破産!起業する前にはこれを読め!

Pocket

西野

こんにちは、西野です。

今日も人が言いたくないようなことを
色々とお話ししていきます。

 

そして、絶対にこのサイトのことを
他の人に教えないでくださいね!

(と言って、本音はシェアしてくれたり
誰かの役に立てたらすごく嬉しかったりラジバンダリ…。)

 

 

さてさて、今回の記事はこれですね。

「破産!起業する前にはこれを読め!」

です。

 

もしあなたが、1ミリでも


・自分の好きなことでビジネス(起業)したい
・いつか必ず起業して成功してやる!
・もうウザい人間とは付き合いたくない


・「あいつは凄い」と言わせたい

 

 

などと考えたことがあるのなら、
この記事を読んでみてください。

 

いや、どちらでもいいです。

 

あなたの「起業したい」という気持ちの振れ幅で
読むか読まないか決めてくださって大丈夫です。

 

OK、ではさっそく行ってみましょう。

 

本日のコースメニューはこちら。


1:起業する前に考えるべきこと
 1-1.失敗のリスクを極限まで下げる方法
 1-2.失敗せずシンプルに起業するには?
2:起業して軌道に乗せるセルフ・クエススチョン
3:今から始めるべき3ステップ

 

1:起業する前に考えるべきこと

 

まず最初に、あなたが自分の中で
どれくらいの規模感でビジネスしたいのか
考えなくてはいけません。

 

一言で「起業」と言っても、
規模感は全然違うからです。

 

バリバリ融資(つまり借金)を受けて、
最初に3000万、5000万、1億円くらいの
ビジネスをしたいのか。

それとも、まず最初は失敗しない方法で
自分の手に負える規模感からスタートして、
ゆくゆくは大きな規模感でビジネスしたい、と思っているのか。

 

あなたがどちらで考えているのかは
この段階で私には分かりません。

が、わたくしヘンタイ仮面が
オススメしたいのは後者です。

 

つまり、

・まずは限りなく失敗のリスクを無くして手堅くビジネスを起業させる
・そのビジネスで安定的に収益が入るようになったら、
さらにあなたがやりたい新しいビジネスや挑戦をしていく

という『ビジネス設計』です。

 

なにも考えないまま、アイデアだけで
銀行などから多額の融資(つまり借金)をすると
本当に地獄に突き落とされます。

(破産してあまりにお金がなさすぎて、
誰1人と近づいてくれなくなります…)

 

なので、私がセミナーやオンライン講座、
アドバンスクラブという主催するコミュニティに
参加してくれている方々には、

「スタートアップは極限まで失敗リスクを下げる」

というお話しをしています。

 

じゃないと、失敗したときの残酷さを
噛みしめることになります。

 

起業するのに最初に多額の借金をして、
万が一でも上手く行かなくなって倒産・破産でもしたら、、

その危険性はまるで、50キロのスピードで
走っている車に
信号で横から当たりに行って
お金を稼ごうとするようなものです。

 

「キキーッバァーンッ!!」

 

血がドクドクとコンクリートに流れ出て
少しずつ身体の感覚が無くなっていく…

というようなものです。

 

あまりにも危険過ぎます、リスキーです。

 

なので、とにかく起業や副業を始めるときは、

「赤字や失敗のリスクが高すぎるものには手を出さない」

というルールを持っていきます。

 

これは、新しい稼ぎ方や事業を
始めようとしているときでも同じ考え方です。

 

ビジネスって結構、単純だったりします。

 

上手く行くかどうか小さくテストして、
そして上手くいくと分かってから一気に
規模を大きくしていく、という流れです。

(これはお店を出したり広告を使うときにも
全く同じ考えかたになります。)

 

で、です。

 

じゃあさっきから言っている、

「失敗のリスクを極限まで下げる」
とは具体的にどうやればいいのか?

それをご紹介します。

 

1:失敗のリスクを極限まで下げる方法

 

あ、すみません。

 

こんな堂々と見出しまで作って
「凄いことですよ」感を演出してしまったのですが、
実はこれ、1つしかありません。

それは、、

 

「赤字が出ないようにやっていく」

 

ということです。

 

例えば、現代はインターネット時代(もう今さら感…)。

なので、インターネットを上手に活用していけば、
最初に広告費を掛けずにでも自分の好きなこと(このあと詳しく)で
起業してビジネスしていくことが可能になります。

 

では実際にはどういう流れで起業して
ビジネスをしていけばいいのか?

ですが、そのことについて解説している記事があるので、
こちらを参考にして起業する方法を考えるのもありです。

好きなことで起業するための3つ(+α)の方法

2016.12.24

 

1-2:失敗せずシンプルに起業するには?

