“馬鹿な”労働ロボット人間を量産するための日本教育

Pocket

この記事を書いている人
Webセールスライター
西野ゆきひろ

この変わった男を知らない人はこちらのプロフィールを参考にしてください。

変態プロフィール 
被害者の声

ちょっとお久しぶりです!
初対面でおっぱいを触ってしまう西野です!

というのは冗談ですが、笑(いや、酔っ払うとヤバイんですよ笑)

今回は、あなたが信じてきたものがガラガラと崩壊し、もしかしたら不愉快にすらなる人もいるかもしれません。が、マジでこれからの日本や、今の日本の子供達のためにも、恐れずに『真実』を話そうと思います。

私が殺されませんように。

世界が狭すぎんだよっ

で、最近は武術講座や練習会、催眠や場のトリックについて学んだりとか、、

かな〜り色んなことして、色んな勉強をしています。

↑(あ、この”ばーか”は小学校からの先輩で
お姉ちゃん的な人ですwクレーマーではありません。笑
…って、もう『30』じゃないか!!w)

仕事ももちろんしておりますよ。ほら、今もこうして。

という感じで、私の仕事っていうか、生きがいは、

『自分が成長して、みんなにも提供していく』

ということです。

“キレイゴト”に聞こえるかもしれませんが、本当にそう思っていて、みんながそうやって成長しながら、そのまたみんながみんなに提供していったら、マジでこの世は凄いことになりませんッ?

マジで、刺青を見て「うわ〜」みたいな視線をしている時点で、あんた世界が狭すぎんですよ。

そういう人は、自分のほうが全て正しくて、自分が嫌いなものは絶対に良くない!みたいに思い込んでしまっているパティーンです。

確かに、私自身にもそういうフシはありますが、でも意識的に「努めて」オープンマインドでこの宇宙を見るようにしています。

そうして、知ったのですが…

私たちが今まで小さい頃から教わってきたことって、もうひどいヒドイ…

馬鹿な労働ロボットを大量生産するための日本教育.01

マジで都合よく歴史を改ざんされていて、ほとんどが嘘だったじゃないか!ってくらいの内容ですよ。

しかもそれは、体育の時間にも行われていたりします。

つまり、「馬鹿になるように」教育されている、ということです。

あ、でもその言い方はちょっと、語弊がありますね。先生たちは、それを知っているわけではありません。

私たちには関係ない、お偉いさんたちのやりとりによって、私たちは都合の良い人間に育つよう洗脳されてきたわけです。

まぁ、こういう話をすると、

世間的な人
ふっ、何を陰謀論的な…くっだらない」

と思う永沢くんもいるでしょう。

でもそれは、自分の信じている狭い世界だけで生きることを選択しているのです。

どうしてそれが「もし本当のことかもしれない」と考えられないのでしょう。

体育の時間は恐怖の時間

例えば、「体育座り」ってありますよね?

そう、あのみんなが体育の時間に、床の上に座って、先生の話を聞く姿勢です。

お尻をつけて、両足を前に平行に並べて、それを手でギュッと抱きしめる。

これ、「馬鹿になる」ように、つまり「洗脳しやすいように」行っているんですよ。

また!何をデタラメな!でっち上げだ!!

って思うかもしれませんが、事実なので仕方がありません。

え?証拠?いや、ありません。

ですが、あなたの『身体』に聞いてみてください。

私たちの学んできたこと、記憶、そして知識というのは、たかだか数十年のレベルです。

じゃあ、私たちの身体、それを構成する情報の塊、そう、『DNA』は、私たちが生まれる、はるか太古のなん万年と続いてきたものです(本当はもっと何億年、とも言えたりしますが、ここでは人類史の始まりからだけにしておきます..)。

ここで分かるのは、私たちが生きてきた間だけで培った「脳みそ」の情報と、何万年と途絶えることなく続いてきた『DNA』と、どっちのほうが「正しい知識」を持っていると思いますか?ってこと。

たとえ気持ちの中では「元気だぜ!今日もバリバリ酒飲むぞ!」とか言ったって、連日お酒を飲んでいたら、「身体」のほうが悲鳴をあげています。

つまり、私たちの脳みそなんかよりも、ずっと大昔から生き続けてきた『DNA』、つまり細胞(身体)のほうが、はるかに膨大な知識や情報が詰まっているのは当然のことです。

