心理学と宇宙の法則を使う習慣化メソッドが凄い…

Pocket

 

ヤッピー!いつもアダルトな雰囲気で、若い子には相手にされない西野です。

さて、今回はこちら。

【心理学】と【宇宙の法則】を理解して、
  習慣化を継続していく方法

です。

もしあなたが、自分で決めたことを守れなかったときに、

「なんでオラはいつもこうなんだ…」

と自己嫌悪に陥る、あるいは、

習慣化したいけど継続できない…

という弱みに心当たりがあるとしたら、、

 

今回の記事を読み終わったあとには、間違いなく、今までどんなに挫折してきた人でも、なにかを継続して習慣化できる方法を自分のものにできます。

なぜなら、とにかくケミカルもアルコールもごちゃ混ぜで毎日のように溺れていた人間が、今では筋トレ、掃除、瞑想、感謝の儀式、読書、鼻うがい、エトセトラ・・・

本当に生まれ変わったかのような習慣です。前は、筋トレをやり始めてもすぐに辞めて続かなかったり、その他のことも何も続かなくて、やってはみるけどすぐに辞める…という繰り返しでした。

マジで、冗談抜きに、この記事を読むと習慣化の本とか一冊も要らないと思います(その代わり、私が今までにお金・時間・労力を掛けて、気が遠くなるほどの本や専門書を読み漁っています!)。

それで、

これを書いている昨日、私がやらせてもらっているビジネスコミュニティの“クラブディナー”でした。

店員さん、可愛いかったです。あ、違うか(ここだけの秘密ということで)。

クラブディナーは月に1回、美味しいご飯をみんなで食べに行くっていうのをやってて、そこで色んな話をします。

ちなみに、昨日行ったのはここ。

上越やすだ 新橋銀座東口店(一休.com)

 

もちろん、ビジネスのこともそうなんですけど、「朝」の行動とか、自分のカラダ的には何時頃に作業やトレーニングをすると適切なのか。なんてことも話し合いました。

習慣化とはなんなのか?

で、そこでも話題になったのが、「習慣化」というテーマです。

習慣化というのは、「何かを新しく始める」ということです。

そして何かを手に入れるというのは、何かを犠牲にする必要があります。

極論を言えば、私たちは『生きるために死を犠牲にしている』と言えます。

噛み砕いて言うと、「イエスと言うたびにNO!を捨てている」みたいな感じですね。

だから、死を選ぶなら生を犠牲にするということ。

どっちも手に入れることはできないってことです。

 

何かを得るには何かを手放す必要があります。両手が塞がっていたら新しい荷物は持てません。

ただし、家族や大切な人を手放す、というわけではありません。これは後々、大きなカルマになる可能性があるからです。

カルマとはなにか、カルマがなぜ大きな災難になるのかなどの説明をしている記事はこちら。


浜崎あゆみを「激太り・劣化」と誹謗中傷するあなたに伝えたいこと

 

だから、自分勝手にして誰かを傷つける、とかそういう”手放す”じゃなくて、「なにか無意識の習慣を手放す」ということです。

私たちには24時間しかないのであり、それは平等です。

ですが、もしその24時間を今までと全く同じように使っていたなら、間違いなく、今まで以上の何かを手に入れることはありません、よね?

 

今までと同じ習慣をずっと繰り返していたら、今までとずっと同じ習慣が続く・・・

だから、もし今まで以上のお金とか、出会いとか、生活とか、何もかもを手に入れていくためには、今まで以上に良い習慣を持つ必要があります。

習慣化とはお人形さんゴッコ

私たちは「習慣の生き物」です。習慣がその人を形作っているのです。

それはまるで『洋服を着せたお人形さん』のようなものです。

つまり私たちの心(潜在意識)はお人形さんで、習慣がお洋服です。お人形というのは、着せられた服のようになります。変幻自在です。

細かい(粒:粒子)ことを言えば、お人形さんにも1体1体、それぞれ個性はあるので、同じお洋服でもまた違ってくるかもしれません。

ですが、たとえ個性があったとしても、お人形さんはどんなお洋服でも似合います。どんな服でも自由に着こなしてしまうのです。

これは私たちにも同じことが言えます。

この場合、お洋服は習慣であり、私たちはどんな習慣を着させるかでどんな者にもなる、ということです。

ここまで回りくどいこと言ってきましたが、要するに、習慣が自分というものを変えるということ。

そして、今まで以上の何かを手に入れるためには、今までよりも良い習慣を増やす必要がある、ということです。

これまでの習慣を何か手放す、ということですね。

新しい習慣を増やすということは、今までの24時間で使っている習慣のどれかを犠牲にする必要があります。

では、あなたが犠牲にするべき習慣とはなんでしょう?

