「時間」とは何か?

Pocket

この記事を書いている人
Webセールスライター
西野ゆきひろ

この変わった男を知らない人はこちらのプロフィールを参考にしてください。

変態プロフィール 
被害者の声

こんにちは、西野です。

これ、僕がいくつかやっている講座の中の、
「ASCENSION」という講座で書いたメルマガなんですが、

世の中の人にとって大事なので、こちらにもシェアしておき、
出来るだけ沢山の人の目に触れたらいいなと思います。

以下、転載です。
↓↓↓↓↓↓↓

 

つい先日、「時間」について
こんな質問がありましたのでシェアします。

===================
西野さん
おはようございます。

ちょっと唐突な質問、かつ、質問先として相応しいか分かりませんが、相談させてください。

昔から感じていることなんですが、
大人になって、どんどん時間が速く進んでいる感覚があります。
みなさんそうなのかもしれませんが、
特に日常生活を送っていて思います。
普通に朝起きて、準備して、会社に行くまでの時間も
子供の頃学校に行くまでの時間に比べて
全然時間が無く感じます。
単に子供の頃は、親に依存してて自分でやることが
少なかったからかもしれないのですが、
こうした時間感覚が自分の中で焦りに変わります。
子供の頃は、1日が長くお昼寝などすると、午前中のできごとは昨日のことになっていて、
親に昨日こんなことがあったと、午前中のできごとを話するくらいです。
時間が無いって感覚は、何によるものでしょう?

たぶんこんなことを考えるのも会社を辞めて、
自分で時間をコントロールしなければならないというプレッシャーからなのだとは思います。
やらなければならないことが山積みで、なかなか集中できないことの要因のひとつでもあると思います。
時間に対してどう考えたらいいでしょうか?

漠然とした質問で申し訳ありませんが、
何かいいアドバイスお願いします。
===================

ちょっと本文とは関係ないですが、
誰かにメールを送るときは、改行とか、リズムとか、
テンポを意識すると、もっと相手にエネルギーが届きます。

「読む人が読みやすいように」

という姿勢は、ライティングにおいて
めちゃくちゃ重要です。

例えばプレゼントにしても、

「無料でプレゼントしているんだから、
読んでくれるだろう」

は馬鹿ヤロウです。

とにかく、誰かに自分の書いたものを
読んでもらうっていうのは当たり前ではありません。

常に「読みやすさ」を意識すると、
ビジネスで人を集めるとかも出来るようになります。

なので、ここは訓練しておくと何かと良きです。

では、質問の「時間」について、
考えていきたいと思います。

まず、時間とはなんなのか?

これは、それぞれの解釈によって、
時間の意義も定義も変わってきます。

が、これだけは言えます。

それは、、

「11時23分45秒」

という私たちが使っているものは、
どっかの誰かさんが決めたことです。

そもそも、基準となる時計がなければ、
私たちがいつも気にしている「時間」は存在しません。

そこにあるのは、ただ地球や星々が動いて、
宇宙のリズムに合わせていく生活になるでしょう。

こんなに忙しいのは、現代の病気です。

確かに、パソコンやスマホが普及して、
生活が限りなく便利になってきました。

が、いま、
ちょっと考えてみると、どうでしょう?

あなたは「スマホに囚われていませんか?」

つまり、スマホがないと生きていけない、ということ。

実はこれ、私もそうなのですが、
この世の中の流れに生きるには必須になります。

(まぁ離れることも出来るんですけどね。)

ただ、その渦の中に飲み込まれないように、
自分なりに対処をしています。

例えば、いつも仕事の電話ばかりに追われて、
休みの日すら心が休まらない、という人がいます。

まぁ、前に風俗店の店長をしていた時の私が、
まさにその状態だったんですけどね…笑

自分が休みの日でも、
お店の女の子を紹介してもらえるように、
すぐに電話の対応をしなくてはいけません。

だから、休みの日でも、
常に電話を手放せずにいたのです。

でもこれって言うのは、
自らこの現実を作ってしまっているのです。

これは肝心要なので覚えておいて欲しいのですが、

「忙しいのと成功に向かっているは比例しない」

ということ。

忙しく働けば、忙しく過ごせば、
稼げるとか、成功に向かっているとかじゃないんですね。

それは比例しないんですよ。

それを見失ってしまう人が多いんですね。

特に現代の私たちは。

だからこそ、私は今のこの生活というのは、
自分の時間をたっぷり取りながらビジネスしています。

そして、本当に自分がやりたいこと、
大事だと思えることだけをやっています。

もちろん、それは本を読むことも1つです。

例えば、

「あぁ、本を読む時間がないぃ」

とか思う人っていると思いますけど、
それは「時間がない」のではありません。

「あなたの中での優先順位が低い」だけです。

あなたの中で、本を読むことの優先順位が低いから、
後回しにして他のことにエネルギー(時間)を使います。

いいですか、
時間というのは「エネルギー」なんですよ。

体力と同じように。

そのエネルギーを何に使うか、
ただそれだけなんですよ。

私たちには全員に平等に、
この時間というエネルギーを与えられています。

で、それを何に使うのか?

「人付き合いは大事だから」

と都合のいい言い訳して、
遊びの飲みをしていませんか?

本当は、もっとやるべき大事なことが
あるんじゃないですか?

って、これ、僕自身も神様から
言われているようです。

冷静に考えてみれば、
時間なんていくらでもあります。

究極の話、全てを手放したら、
もう“時間しかない”んですよ。

ただただ、ゆっくりと流れる、
太陽や月の流れを感じて生きるだけ。

そう、実は時間なんてのは、
た〜っぷりあるんですよ。

では、それを何に使うのか?絞るのか?