だから、私たちが頭で「あ〜でもない」「こ〜でもない」と考えていたところで、身体に直接聞いてしまったほうが、圧倒的に早いわけです。

じゃあ、先ほどの「体育座り」に話を戻しますが、「馬鹿にするため」「才能を潰すため」だという事実は、身体に聞いてみてください。

とあるイヤらしい実験

まず2人一組になって、片方が体育座りをして、上から罵声を浴びせてみてください。

おい、この馬鹿たれ、何してくれてんじゃボケ!
おい、お前はほんっとにつかえねークソ以下だな!生きてる価値ねーわ

と…。笑

いや、この罵声の内容は任せますが、他人に罵声を浴びせたことがない人は、上記のセリフをそのまま使ってみてください…。

(ただし、それ以外では絶対に使わないでくださいねw。そして、使うなら自己責任で..。)

で、それを片方ずつやったあとに、言われているほうは、どう感じたかを共有してください。

そして、今度は片方ずつ正座をして、両膝のあいだは拳ひとつくらい、背筋に「身柱(みばしら)」を立てて、先ほどのように罵声を浴びせ合ってみてください。

そうして両方が終わったら、また感じたことを共有してください。

こうすれば、どっちのほうが

「ウゥゥ…」

と萎縮するか、一目瞭然です。

まぁみなさんお分りのとおり、体育座りのときのほうが、攻撃的エネルギーをモロ吸収してしまいます。

そうすると、脳や筋肉(つまり細胞)が萎縮して、どんどん「天才」から遠ざかっていきます。どんどん、その子の才能や可能性を潰していってしまうわけです。

恐怖のネガティブエネルギーとは?

こういうのを「ネガティブエネルギーを受ける」と言うのですが、先生も人間ですから、その発する言葉や情報の中に、ネガティブエネルギーが入らないようにすることは『不可能』です。

ネガティブエネルギーというのは、どんな人でも必ず入ってしまいます。

例えば、前日になにか嫌なことがあったり、家族で大げんかしたとして、そこで発生した「イライラ」とか「悲しみ」とか、そういう『ネガティブなエネルギー』は必ず混入してしまいます(というか常にですが…)。

だから、確かに子供達には優しく接しているのだとしても、それは私たちが認識できない四次元の領域で相手に伝わってしまうのです(私たちは、その部屋[場]に“居るだけ”で、自分の周りの時空間に影響を与えてしまいます)。

なので、私たちが生きていく中で、この『ネガティブエネルギー』を“発しない”ということは、もう不可能なことなのです(現段階では、とでも言っておきます)。

そういうのをモロに受けるから、精神的に病んだり、鬱になったり、感情的に行動してしまったり、、します。

そして、こういう『ネガティブエネルギー』って、脳に影響をダイレクトに与えるので、当然、記憶力が低下するのも当たり前、集中力、体力、そう、要するに「なにもかも」を低下させる、悪い影響を与えてしまうのです。

じゃあ、どうすればいいのか、というと、私たちが各自で、「ネガティブエネルギーの影響を最小限に抑える」「ブロックする」ということがメチャクチャ重要です。

例えば、実際に先ほどのワークをやってみてもらえたら分かりますが、正座で座っているだけで、『ネガティブエネルギー』がブロックされ、全然ダメージを受けないことがハッキリと理解できるでしょう。

これからはどんな時代になるのか?

