ビル・ゲイツ「銀行がなくなる未来」

Pocket

〈残り3日〉
ビル・ゲイツ「銀行がなくなる未来」

こんにちは、西野です。

あなたもご存知の通り、いま世の中は、
目まぐるしく移り変わっています。

例えば、人工知能もその1つだし、
暗号通貨、そしてインターネットそのものも、
私たち人間の生活をガラッと変えました。

かつて、

「会社に行く」

というのが当たり前だった時代から、
今では“ノマド”と呼ばれるスタイルの
働き方が常識となってきました。

今ではもう、パソコンが当たり前となり、

「その場で仕事をする」

というのは、
珍しいものでもなんでもなくなってきました。

ミーティングも“スカイプ”などを使えば、
世界のどこにいようとも一瞬で繋がることができます。

私がカフェに行けば、本当にたくさんの人が、
パソコンを開いて“カチカチ”と仕事をしています。

男性、女性、問わずです。

今はもう、「ネットビジネス」という言葉も、
広く浸透しています。

もちろん、まだ怪しいと思っている人はいますが、
現に、私のコミュニティも講座も、他のグループも、
圧倒的に女性が増加しています。

今ではもう、女性がインターネットで
稼ぐことも普通になってきたということです。

特に最近の傾向としては、
主婦もですが、若い女性層が圧倒的に
起業やネットビジネスで稼ぐ、という選択をしています。

なぜかというと、

インスタ、ツイッター、
フェイスブック、ユーチューブ、、

などのSNSを活用するのは、
もはや“普通”のことで、

「自分から世の中に情報を発信する」

という活動、ライフスタイルが、
現代のフォーマルになってたからです。

なので、テレビなどのメディアに出ていなくても、
積極的に情報発信をして、お金を稼いでいる人は
あなたが想像している以上にたくさん存在します。

そう、今の世の中は平安時代に比べても、
ゴクリと息を飲むほどのスピードで変わっているのです。

そんな中で、つい先日も、

「サンケイビズ」

というサイトから、
こんな記事が出されました。

 

これは、最近ちまたで話題になっている、

「フィンテック」

によって、銀行の存在意義がなくなってきているという記事。

そう、

「銀行そのものが無くなる可能性が高い」

ということ。

そして、生き残るためには、
何か対処をしていかないとほぼ確実に潰れる、というニュースです。

どういうことかというと、
銀行というのは、みんなにお金を預けてもらって、
そのお金を使って、融資したり、事業投資をしていますよね。

でも最近では、例えばアマゾンの中に、
お金を入れて預けておける、というサービスがあります。

これは、アマゾンのギフト券を買ってチャージすれば、
最大2.%のポイントが付く、というもの。

そして、その溜まったポイントは、
現金と同じように使えるという仕組みです。

こういうのって、最近すごく多いですよね。

例えば、私がよく利用する「一休.com」という
サイトがあるのですが、そのサイトでホテルやレストランを利用すると、
ポイントが溜まって、そのポイントでご飯を食べたり、宿に泊まったり、
ということができます。

私も先日、そのポイントで、
彼女と雰囲気の良いレストランで
“タダ喰い”をさせてもらいました。

4万円分くらいのポイントが溜まっていました。

つまり、そのサイトを利用すれば、
そのまま現金がもらえてしまう、みたいなものです。

で、これがアマゾンで言うと、2.%だったら、
例えば100万円分をギフト券にチャージしたら、
最大2万5千円分を現金のように使えるということ。

となると、ただ銀行に現金を預けておくよりも、
アマゾンや暗号通貨などに変えておいた方が、
お金が増えていくことになります。

そうなると、みんなお金を銀行に預けなくなっていきます。

そして、どんどん“現金”から、
デジタルなお金の使い方に変わっていきます。

そして、銀行に預ける人が急激に減り、
銀行は融資や投資をするお金を失います。

これが、

「銀行の存在意義が失われる」

と言われている現象です。

(そして現に、アマゾンが積極的に
“アマゾンレンディング”という融資事業も乗り出しています。)

