心から満たされた人生を生きるための〝答え〟

blank

 

blank

こんにちは、西野です。

 

憶(おも)えば、

ボクはずっと、

『得体の知れない何か』

に怯えながら生きてきました。

 

むしろ、その〝何か〟と

時に戦ったり、

時に逃げ出したり、

してきた人生でした。

 

15歳でギャングになり、

高校を中退し、

16歳で刺青を入れ、

抗争事件によって逮捕もされました。

 

その後も、

平気で嘘をついて多くの人を騙し、

争い、

傷つけ、

たくさんの罪を犯してきました。

 

18歳のときには、

風俗業界に身を沈め、

それから5年、

数えきれないほどの女性を、

言葉巧みに風俗の世界へと

落としいれてしまいました。

 

それ以外にも、

目を背けたくなるほどの罪、、

 

胸を張って生きられるような

人生を歩んではきませんでした。

 

そうして生きてきた結果、

ボクの周りには、

誰もいませんでした。

 

その後、多額の借金に苦しみ、

何をやっても上手くいかず、、

 

何度も、何度も、

「もう、生きるのは疲れた・・・」

命を絶とう、としました。

 

しかし、お恥ずかしいことに、

切腹するほどの肚もなく、、

 

ただただ、

自分の無力さ、

傲慢さ、

身勝手さに、

絶望をしながら毎日を送っていました。

 

 

「変わりたい・・・!」

 

心の叫び。

 

変わりたい。

けれど、

どうしたらいいか、分からない。

 

こんな罪深き人間が、

今さら都合よく、

何事もなかったように

新しい人生を始めるなんて

できるのだろうか、、、

 

いや、変わりたい。

何がなんでも変わりたい。

 

もうイヤだった。

 

醜い自分、

利己的な自分、

腐りきった自分、

 

もう一度、

生まれ変わって、

人生をやり直したかった。

 

そんな心の叫びに従って、

 

「もう二度と、こんな生き方はしない」

 

と自分に誓いました。

 

絶対に悪行に手を染めることなく、

お金を稼いで、人生を変えてやる・・・

 

そうして、起業を決意してから、

2年間、1円も稼げない日々。

 

借金は増えていくばかり。

 

しかし、自分の知っている人たちが

次々と結果を出していく姿を見て、

焦りと妬みだけが積もっていく。

 

ご飯を食べるお金も、ままならない。

頼れる人もいない。

 

延々と、ひとり孤独に

小さなノートパソコンの画面に向かって、

誰にも届かない言葉を発信し続ける。

 

なんで、こんなに上手くいかないんだ・・・

もう、自分には無理なのかもしれない・・・

 

失意の底にいた、

そんな時です。

 

とある起業家と出会ったことで、

たくさんの経営者とも繋がり、

みるみる結果が出るようになりました。

 

それから、4年

億を超えるお金を稼ぎました。

 

借金もすべて精算しました。

 

経済的な自由も、

時間的な自由も、

手に入れることができました。

 

大抵の欲しいものだって買えるし、

旅行だって、たくさん行ける。

 

ですが・・

 

心の中にある、なにか、、

 

それは

焦りなのか、

恐れなのか、

寂しさなのか、

 

はたまた、

それ全部かもしれない。

 

ずっと、

〝得体の知れない何か〟

に追われていて、

心に平穏が訪れることはありませんでした。

 

最新のノウハウは何か・・

いま流行っているものは何か・・

 

お金がなくなってしまったら、

誰にも相手にされなくなってしまうのではないか・・

 

漠然とした魔物(恐怖)のようなものが、

ボクの心の奥深くに

ずっと棲みついていました。

 

時間もお金もある。

 

それなのに、

心は落ち着かない。

 

大量のお酒や刺激的なもので

その漠然とした恐怖を誤魔化して生きる日々。

 

動いていないと狂ってしまいそう。

 