SNSを見る時間ですか?YouTubeの時間ですか、それとも、、

振り返ってみると、たくさんの「手放したほうがいい無意識の習慣」というものが存在します。

簡単に継続しやすくなる方法

私は朝500mlの水飲みも、トレーニングも、ライティングも、鼻うがいも、瞑想も、良い習慣を取り入れるために過去の要らない習慣を捨ててきました。

ただ、やはり私も完璧には程遠く、自分のエネルギーが下がってきたら、

ワタシ
「今日くらいはいいや〜」

とか、

ワタシ
「あ、明日でいいや」

とか、

ワタシ
「まだ今は大丈夫」

とか言って、色んなことを先延ばしにしようと考えてしまいます。

だから、そういうときには、「そういうときこそやる!」というマインドセットを持って、もうやってしまいます。

というか、やることを細分化してまずは小さなことから始めてしまいます

 

例えばトレーニング。

私はほぼ毎日、筋トレをしてるのですが、やっぱり、エネルギーが下がっている時は行きたくなくなります。

だいぶ前に、ちょっと前の日に飲みすぎて、テキーラとか飲んで、マジで2日酔いで辛かった日がありました。その時点で、飲みすぎとか「どしたっ?」ってレベルです。

で、私も今年で29歳になってしまうわけですが、やっぱり30近くなってくると、だいぶ年齢を感じさせられます。若い頃は、「樽飲みか!」ってくらい浴びるように飲んだとしても、寝れば次の日にはほとんど回復してました。

いまは、思い出すだけでも嗚咽(おえつ)が出るので、もうやりません。。。

 

まぁ話を筋トレに戻して。

 

その日はだいぶ、起きても身体がダルかったので、

「今日は休んで明日でいいかな〜…」

みたいに思ってしまいました。

ですが、そのときに私は心の中で、「だからこそやる!」っていうマインドセットを唱えました。

そしてとりあえず、すぐ行くかは別として、まずトレーニングウェアに着替えておきました。

そうしたら、それが不思議と行きたくなるんですよね。アドレナリンが出るのか、セロトニンが出るのか。どっちにしろ、ドーパミンが出ます。

 

そして実際に行って、幸か不幸か、その日は下半身の日で、バーベルスクワットやってるときには、気分が悪くなって、ちょっと危なかったです。マジで倒れるかと思いました。

(実は、トレーニングの中で、下半身が一番辛いんですよ。身体で一番大きな筋肉が大腿四頭筋(ふともも)なので、血流が尋常じゃなく巡るんです。だから、ダイエットしたり代謝を上げるなら下半身を鍛えたら効果抜群ですよ。)

でも、エネルギーが下がってて、何かをやるときに

「あぁ、今日はいいや…」

と思ったときには、こうやって習慣を取り入れていきます。

つまり、その習慣のステップを細分化して、まずはとりあえず、小さなステップを踏んでしまうわけですね。

 

例えば筋トレなら「ウェアを着てしまう」とか、鼻うがいなら「お湯を沸かす」とか。

そういう小さなコミットをしておくと、一貫性の力も借りて行動に移せるようになります。

エネルギー浪費 = 快感

これは私も長年、苦しんだことです。良い習慣を取り入れるということ。

 

今まで本当に自分のことしか考えないで馬鹿騒ぎして遊んでいた自堕落な男です。その当時から振り返ってみたら、もう別人だってくらいです。

瞑想なんて当然しなかったですし、鼻うがいなんて以ての外。

起床直後に水を飲むにしても、朝はお米を炊くにしても、かつての私では考えられなかった習慣の数々です。

 

まさか、窓際に植物を置くとは考えもしませんでした(当時の窓際には、汚い灰皿やライターが散らばっていました)。

ドラックをやってトリップして、クラブやフェスで踊り狂ったりとか。

もう今では、もし今の私がそんな人を見たら驚愕すると思います。まず友達にはならないですね。笑

そういう状態から、様々な悪い習慣を手放し、たくさんの良い習慣をつけてきて、ビジネスでも独立起業して、人生が丸っきり変わってしまったのですが(劇的にと言うか..)、

そういう、悪い習慣とか自堕落なもの、自分の貴重なエネルギーを浪費する行為って、一種の快感が味わえます

例えば、お酒を飲んで酔っ払うことにしても、飲みすぎでなければ、その酔っている状態は快感です。気持ちがいいです。

酔っ払ってカラオケ歌ったら、射精するくらい気持ちがいいですよね。

あるいは、後から罪悪感を感じることは別として、「明日でいいや…」という選択をしたときって、楽だし、一種の快感を味わいます。

 