だからこそ、銀行は他のサービスとの、
何かしらの差別化をしていかないことには、
今後、着実に衰退していくという内容です。

で、今回は銀行のケースでお話ししましたが、
これは私たちにも“全く同じこと”が言えるのです。

例えば、今の時代はもう情報が溢れていて、
“情報そのもの”に価値がなくなりました。

ちょっと調べれば、いくらでも
知りたい情報がネットには溢れています。

なので、それ以外で価値になるのは、

1)最新のもの
2)独自の世界感

になります。

例えば、まだ世の中に出回っていない情報を
いち早く出すことで、その部分を「価値」として
提供するサービスは1に当たります。

そして「独自の世界感」というのは、
分かりやすくいうと「オリジナル性」です。

他とは違うもの。

だから、他の人と全く同じ情報には価値はなく、

「そこでしか味わえないこと」

というのが、価値になります。

だから例えば、ただフィンテックの話をするのではなく、
そのフィンテックから、どう他のものと話を繋げるか?

それがオリジナルの価値になります。

他のニュースサイトでは読めないもの、体験できないもの。

そこに「価値」があるのです。

ちょっと前にホリエモンが、

「生き残るのはスナックの様な形態だ」

という話をしていたそうですが、
それはまさに「個」という存在です。

なぜ、人はそのスナックに行くのか?

お酒なら他でも飲めるのに、
なぜそこでお酒を飲むのか?

というと、

“そのスナックでしか味わえない体験”