そして

常にいろんなところを旅行したり、

誰もが憧れるような生活をしていないと、

みんな自分に愛想を尽かせて

忘れ去られてしまうのではないか・・

 

無価値観。

 

それらが積もり積もったある日、

すべてが弾け飛ぶ出来事がありました。

 

その時、仲良くしていた経営者たちと、

お金のトラブルが勃発。

 

周りの人たちは離れ、

ボクはまたひとりになりました。

 

その時、ボクは思い知らされたのです。

 

今まで、一緒に色んなところに旅行したり、

遊んだりして「仲間」だと思っていた人たちは、

みな「お金」「利害関係」で繋がっていただけだったのだと・・・

 

 

これから先

どこに向かって

どうやって生きていこうか、、

 

というか

このまま生きいて意味はあるのか、、

 

いや、

こうやって生きているのも、

もしかしたら、何か意味があるかも知れない。

 

もう一度、

自分の在り方、

生き方、

を見直そう。

 

そこで

日本人のルーツ、

神道、仏教、東洋思想

などを改めて学び始めました。

 

そうして、

ビジネス講座「ネクディメ」と出会い、

そんなネクディメを通して

「ゆにわ」という

〝人生の本質を学ぶ場所〟

と出会いました。

 

最初は、怪しんでいました。

 

というよりも

「自分には自分の道がある」

「オレは染まらないぞ」

というプライドというか、

虚栄心というか、、

 

そういったものによって、

距離を取っていました。

 

しかし・・

 

『ゆにわ』の人たちを知っていくほど、

ボクは驚くばかりでした。

 

みんな、お金とか、打算とか、

偽善ではなく、、

 

純粋な思いを輝かせながら、

明るく、

軽く、

温かく、

しあわせそうに生きている姿を

目の当たりにしていったのです。

 

そんな姿を見ていく中で、

改めて、自分の中の

小ささ、

傲慢さ、

ダサさ、

に恥ずかしくなりました。

 

〝この人たちは、

なぜこうも、しあわせそうに

心から人生を楽しめているのだろうか••?〟

 

迷いなく生きている姿が

不思議でならなかった。

 

それをどうしても知りたいと思っていると、

どうやら『ゆにわ』のみんなには、

〝北極老人〟

という師匠がいることが分かりました。

 

北極老人、、?

本当に、実在するのか、、?

 

もし、本当にいるとしたら、

その〝北極老人〟なら、

ずっと自分の中にあった、

得体の知れない

不安、

迷い、

虚しさ、

それらから解放される

生き方を知っているかも知れない・・・!

 

「絶対に会いたい!!」

 

そんな魂の叫びに

正直になって、

 

東京目黒のお気に入りの広い部屋を手放し、

大阪にある枚方市樟葉(くずは)へと引っ越してきました。

 

しかし、、

 

北極老人は、

みずからは表(おもて)には出ず、

お弟子さんたちの活躍の場を用意されていました。

 

なので、当然、

引っ越したからといって

そう簡単に会うことはできませんでした。

 

どうしたら会えるのか、、?

 

とにかく、『ゆにわ』に通いながら、

近くにある石清水八幡宮へと何度も足を運び、

必死に神様にお願いをし続けました。

 

「どうか、北極老人に合わせてください!!」

 

そんな日々を続けて数ヶ月が経ったある日・・・

 

『ゆにわ』の長尾社長の計らいで、

〝北極老人〟に会わせていただけることになりました。

 

はじめて、

北極老人とお会いしたときの〝光景〟は、

今でもハッキリと覚えています。

 

なのですが、、

 

どんな挨拶をしたのか

なにを話したのか

はほとんど覚えていませんでした。

 

頭が真っ白になっていたのです。

 

ですが、ボクは北極老人に会った瞬間、

今まで自分ではどうにもできなかった、

心の中にある得体の知れない何か、、

 

焦り

不安

恐れ

悲しさ

 

それらが一気に吹き飛んで、

心の中に「スーッ」と

静寂が訪れたのです。

 

「あぁ、もう何があっても大丈夫」

「もう、何もいらない」

 

そんな安心感に包まれたのでした。

 

また、

なぜか分かりませんが、、

 

何年も前から、いえ、

何十年、何百年、何千年も昔から

ずっと会いたかった人にやっと出会えた・・・!!

