お楽しみ企画Part.1『Choice』

Pocket

西野です、

こんな話をするとあなたも、

「怪しいな」
「胡散臭いな」

そう思われますか?

もし、僕が第三者としてこのキャッチコピーを見たとき、
前に「グイ」と身を乗り出し、女性を舐め回すように
続きを読み進めるでしょう。

というのも、実際に「引き寄せ」というものはあり、
この宇宙の仕組みを”どの角度から見るか?”の違いで、
それを”引き寄せ”と呼ぶのか”現実化”と呼ぶのかの違いです。

ですから、

「チャンスはみずから引き寄せる」
「思考を現実化していく」

というのは、どちらも同じことを言っているのです。

もし、プロサッカー選手になりたい2人の少年がいて、
A君は普段から友達と遊ぶことが好きだとします。

一方で、B君は常にサッカーのことを考え、練習を繰り返している。

そしていざ、2人一緒に試合に出してもらったとき、
果たしてどちらのほうが活躍するチャンスを手に入れるでしょうか。

これは分かりきったことで、
普段からいつチャンスが来てもいいように
準備万端に調整している人こそ、そのチャンスを使って
次にステップアップしていくことが出来ます。

このように、チャンスや流れというのは、
ただ待っているだけではなくて、

「みずから奇跡を生み出していく」

というマインドセットが重要なのです。

そして、つい先日のことです。

僕は神さんから思わぬ『サプライズ』を頂きました。

最近、本当にそう言った”奇跡”と言えるほどの、
嬉しい出来事がたくさん起こっています。

もちろん、そればっかりではありません。
大変なことだってあります。

「やっちまったぜ」

という失敗だって今だにします。

例えば、新しく借りる代官山の事務所に、
カーテンをIKEAで買って持っていき、
いざ付けてみたら長すぎてダルダルだったり…笑

という、本当に自分でも「大丈夫か?」と
心配になるほどの初歩的な失敗もします。

最初から測っておけよって。笑

まぁ大丈夫、大丈夫、なんとかなる、
って言って、今までやって来ました。

そして、もちろん失敗することもあるけど、
その分、前進して次に進んでいくことが出来ます。

何も行動せず、失敗も成功もない方が怖いです。

でも今回のカーテンは、学んだことを元に、
寸法をオーダーメイドで購入し直しました。笑

こういう「やっちまった」というヘマはしますけど、
それ以上に、感動すること、有り難いこと、
願ったり叶ったりのことが続々と起こっています。

最近で言えば、この代官山の事務所も、
初期費用や面倒な手続きなどなく、
すぐに借りられるという話が来たり。

しかもそれは、相手にとっても
助かるという調和の条件で。

また他には、ずーっと会ってみたかった先生と
やっとコンタクトが取れ、しかも・・・(音声でお話しします)。

また家族旅行では、ベストなタイミングで諏訪湖の夕日を見られたり、
家として住みたいと思える素敵な物件を見つけたり。

とにかく苦しんでいた昔と比べると、
明らかに「チャンス」や「サプライズ」の訪れる機会が増えました。

そして僕は、

しようと、ずーっと意識していました。

そして最近、やっとそれを体系的に、
同じように誰でも使えるメソッドとして
構築することが出来てきています。

そして、こういう強運を引き寄せる方法は、
僕だけではなく、沢山の人が同じように現在進行形で体験中です。

それは、【アドバンスクラブ】や【ASCENSION】の講座に
参加してくれている人なら目にしておられると思います。

リアルタイムで。

そして今日は、日頃から僕の記事を読んでくれているあなたに、
メソッドの中の1つ、

の音声を特別プレゼントすることを決めました。

これはもともと、いま新しく上位商品として
計画していたところで配ろうとして収録した音声です。

が、実際に仕上がりを聞いてみたところ、

「これ聞いただけで、マジ人生変わる人が続出するな…」

と、一瞬ブルッと鳥肌が立ったので、
もう今回は日頃の感謝とお礼を込めてタダで「to you」します。

ただし、1つだけ条件があります。

気軽にハイって渡すには勿体ない音声だし、
いつもは数十万円の高額商品で配る内容の音声だからです。

聞けば納得して頂けると思います。

なので、1つだけ条件を付けさせてください。

それは、

「すぐに音声を聞いて、聴き終わったら即座に実践に移す」

ということ。

詳しいアクションは、
音声を最後まで聞いて頂ければ分かります。

とにかく、すぐに音声を聞いて、
そして今すぐ、そのまま完コピで実践してください。

そして、ここからは僕の個人的なお願いとして、
音声を聞いて気付いた事、実践してすぐに変化したことなどを
ぜひ僕にメールで送ってください。

返信は

info@advance.black

にください。

いつも送ってくれるメールを読んでいますので、
そちらのアドレスに送ってもらえたらと思います。

これ、本気で、一瞬で激変することを約束しますので、
ぜひとも、すぐに音声を聞いて実践してもらうことをオススメします。

それでは、音声をどうぞ。

 

 

Pocket