を求めているからです。

「そのママのところで飲むのが好きだから」

というところに、
人は価値を感じるのです。

そこでしか出来ない体験です。

そして、(既にとも言えますが)
これからは本当に、

『オリジナル』

の時代です。

つまり、

「他とは違うもの」

ということです。

これはよく言われる、

「スターバックスは、単にコーヒーを売っているのではない。
そこでの体験を提供しているのだ」

というのが正にそうです。

コンビニと同じくらいあると言われる美容室も、
いかに他とは違う美容室になるか?
が生き残る方法です。

来月、彼女と青森に旅行へ出掛けるのですが、
その時に泊まる「星のリゾート」も、
他のホテルでは味わえない

『オリジナルの体験』

を提供しているから、
上手くいっています。

つい先日に彼女と宿泊したヒルトンも、

「ヒルトンで宿泊する」

という独自の体験を提供しています。

つまり、今の
“全てのものが溢れている”
時代においては、

「1人1人がオリジナルの価値を提供する」

というのが、
さらに常識となっていきます。

もうすでに、デザインやライティングも、
外注でお願いする、というのが基本になっています。

それが分かりやすいのはウーバーで、
ウーバーに登録をすると、空いた時間を使って
出前のアルバイトをすることもできます。

つまり、特定の会社サービスではなく、
メルカリのようにますます、

C to C

が加速するということです。

タクシーも然りです。

カスタマー to カスタマー。

つまり、個人が個人を相手に
サービス(価値)を提供する。

正に、メルカリやバイマもそうですし、
分かりやすいYouTubeやブログなんかもそうです。

そうやって、どの業種・サービスでも、
「個人で食べて行く」ことがベーシックになります。

で、その「個人と個人」にシフトする時代において、
ますます重要になってくるのが、

「いかに自分に魅力を持つか」

が何よりも大切になります。

分かりやすく言えば、
世界一周旅行をした人というのは、
それだけで「価値」になります。

なぜなら、ほとんどの人は、
その経験をしていないからです。

つまり、

『どれだけその人だけの経験をしたか?』

というのが、これからの時代に、
私たちが生き残る「価値」になります。

純粋に、毎日なにもなく電車通勤をして、
何年も同じ生活を繰り返している人よりも、

色んなところに行って、
色んな経験をしてきている人の方が、
はるかに「価値」になります。

要するに、他の人がしていない経験を、
すればするほど、その人だけの魅力になっていきます。

もちろん、みんなと同じ経験でも良いのですが、
とにかく大事なのは「経験」です。

そういう、「その人だけの独自のもの」
というのが生き残るために必要になるのです。

それは、みんなを楽しませるだったり、
何か気づきや発見になる、というのもそうです。

それが、

・エンターテイメント
・学び

の2つですね。

現に、インターネットで稼ぐというのは、
この2つがほぼメインになります。

YouTuberなんかはエンターテイメントを提供して、
私たちは“学び”を提供しています。

で、おんなじことを提供する人が
確実に増えて行く中で、

「どれだけその人独自の魅力があるか?」

が、これからのビジネスの中心になっていきます。

これはもう、当たり前かもしれません。

だから、洋服のブランドを出すのでも、
ただ普通に出すのではなく、そこにどれだけ
他の洋服にはないものを載っけるか?が重要です。

それは例えば、

“世界を旅したデザイナー”

がデザインしているのかもしれません

あるいは、

“海外の賞を受賞したデザイナー”

がデザインしているのかもしれません。

とにかく、

「他の洋服にはないもの」

をどれだけ載っけられるかが、
生き残って行くための『価値』になります。

だから、これから私たちが食っていくためには、
どれだけ自分に価値を付けられるか、魅力を作れるか、になります。

そして究極的には、

『自分自身が商品になる』

となります。

例えば私で言ったら、

「何もないところから稼ぎ出す」

という経験をしてきました。

借金が溢れ、資格もなく、人脈もいない、
学歴もない、友人も少ない、、。

正に「マイナス」のところから、
今ではパソコン1台で年に数千万単位で
稼ぎ出せるようになりました。

当然、もともとビジネスの知識があったとか、
センスがあったとか、そんなものはありません。

本当に、

「起業するには何が必要かな…?」

みたいなところからスタートしました。

「高収入 仕事」

とか調べたりもしていました。

本当に、力も知識もなにもないところから、
ここまで這い上がってきました。

その中で、人脈の作り方だったり、
インターネットで稼ぎ出す方法というのを身に着けてきました。

だからこそ、今ではブログを書いて、
それだけで生活が出来るようになりました。

でもこれって、私にとっては
まさに奇跡と呼ぶに相応しいことでもあります。

なぜなら、小さい頃に夢だったサッカーを挫折し、
歌手になってみようとボイトレに通ってみたり、
お笑い芸人になろうとオーディション受けてみたり、
長年続けてきた風俗も辞めたり、
アルバイトに入ったBERは1ヶ月で辞めたり、、

も〜う、とにかく色んなことに手を出してきましたが、
そのどれも結果を出すことはできませんでした。

そもそも、私はどの分野でも、

「一等賞」

を取れたことはありませんでした。

運動神経がよく、足は早いほうでしたが、
それでも駆けっこで1位になったことはありませんでした。

サッカーをやっていて、何かの大会で
優勝したこともありません。

私は、どちらかというと、
人よりもなんでもそつなくこなせたのですが、
どの分野でも突出した結果を出せたことがありません。

つまり、私は今まで、何をやっても
「勝つ」という経験をしてこなかった“負け組”だったのです。

でも、私はそういう経験を通して、

「オンリーワンになる」

ということが、
どれだけ大切なのかを学びました。

駆けっこで1番になれなくても、
サッカーで1番になれなくても、
オンリーワンになるために全力を尽くす。

特別な存在になる。

これが、何をやっても1番にはなれない、
平凡な人間が成功する方法です。

そして、それは今のビジネスでも同じです。

稼ぐ金額だけを見たら、私よりも稼いでいる人なんて、
星の数ほど存在します。

つまり、私はいくら稼ぎ出したところで、
「1番」にはなれないのです。

じゃあ、1番になれない、
何も持っていない私のような人間が、
どうやって生き残って行くのか?

