叶うわけもありません。ですから、この「Have Do Be」モデルは間違っています。

成功者たちの考え方は、この真逆の『Be Do Have』モデルです。簡単に言えば、「私はお金持ちに相応しい人間であるから、ビジネスで稼いで、そして結果的にお金を手に入れる」という考え方です。

つまり、お金持ちに相応しい人間なので、現段階でお金があろうがなかろうが関係なく、行動して稼いでしまうのです。

よくこんなことも言われます。「お金がない状態から増やすことができなければ、お金があっても増やすことはできない」。これはその通りだと思います。

自分の手でお金を稼げなければ、奇跡的に宝くじに当選したとしても、消費する方法しか知りません。だからこそ、宝くじ当選者のほとんどが、その数年後には破産して前よりも貧乏になってしまうのですね。

なので、あなたも「Have Do Be」モデルではなく、『Be Do Have』モデルを採用していくことをお勧めします。「お金があれば…」と“たられば”で考えるのではなく、「自分はこういう人間だからこそ、行動して必ず手に入れる」という考え方が、非常に重要なものになってきます。

. 100%の・・・

そして最後に、この“思考は現実化する”の中でも、ヒル博士が口酸っぱく言っているのが、「100%信じる」ということ。

「自分には無理なんじゃないか」「失敗したらどうしよう」「もしかしたら馬鹿にされるかもしれない」などと考えていたら、なにも手に入れることはできません。

が、「自分は必ず手に入れる」「こう成るしか考えられない」というような「100%の自信」を持つことが、願望実現には不可欠な要素と言われます。

でもこれは本当にその通りで、私が借金まみれから起業して、1年で2000万円を越す収入を稼げるようになったのも、「必ずビジネスで結果を出す」「どんなに失敗しても最後は必ず結果が出る」と信じていたからこそ、困難を乗り越えて、オンラインビジネスで稼げるようになりました。

もちろん、そんなものは『根拠のない自信』です。ですが、根拠のない自信こそが大切なのです。そのことを、色んな科学的な事例などを引用しながら説明してくれているのが、この『思考は現実化する』という本です。

ですから、あなたも失敗や不安などの恐怖に縛り付けられて何も行動しないのではなく、根拠がなくても「必ず乗り越えてみせる」と100%自分を信じてあげてください。そこから、あなたの本当の人生がスタートするのです。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回はナポレオン・ヒル博士の『思考は現実化する』についての、私なりの解説記事を書きました。

また、『Be Do Have』モデルや『カクテルパーティー現象』などの、他のコンセプトや事例についてもご紹介しました。

もちろん、元々の『思考は現実化する』の本は、もっともっと深く、そして大事なことを教えてくれています。ですので、1度だけでなく、2度でも3度でも繰り返し読んでみてもらえたらと思います。

ちなみに私は、この本に出会ったおかげで人生が変わり、今ではネットで自由に収入を稼げるようになりました。週に3日くらい休んで、ちゃんと仕事する日でも1日3〜4時間の作業量で、月に100万円以上の収入を稼げるようになりました。

しかも、少しずつですが収入が右肩上がりに増えています。もっと頑張ればもっと増やせるとは思いますが、私は自分の自由な時間を大切にしたいので、ペースを保って稼いでいます。

これも、『思考は現実化する』で語られている内容を信じ、そして辛いことがあっても実践してきたからこそです。

この本に出てくる歴史的偉人たちのように、「何百億円」とかそういう桁違いな富を得ているわけではありませんが、間違いなく、私はこの本で人生が変わりました。

なので、ぜひあなたも「こんなの意味がない」とは思わず、100%可能だと信じて、行動していっていただければと思います。

西野之啓

追伸:

人がどうして占いを信じるのか?なぜ詐欺に騙されるのか?

あなたは、それらの技術を実際に自分が使えるようになって、周りの人を自由に動かせるようになりたいと思いますか?

もし社会行動学・精神分析学・脳科学の分野に興味がある方は、それらを使ってお金を稼ぐ方法(ビジネス)を細かく解説しているレポートをぜひ読んでみてください。

期間限定の公開となりますので、無料の今のうちにダウンロードだけされておくと良いかと思います。

プリンストン大学准教授が発見した「人間のテレパシー技術」とは?

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます。

素敵な出会いを引き寄せる周波数の「音合わせ」
別人に生まれ変わってしまう人間の神秘…四次元の不思議
心理学と宇宙の法則を使う習慣化メソッドが凄い…
浜崎あゆみを「激太り・劣化」と誹謗中傷するあなたに伝えたいこと
『青年葛藤記』デリヘルトリップの章

Pocket

みんなにも教えて喜ばせてあげよう!