基本的に

「エネルギーを浪費する = 快感」

みたいな感じです。

 

だから、セックスも快感だし、お酒も無駄話も快感です。エネルギーが浪費するときです。ポテチなどのおやつも快感です。

(もちろん、ダメとかそういう話ではないです。が、エネルギーを解放することで快感を感じる、ということです。)

だから私たちはどうしても、その快感につられて、エネルギーを浪費する習慣を手放すことが難しいのです。

 

例えば、NetflixやYouTube観てゴロゴロしているのは簡単です。私も本当によくやっていました。

もちろん、後で

「あ…マジで時間を無駄にしてたな…」

とか後悔してましたけどね…。笑

とにかく、私たちはそういう、

「短期的に気持ちの良いもの」

を無意識的に選んで行動してしまうのです。

お酒が好きな人なら、飲むようにするのは簡単ですが、飲まないようにするのは拷問です。

全裸で両手両足に、サビた銀色の手錠を付けられ、アソコをギリギリ触れるか触れないか、その際どいところをずっとずっとソワソワされ続けるってくらい拷問です。

 

では、筋トレや運動もやらないようにするのは超簡単です。ですが、やることのほうがずっと大変です。

つまり、今すぐ快感を味わう(浪費する)のは簡単だけど、エネルギーを回復させるときのほうが、ずっとずっと大変だということですね。

運動エネルギーと一貫性のコミットメント

基本的に、良い習慣を取り入れたり継続するときには、その分のエネルギーが必要になります。

つまり、今まで他に使っていたエネルギーや、他で浪費してしまっていた分を犠牲にしないことには、良い習慣を取り入れることができないわけです。

簡単に言えば、「今までしてきた毎日の(無意識的)行動パターンを変える」ということですね。

そして、「変える」、つまり何かを動かすときには、必ずそこにエネルギーが必要です。しかも、最初に動かすときはもっとエネルギーが必要です。

運動エネルギーですね。

飛行機を動かすとき、車を動かすとき、そこには大きなエネルギーが必要です。

とはいえ、どれだけ大きな石も、動かすためには最初にとても大きなエネルギーが必要です。が、一度動き始めたら最小のエネルギーだけでも動くようになります。

これは心理学的には「一貫性とコミットメント」と一緒と言えますね。

人は出来るだけ自分で決めたこと、コミットしたことには一貫性を持ちたいと思う生き物です。

なぜなら、「自分の選択が間違っていた!」なんて思いたくはないからですね。それは自分を否定することになりますから。

だからこそ、それが出来なかったときには、大きな後悔の念に襲われるわけですね。

「ああぁー!なんで自分はいつもこうなんだーっ!」

ってね。

だから、その一貫性で動くようになるまでは少しばかり、エネルギーが必要になってきます。

でも、ほとんどの場合、そのエネルギーを快感に使ってしまうので、どうしてもまた、今までと同じ24時間の使い方になっていきます。

ビジネスで最も重要なのはノウハウではない

これってビジネスでも同じことが言えます。

ビジネスって、もちろんノウハウも重要なのですが、それ以上に「習慣」が全ての『カギ』を握っています。

正直、この「習慣」をマスターできたら、どんなノウハウだろうと結果は出ますし、そもそも人生そのものが劇的に変わります。

転売だろうとアフィリエイトだろうと、コンテンツビジネスだろうと、この「結果を出すための習慣」さえできれば、必ず結果は出ます。

ただ、それを継続できるかどうか、それだけです。

 

ですが多くの場合、この「継続」が出来なかったりします。

当然、ただ習慣を継続すればいいわけじゃなくて、「結果が出る習慣」です。

だから、結果が出るノウハウを忠実に守って、それを継続・習慣化していく、というわけです。転売でもネットビジネスでも。

 

これは、口で言うのは「ボリボリ」と鼻くそをホジるより簡単ですが、実際にやるのはエベレスト登頂くらい難しいかもしれません。

山を登り始めることは誰にでもできますが、それを上まで登りきることは、一部の人だけになります。

 

たとえ人よりも少し足が短かったとしても、身体が弱かったとしても、正しい方法で、正しいルートで山を登り続ける、「結果が出る習慣」を続ける。ここが全てだよな、と思ったわけです。

 