 

で、上の記事でも書いているのですが、
ビジネスというのは至ってシンプルです。

 

それは、「お金を出してくれる人」を持つことです。

 

つまり、ビジネスとは極論、
お金を出してくれるかどうかそこで決まります。

 

お金をもらえないビジネスは
そもそもビジネスではなく「ボランティア」と言います。

 

なので、どんなビジネスを始めるにせよ、
まず最初に必要なのは

「それにお金を払う人がいるか」

ここがポイントになってきます。

 

もしあなたが何か「これで起業したい」
というものが明確になっていたとしても、それにちゃんと

「お金を出してくれる人がいるか」

を最初に調べる、あるいは集めておく必要があります。

 

あなたが起業してやりたいことに
お金を出してくれる人がいないなら
それはマジで辞めたほうがいいです。

 

「全軍、いったん撤退!(テッタァーイッ!!)」

 

 

という感じです。

 

暴徒
おいこら西野パイセン
西野
はい、ご用件は?
暴徒
お金を出してくれない人がいないなら
ビジネスじゃないなんて当たり前のことだろ!

 

はい、そうです。

 

でも、私は今までたくさんの

「起業したい」
「副業をしたい」

という人たちを見てきたのですが、
この当たり前のことを知らずに
起業しようとしている人が余りにも多い。。

 

「俺は他のやつとは違う、特別だ!」とか、
「こういうの上手く行くと思うんだけど」とか、
「私はこれをやりたいです!」

などを考えて、でもそれを聞いたら
実は余りにも失敗のリスクが高かったり
検討はずれのことを考えていたりするのです。

 

(当然、私もその1人でしたが…)なので、
ここ単純そうに思えて
実は超大事なのですが、

「自分のやりたいことにお金を出したいと思う人がいるか」

ここは起業する前に調べておく必要があります。

 

ちなみに…

基本的に需要と供給を調べた時に、
ライバルが1人もいないビジネスでは起業されない
ことをお勧めします。

なぜなら、ライバルがいないってことは
そもそも需要がない可能性のほうが遥かに高いからです。

すでにライバルが多数いるくらいのビジネスの方が
明らかに失敗せず起業するにはもってこいです。

ライバルのビジネスモデルやマネタイズ(収益化の仕組み)を調べて
それをモデリングして、さらに改良すればいいからです。

 

そして、実際にお金を払う人がいると
分かってから実際にビジネス(起業)に踏み切ってください。

 

でももしかしたらここで、
あなたは1つ不安なことがあるかもしれません。

 

悩める人
起業の面倒な法的手続きはどうすればいいの…?

 

OK、では正直に言いましょう。

 

私の一個人の見解では、

 

「起業するときには、法的手続きのことなんて
実際に収益が上がるようになってからでいい」

 

です。

 

つまり、法人設立がどうとか、
事務所がどうとか、税理士がどうとか、

私も起業する前に何も知らなかったときは
なぜか最初にこういうことばかり調べていました。。

 

でも、そういうことは最初はどうだっていい、です。

 

そして実際に、あなたが起業して上手くいき、
収益が発生するようになってから、そこで初めて考えれば大丈夫です。

 

 

もし、あなたが起業して実際に収益が上がり、
税理士さんや法人化の手続きをしたいなら
そういうことをしてくれる方をご紹介しますよ。

 

私自身、法人化したときには、
法的手続きは信頼できる社労士さんにほとんど任せてしまいました。

 

そうしたら、(ちゃんと書類は読みますが)
ハンコを3〜5回「ポンポン」と押しただけで
会社設立が完了していました。

 

しかも、その社労士さんが横の綱がりで
信頼できる税理士さんたちも紹介してくれます。

(必要な方は私にメールください!

 

私は

『アドバンスマーケティング合同会社』

を設立しましたが、この合同会社か
株式会社かについては、自分次第です。

 

合同会社のほうが、設立する際に若干安くなります。

 

が、後から好きなときに
株式会社に変更することが可能です。

 

ちなみに…

ステータス的にカッコつけるなら
株式会社のほうが良いかもしれません。

ただし、会社名はできるだけ
短くてシンプルなものを個人的にはオススメします。

ローマ字だったり、さらには会社名が長かったりすると
領収書などのときにかなり面倒です…。

(とはいえ、名刺を渡せばいいですけどね。)

 

 

要するに、起業してビジネスしていくときには、
法人設立や法的なことは、実際に収益が上がり
始めるまでは考えなくて大丈夫です。

(ただし、何にお金を使ったかは
どこかにメモしておいたほうがいいです!死にます!)