その優先順位を作っていくことが大切です。

とはいえ、これは

「成りたい理想の自分像」

がボヤッとしている人ほど、
他のどうでも良いことに時間を浪費します。

心当たりはありませんか?

それ、本当に大事なのですか?

それを見直していくことで、
驚くほど短期間で人生が切り開かれていきます。

それはそうです。

成りたい自分を考え、書き出して、
そこに成るためには、これから何をしていけばいいのか?

それを考えて、自分に与えられた時間を
そこに絞っていくのですね。

私だって、今これを書きながら、
神様に怒られているんですから。

まだまだ、お前にやれることがあるだろう、と。

実は、私たちの中には誰にでも、
「善の自分」があります。

善の部分がない人は存在しません。

どんなに凶悪犯罪者でも、
必ずその善の部分があります。

ただそれが、歪みきった社会によって、
異常な人を生み出していきます。

だから、例えば子供のバラバラ殺人事件とかも、
犯人が悪いのではなく、それを生み出している
私たち、世の中が悪いのです。

つまり、全員が悪いってことですね。

あ、「誰が悪いのか」という、
何も生まれない原因探しをした場合ですよ。

正しく言うなら、

『誰も悪くない』

のです。

そう、誰も悪くない。

だからこそ、私たちが少しずつ、
一人ずつ気付き始めて、逆に世の中の意識を
変えていくべきなのではないですかね。

まだまだ、自分の『善の部分』を見ないフリして、
『悪の部分』で活躍してしまっている人が沢山います。

あるいは、その狭間(はざま)で
苦しんでいる人も沢山います。

闇の仕事をしていた時の私です。

そうすると、どんどん自分を傷つけたり、
罪悪感から不幸に陥れたりし始めます。

この状態になると最悪です。

なかなか抜け出すのが大変です。

だからこそ、こういうことに少しずつ、
気付き始めた私たちが、まずは身近なところから、
変えていかなくちゃいけないんじゃないですかね。

そう思います。

いや、思わされているのかな。

ってまぁ要するに、誰にでも善の部分というのはあって、
でも、それが濁ってしまっている人ばかりなのです。

でもそれは、「成りたい理想の自分」に目覚めたとき、
善の部分が強烈に発動します。

いや、成長するって感じかな。

そして、世の中に善の波動を発している人は、
自分や周りの生きる世界が善の世界になっていきます。

それはそうです。

人間と宇宙は鏡なんですから。

「見る者」と「見られる者」。

この両者でしかないのですから、
つまりは鏡です。

そう、朝カガミを覗き込んだ時に、
あそこに映る自分が宇宙です。

だから、善のエネルギーを周りに発している人は、
そのエコーとして善のエネルギーが返ってきます。

・・・と書いたところで、
あれ、時間の話から脱線してしまったなと言うことで、
話も返ってきましょう。笑

まぁ要するに、もし忙し過ぎて、
焦燥感を持ってしまっているのなら、
それは、

「あなたがその現実を生み出しているんですよ」

と言うこと。

忙しい自分でいないと不安だから、
無意識に忙しい自分を作ってしまう。

そういう人は沢山います。

だから、まずはそんな自分がいることに
気付くことから始まります。

そう、焦ったときほど、
気掛かりが多いってことです。

まずは、何が大事なのか、
本当に緊急でやらなくてはいけないのは何か?

それを洗いざらい、
整理整頓してみましょう。

その整理整頓の時間すら取れないというのなら、
それは無意識に「拒絶」しています。

おそらく、変わるのが怖いのでしょう。

そういう「時間がない」とか「焦り」というのは、
根本的な原因は、どっか他のところにあります。

今の生活が変わるのが怖いから、
忙しくしていることで安心感を得ている。

けれど、それはあまり関係のないこと、
自分に対する言い訳だと心の中で気付いているから、
どんどん「時間がない」と焦っていく。

そんなときだからこそ、30分でも時間をとって、

「今の自分には、何を最優先すべきなのか?」

を整理整頓していきましょう。

そうしたら、本当に大切なことに
時間をたっぷり使えるようになりますから。

時間を使うのも、時間に使われるのも、
時間を楽しむのも、時間に追われるのも、

全てはあなた次第です。

それでは今日はこの辺で。

またメールしますね〜!

西野ゆきひろ

追伸:

あなたに質問があります。

あなたも、ブログなどのインターネットを活用して、少ない作業量でも年収で1000万、2000万、3000万円という収入を稼いでいきたいですか?

「そんなの、稼ぎたいに決まっているけど、無理に決まってるじゃん!」

と思われるかもしれませんが、断言します。

「正しい方法で作業を続けていけば、誰にでも確実に稼ぐことが可能です」

と。

そのための方法を、精神分析学・社会行動学などの科学的なことを踏まえて分かりやすく解説した、私の会員向けレポートを、期間限定で無料プレゼントしています。

あなたに出来そうか、出来なそうか?は、それを読んでみてから、もう1度考えてみてください。

きっと、

「あ、実は稼ぐためにやることってシンプルだったんだ」

という事実を理解できるはずです。

間もなく無料プレゼントは終了となりますので、無料の今のうちに、あなたもダウンロードして、稼ぐための知識・スキル・テクニックを全て習得しておいてください。

こちらから無料ダウンロード出来ます。

0円でビジネスの本質を習得する

関連記事:

・・今すぐ「覚醒」するマインドセット
【画像アリ】怪しくないマッサージと異次元ボディ
僕らは「地球服」を着ているだけなんだよ。
必ず夢が叶う”怖い”マインドセット 

Pocket

みんなにも教えて喜ばせてあげよう!