先ほども言った通り、新しい習慣を取り入れることは、とても大変です。エネルギーが必要になります。

じゃあどうするか、というと、なにか無意識的にエネルギーを浪費している習慣を犠牲にする、ということです。

 

本当の意味で人生を変えるためには、内面から変える必要があります。

現実は私たち内面の現れなのですから…。

 

テクニックよりもまずは『土台』です。つまり自分です。

その自分を変えなくては、たとえどんなノウハウに手を出したとしても、また今までと全く同じような、変わらない24時間の使い方に戻ってしまうでしょう。

これはつまり、「エネルギーを回復する術(すべ)を見つける」ということです。

エネルギーが消費される瞬間

基本的に、私たちは生きているだけで、自分のエネルギーって消費しています。

バクバクと食べたものを消化するためのエネルギーだって必要ですし、立ち上がるための、息を吸うためのエネルギーも消費しています。

だから、1日の終わりころになると(夜になると)、夫婦喧嘩をしやすくなったり、何かをまた次の日に先延ばしにする確率が高くなったりします。

あなたも、そういう「疲れているとき」やエネルギーが下がったときは、どうしても理性より本能や欲望に従ってしまうことってありませんか?

でも、それが午前中だと、理性が働きやすいので、色んなことを我慢したり、理性的に活動をすることができます。

 

ちなみに、そういう「本能・欲求」というのは、自分にとって短期的なメリットで、理性的に考えることは長期的なメリットだったりします。

だから、これからの人生とかビジネスとか、そういう大きな戦略を立てるときって、出来るだけエネルギーが溢れていて、頭が冴えてて、理性的・合理的に考えられる午前中のほうがいい、なんて言われたりします。

 

と、話を戻しますが、

決めたことや活動に必要なエネルギーって、かなり感情で消費していたりします。

例えば、キレたり怒鳴りあった後というのは、もうヘトヘトになります。当然、「楽しい!」「ワクワク!」という感情も、疲れます。エネルギーが消費されるからですね。

しかも最悪なのは、悪いジレンマに陥ってしまったときです。

 

もし、何か「これをやる!」と決めて、1つでもそれが出来なかったら、それはもう「なんて自分は情けないんだ…」と自己嫌悪に陥ってしまいます。

この“自己嫌悪”って相当エネルギーを消費します
罪悪感を感じているときと一緒ですね。

そうなると、その流れ(運動)を変えるために、さらに相当のエネルギーを必要とします。これは、最悪のパターンですね。

そこで、ぜひ1度でも取り入れてみて欲しいことがあります。これは、かなりエネルギーが回復できて、さらにやる気にも満ち溢れ、より生産的で活動的な自分にスイッチすることができます。

成功習慣を身に付けるシンプルな秘密

それは、

「夜に、次の日の午前中に”いつも当たり前にやることリスト”をノートに書き出し、それを1つずつ無意識ではなく“意識的に”行動していく」

です。

 

例えば、朝起きて歯を磨く、洋服に着替える、バッグの中を整える、深呼吸を3回する、水を飲む、ご飯を食べる…

そういう、あなたが普段、無意識でもやっていることをリストアップして、それを

よし、歯は磨き終わった。次は服を着替えるぞ!」

といって、普段から当たり前にやっていることを、“自分の意思で”済ませていって、それにチェックを入れていくのです。

これをすることで、自分が普段からどれだけ成功体験を繰り返しているか、というのがリアルに実感できます。

 

どうしても、何か1つでも自分で決めたこと、新しい習慣などが出来なかったとき、「ドヨ〜ン」と暗い気持ちになり、エネルギーが下がります。

ですが、実は、私たちはいつも普通に生活しているだけで、かなりの成功体験を踏んでいるのです。

この衝撃的な事実を、自分の身をもって体験することで、どんどんエネルギーが回復し、さらに1日の良い流れを生み出していくことができます。いわゆる「モメンタム」と言われるものです。

 

おそらくあなたも、「朝にすることでその日1日が決まる」ということを、自分の中で悟った経験、ありませんでしょうか。

これは本当にその通りで、朝からダメだとその日は何もかも上手くいきません。

万が一にも、朝、仕事に行く前から愛する人とケンカなんてした日には…ジ・エンドです。

それは、「怒り」という感情にたくさんのエネルギーを浪費しているので、その日はずっとエネルギーが低い状態になってしまい、何をやっても上手くいかなかったり、なぜだか、

「ホンット、今日はツいてない。最悪!!」

みたいに、次から次へと嫌なことが降りかかってきたりします。エネルギーが切れているので。

 