 

そういう細かいことの前に、私があなたに
起業するときにはぜひ自分へ質問して欲しいことがあります。

 

2:起業して成功するためのセルフ・クエスチョン

 

それは…

「情熱 × お金」= ○○

です。

 

つまり起業するには、その前に
あなたにふさわしい「○○」の部分を明確にしておくということです。

 

なぜこれが必要なのか、というと、
「情熱がないと継続ができない」からです。

 

継続できなければ、
どんなことも成果を出すことはできません。

 

なのでまずは、

成果が出ると分かっていることを成果が出るまで継続する

必要があります。

(ほとんどの人は、成果が出る前に諦めて辞めてしまうのです…)

 

なにごとも継続です。

で、そのためには、やはり「情熱」
必要不可欠となってきます。

 

とはいえ、私も本屋さんの本などを読んで、
「情熱」とか「才能」とか「自分の特性」とか、
そういう類いのことを勉強してきました。

 

それでも、やっぱり「情熱の持てること」
というのがあまりピンッと来なかったのです。

 

ただ単純に考えてみて、「自分が好きなことは何かな?」
と考えてみてください。

 

ギターが好きですか?
女性が好きですか?
旅行が好きですか?

 

まずは、自分がどんなことに
興味を持ったり好きだと感じるのか。

これをピックアップします。

 

そうしたら、そのピックアップしたものを
「どうやってビジネスにできるのか」考えます。

 

当然ながら、「興味がある」だけではお金になりません。

 

だからこそ、ここは「情熱 × お金」
で考えていく必要があります。

 

例えば、旅行が好きだからといって、
行ってばかりではお金になりません。

お金をもらわないとビジネスじゃないですからね。。

 

もし旅行が好きでたくさん行くなら、
他の人よりも旅行のことに詳しいはずです。

 

何を持っていけばいいのか、どういう物があると便利か。

 

そういう他の人よりも
詳しいものってあると思います、

 

なので、それを他の人に教えてあげたり
よりその人が旅行を楽しめるように
プランニングしてあげることもできます。

 

HISのような、でもより個人的な
プランニングみたいなイメージです。

 

そうして、色んなところに旅行をして
その地域への旅行プランニングをしてみたり
そういうこともお金になるかもしれません。

注意!

ここではあくまで妄想だけですので、
ここから市場規模や需要、関連ビジネスなんかを色々と調べていきます。

詳しくはまた改めて。

 

こうやって自分の中で、情熱とお金の丁度いい
スイートスポットを見つけていきます。

そして、その『スイートスポット』こそが
あなたが起業するには相応しいビジネスとなります。

 

ここは、マジで起業する前には、
ゆっくり時間をとって、ノートとペンを持ち出し
考えていくことをオススメします。

 

そうしたらあとは、成果が出るノウハウを
愚直にやっていけばビジネスとして収益化できるようになります。

 

ぜひここは起業前に必ず、
見つけておくといいです。

注意!

もちろん、副業としてなにかビジネスを始めるときも一緒ですよ!

自分でビジネスをするということは
どちらも変わらないので!

 

 

3:今から始めるべき3ステップ

 

それでは今回は最後に、
起業するために今すぐ始めておくべき3ステップをご紹介します。

 

ステップ1)『情熱 × お金」のスイートスポットを見つける

 

これは先ほどご紹介したように、
自分の好きなこととお金になることの
丁度いいポイントを見つけていきます。

 

ステップ2)ビジネスノウハウを勉強する

 

そうしたら、「ビジネスノウハウ」の勉強を始めます。

 

ビジネスというのは意外にもシンプルで、
お客さんを集めて何かを販売する、です。

 

なので、その「お金を稼ぐノウハウ」を
しっかり勉強していきます。

注意!

ただし、書店に並んでいる書籍は
一部を除きほとんどが“ハズレ本”です。

オススメの代表的な書籍は以下の通りです。

⇒ 神田昌典「あなたの会社が90日で儲かる!」

⇒ ダン・S・ケネディ「究極のマーケティングプラン」

⇒ ジョセフ・シュガーマン「10倍売る人の文章術」

 

ステップ3)趣味も深めていく

 

そして、趣味をもっと深める勉強をしていきます。

 

例えば、ギターが趣味だったら、
よりギター上達の勉強をしたり。

 

あるいは、ブログみたいな
なにか文章を書くのが好きだとしたら、
文章が上達するような勉強をしたり。

 

つまり、ビジネスノウハウと趣味の
2つを勉強していくと、起業しても
失敗せずに稼いでいくことができます。

ちなみに…

あなたがビジネスで稼ぐノウハウに興味があるなら
この記事の一番下からレポートをダウンロードしてみてください。

 

 

もしあなたが起業したいと思っているのなら、
ぜひこの3つは、今すぐに始めてください。

 

それから、実際にビジネスをスタートです。

 

今のところは、こちらの記事を
参考にしてみてください。

 

それでは今回の記事は、これにて一旦、
終了とさせていただます。

 

−あなたの成功を願って。

西野之啓

Pocket

みんなにも教えて喜ばせてあげよう!