というと、それが、

「オンリーワン」

です。

そう、つまり他の人とは違う、
自分オリジナルな存在です。

そして、その“自分”という存在に対して、
好きになってもらう、ファンになってもらう。

これが、特に突出したものがない、
平凡な私にとっての最高の武器なのです。

今の私には、私よりもはるかに年上で、
色んな人生経験を積んできた先輩でも、

「西野さんに出会えて本当に良かった」

と感謝してもらえるようなりました。

なんの取り柄もなかった私が、です。

そんな私でも、他の人の役に立って、
感謝してもらいながら多くのお金を稼げる。

そんな生活を実現したのが、
私にとっては『ビジネス』でした。

ブログやメルマガなどのネットを使って、
自分の考え方、経験したこと、学んだことを発信する。

自分が話したいことを発信して、
自分のファンになってもらってお金を頂く。

そんなライフスタイルになりました。

そして、これからの時代は、
ますます「そういう時代」になります。

つまり、1人1人が情報を発信して、
自分という存在自体を商品にしていく。

これが“常識”となります。

そしてそれこそが、私たちのように、
平凡でどこにでもいる人間が、
今後生き残っていく方法です。

そして、前回のメルマガでご紹介した
私のプログラムというのは、

「自分自身を商品にする方法」

をお教えするものです。

つまり、自分のことを好きになってもらって、
自分に対してお金を払ってもらうという生活を
実現するためのプログラムです。

そのために、ブログマーケティングを
最大限に活用していきます。

なぜなら、ブログを活用したら、
ほとんどお金を掛けない状態から、
数千万円・数億円と生み出せるからです。

そうして、あなた自身が商品なったら、
もうお金に困ることは無くなります。

なぜなら、あなたが売りたい商品なら、
何を販売しても買ってくれるからです。

それはまるで、芸能人に近いものです。

芸能人というのは、個人にファンがついて、
その人が出るものなら、紹介するものならと言って、
それだけの理由でファンは購入します。

それと同じように、

「あなたが紹介するから買う」

という状態になるのが、
昨日ご紹介したプログラムです。

そして私は、

「何もない状態からファンを構築して、
自分の好きなものを売って稼いでいく」

ということを経験してきました。

むしろ、マイナスの状態からです。

だから、そのための方法というのは、
他の誰よりも詳しい自信があります。

仮にもし、あなたが今まで何をやっても
上手くいかなかった、1番になれなかった、
という人でも、そこから這い上がれる、ということです。

そして、時間とお金の両方で自由になり、
自分の好きなことをして生きるという生活になります。

その生活を実現するための、

「7つのステップ」

というのを、プログラムで
誰でも再現できるように解説しています。

それは、前回のメールでご紹介した通りです。

今回、ホワイトデー企画ということで、
16日までにプログラムに参加してくれたら、

「1回きりの秘術セミナー」

に特別に無料でご招待します。

繰り返しますが、ボーナス特典の
セミナー無料参加は16日で締め切りです。

本当に、1回参加しただけで、
何もかもが変わるセミナーです。

こちらのご案内は、
明後日で締め切りますので、

・自分を商品にして自由に稼いでいきたい
・時間とお金を同時に両立したい
・今の生活なにもかもを変えたい

という人は、ぜひ16日までに
プログラムに申し込み、こっち側に来てください。

自由でストレスのない、
穏やかで満たされた生活があなたを待っています。

必ず実現するまで、
最後まで一緒に頑張りましょう!

それでは、プログラムのお申し込みは
こちらのページの後部にある赤いボタンを
クリックしてください。

自分の手で大きなお金を稼いでいく
(特別セミナーの無料ご招待は残り3日で締め切ります。)

1日409円の『ワンコイン』プランもありますので、
ぜひあなたの未来へ一歩、踏み出してください。

それと、前回のメールをまだ読んでいなかった、
という方は、こちらから前回のメールをお読みいただけます。

そこに、私の心からの声を書き綴っています。

イラッとすることがあるかもしれませんが、
全て、私の腹からお話ししています。

ぜひ読んでみてください。

秘術セミナー無料ご招待の詳細

それでは今日はこの辺で。

またメールしますね。

西野ゆきひろ

初期費用をほとんど掛けず年間1000万円の自動収入を確立する

Pocket