しかも、そのフィルターで何もかもを見てしまうので、何もかもが曇って見えてしまうんですね。

だから、普段はべつに気にならない誰かの言動でさえ、それが嫌なものに見えてしまいます。最悪な状態ですね。

なので、朝だけでもいいので、この「ごく普通の成功体験を実感する」だけで、エネルギーは回復していきます。

 

あと、もう1つオススメなのは、朝一番になにもかもに感謝をすることです。

今日も起きれたこと、生きていること、どんな些細なことでもいいので、「全てのものに感謝します」と唱えるだけで、そのフレーム(メガネ)を掛けられるので、その日は穏やかで清々しい1日を送れます。

この、

・全てのものに感謝をすること
・何気ない成功体験をしまくる

だけで、相当エネルギーが回復され、他の新しい習慣や、ビジネスに必要な活動力・行動力を充電できるようになります。

 

私も、この記事もそうだし、他の記事もそうだし、エネルギーが回復されているからこそ、大ボリュームでもアウトプットすることができます。

(ちなみに、アウトプットもエネルギーを消費するので、それなりにエネルギーは必要です。だから、どうしても書きたいことが出てこなかったり、薄い内容になってしまうときは、すでにエネルギーが下がってしまっているときです。)

(情報を吐き出すのも、言葉を吐き出すのも、私たちは全てにエネルギーを消費しています。もちろん、良質なインプットも。)

 

多くの場合、継続できなかったり、無意識に結果が出る行動を避けてしまっているときは、まさにエネルギーが下がっていて、悪い循環が起きている証拠です。

そういうときほど、掃除するエネルギーもなくなっているので、部屋が散らかったり、本がバラバラに積まれていたり、使ったものがその辺に置いてあったり、パソコンのデスクトップや中身が荒れていたりします。

(だからこそ、この記事の最初に紹介した記事にも書いてあるとおり、掃除をするとエネルギーが回復できるんですけどね。)

⇒ 浜崎あゆみを「激太り・劣化」と誹謗中傷するあなたに伝えたいこと

なので、

「なんで自分は行動できないんだろう…」

とか、

「なぜだか結果を出すための行動を遠ざけて、YouTube 見たりSNS見たり、メールをチェックしたりして、ついつい他のことをしてしまう」

という「状態」のときは、

「あ…完全にエネルギーが下がってるわ。回復しよう」

と考えてみてください。

どんどん行動に移せる自分へと復活できるようになりますよ。

さいごに(習慣化を成功させるために)

基本的に、「良い習慣」というのは、短期的な欲求とは反対に位置する物です。

短期的な欲求とは、例えば、

・小腹が空いたからオヤツを食べる
・面倒臭いから先延ばしにする
・ゴロゴロする

みたいなものです。

つまり、「今この瞬間に楽ができる・快楽を得られる」というものですね。

しかし良い習慣化というのは、短期的に見たら苦痛に感じるようなものです。

だからこそ、私も含め多くの人は、簡単に良い習慣を継続することが難しいわけですね。

 

私たちの脳は、中心に行けば行くほど強くなります。なので、最も新しく外側にある人間脳は、簡単に動物脳の言うことを聞いてしまうのです。

なので、そういうことを何も知らないで習慣を継続させようとしても成功しません。

が、ちゃんとエネルギーが浪費される瞬間、エネルギーが回復することをちゃんと理解すれば、今までよりもずっと簡単に良いことを習慣化できるようになっていきます。

 

もちろん、「完全に快楽や快感を避けなければいけない」というわけではありません。そうではなく、少しでもそういうことを意識して生活するだけで、より良い生活・自分を手に入れることができます。

ポイントは、最初からいきなりガラッと変えるんじゃなくて、1つずつ、1つずつ、取り入れていくことです。

それが、自分を生まれ変わらせるためのシンプルな方法です。
ぜひ参考にしてみてください。

 

私はこういう知識や自分が取り入れて最高だったと思えるものを、自分だけでなく他の人たちにも共有したいと思っています。自分だけが良い思いすればいい、なんて思っていません。

だからこれからも、他のみんなにとって良いことはどんどんシェアしていきますので楽しみにしていてください。

それでは今回はこの辺で。

また書きますね。
ありがとうございました。

西野ゆきひろ

 

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。

浜崎あゆみを「激太り・劣化」と誹謗中傷するあなたに伝えたいこと
深刻化する中国人観光客と2人のタクシー運転手
ネット起業のススメ「お前たち、これ読んでもまだ詐欺とかホザくのかい?」
流れる恋のプールで溺れた2人

Pocket

みんなにも教えて喜ばせてあげよう!