 

という感覚・・

 

言葉では表現しきれないのですが、、

 

とにかく

自分の心の奥深くの

魂が喜んでいるのを

ハッキリと感じていました。

 

それから2年・・・

 

 

〝北極老人〟のお話を聞くたびに、

笑い

驚き

涙し

自分ではどうにも出来なかった

「心のキズ」

のようなものが

癒されていきました。

 

そしてあるとき、

〝北極老人〟がボクに

こんな言葉をかけてくれたことがありました。

 

 

悪いことをしてきた人も、

心の底からの悪人はいない。

 

過去に、どんな罪を犯していたとしても

世間の人がどんなに悪く言おうと

少しも気にしない。

 

大切なのは、

〝今、この瞬間〟

どう生きるか。

 

これからは

思う存分

みんなのために喜んで働いたらいい。

 

今まで罪を犯してきた以上に

たくさん善いことをしたらいい。

 

そして

一人でも多く

迷い、苦しんでいる人たちに

自分が受け取った

〝ひかり〟

を伝えていったらいい。

 

 

この話を聞いているとき、

ボクは感動し、泣き崩れていて、

正確な言葉を覚えていないのですが・・苦笑

 

このような言葉を

かけてくださったことがありました。

 

その時、ボクは誓ったのです。

 

〝北極老人〟から受け取った

〝ひかりのバトン〟

を次の人たちに繋いでいく、と。

 

 

今のボクには、

もう『迷い』はありません。

 

不安もありませんし、

虚しさもありません。

 

もし、今のあなたの心の中に、

何かは分からないけれど、

得体の知れない何か・・

 

不安

焦り

寂しさ

虚しさ

悲しさ

 

が少しでもあるとしたら、、

 

生きていくうえでの『迷い』

があるとしたら、、

 

その『迷い』が消え、

心から満たされた人生を生きるための〝答え〟

が『ゆにわ塾』にあります。

 

ビジネスをやっている方も

会社に勤めている方も

主婦をしている方も

学生さんも

 

日本全国にいる

あらゆる〝心の友〟が

ゆにわ塾で一緒に学び、

生きる目的に目覚め、

人生を大きく変えています。

 

もちろん、

「参加するだけで人生が変わる」

とは言いません。

 

やはり、

〝ひかり〟

に触れ続けることが大切です。

 

そのためにも、

まずは30日間、

無料で体感してみてください。

 

往古来今(おうこらいこん)

洋の東西を問わず、

世界中を探しても

聞けない様々な濃いコンテンツ

を学ぶことが出来ます。

 

そして特に、

日々更新される

〝北極老人随聞記(ずいもんき)〟

をいくつか読んでみてください。

 

〝北極老人随聞記〟は、

北極老人の

 

〝空気〟

〝あたたかみ〟

〝バイブレーション〟

 

を一番感じやすいと思います。

 

そして

時間ができた時に、

毎日配信されている「ラジオ」も

気軽に聞いてみてください。

 

きっと、触れていくうちに、

あなたの魂が〝喜ぶ〟はずです。

 

そして、、

 

見える景色が変わり

毎日が変わり

 

触れ続けるほどに

あなたの人生から

『迷い』が消えていくでしょう。

 

ボクたちと一緒に、

より良い自分

さらに貴(たか)い次元

に生まれ変わり続けませんか?

 

改めて、お待ちしてます。

 

満たされた人生を生きる〝答え〟がここにある
『ゆにわ塾』

https://bit.ly/3yRqtWv

 

本日も最後までお読み意いただき

ありがとうございました。

 

弥栄

 

西野ゆきひろ

 

 

みんなにも教えて喜ばせてあげよう!