で、やっと最初の話に戻りますが、つまり「体育座り」は洗脳教育をするために普及された方法なのです。

それでも嘘だと思うなら、ごめんなさい。私にはなにもできません。

とにかく、こういう事実から分かる通り、私たちはどれだけ「本当のことを知らないのか」がよりハッキリと分かってしまいますよね。

例えば「坂本龍馬は英雄だった!」とかね。

まぁ、これはまた面倒なことになりそうなので、また今度ということで。

こうやって、私たちは色んなことを捻じ曲げて教えられてきて、本来の才能や能力を「なるべく伸びないように」教育をされてきました

もちろん、その教育を受けて育ってきた大人たちが今の社会を作っているわけですから、そういう世の中になっていくのは当然のことです。

でも時代的に、だんだんと隠していたことが「明るみになる」時代になります。

どんどん、捻じ曲げられた歴史や事実が明るみになってきます。というか、それはもう始まっているんですけどね。

とにかく、今後は「そういう時代」だと覚えておいても損はありません。

だから、これからビジネスをしていくって人は、嘘を付いたり大ボラ吹いてプロダクトローンチとかしちゃったら、もう隠しておけない時代になる、ということです。

日本ではまだ大丈夫ですが、でも最近はこの情報業界とか、セミナー講師とか、コンサルタントなんかで、捕まっていますよね、ポツポツと。昔は平気でしたけど。

まぁ今後は、そういう人はヤバイってことです。この「ヤバイ」っていう意味は、あなたの感覚にお任せします。

この時代の流れは、私たちがいる世界の、はるか上の世界の人たちが決めているって言ったらおかしいですが、まぁ要するに「私たちは生かされている」ってことです。

なので、ゼロからビジネスをしていく人は、そういうことはしないで、ちゃんと自分の「位置エネルギー」を上げて、それから正しい『価値』を提供する、要するに『エネルギー』を世の中に生み出していく、提供していくようにしたほうがいい、ということです。

ビジネスや人生はエネルギーの循環

それで今回は久々に頂いたメールを1つ、ご紹介したいと思います。

あ、ちょっと補足させてください。

毎日たくさんのメールを頂いていて、全て読んでいます。ただ、個別に返信するってことは難しいのです…。

なので、今回は1通のご紹介になりますが、全て上から下まで読んでいますよ。

…ということで、今回の内容にピッタリのメールがあったので、ちょっとご紹介しますね。

西野さん
おはようございます。

今日は「循環」だな。
と思ったできごとがあったので
アウトプットメールします。

「まず先に与える。」

これは、商売でもいえることだと思います。

なにかをはじめた人は、上手くいくかわからないのに
リスクを負い、お金をかけて物やサービスを提供します。

株もそうですね。
リターンを求めますが、
先にお金を投資します。

それを資金に会社は利益を上げ、
はじめに投資した数%が投資家へ
配当金として返ってきます。

そこで、今すぐ私に出来て
「先に与える」ことはなにかな?
と考えながら出来そうなことをやってみました。

まずはミスのカバーです。

私の職場は自分のことをしていればよい。
という感じの働き方でした。

なので、自分の仕事がおわったら
休憩しに行ったり、時間をつぶす人が多いです。

誰かがミスをしても
ほおっておくことが普通です。

そこで私は、
見返りを求めるような
感じを消しつつ

・積極的にミスをカバーする。
・自分の仕事が終わらせ、作業に慣れない人の

手伝いをする。

この2つを実践してみました。

しばらくは違和感をもつ人が多かったです。

ですが、続けているうちにだんだんと
私のミスをカバーしたり、仕事を手伝ってくれる人が
増えてきました。

今では、助け合った方が楽なので
グループ内で手伝うことは普通になっています。

また、自分で「これはいいな」と思った本を
プレゼントしてみました。

たとえば、会社で株式投資を
はじめたはいいが、銘柄選びに
迷っている人がいました。

そこで、話を聞いた次の日
自分の持っている本の中から
おすすめのものをプレゼントしました。

すると、すごく喜んでくれて
仕事で困ったとき
助けてくれるようになりました。

本をプレゼント

受け取った人が喜んでくれる。

継続的に助けてくれる。

こうなると、最初は損ですが
後から遅れて得がやってきます。

自分でよい循環のきっかけを
作った感じですね。

実践してみて思ったのは
困っている人がいたら素早く与えると
利益が遅れてやってくる。

ということです。

それも、困っている人の
要望にビタッとあったものを
与えると効果的です。

このことは
商売やコピーライティングにも
言えるんじゃないかなと思いました。

仕事の場で実験できたのも
おもしろかったです。

また音声やメール講座で学んだことを
日常で実践して身につけています。

金田さん、貴重な事例をありがとうございます。

金田さんは私の講座に参加してくれていて、いつもアウトプットメールを送ってくれます。

で、今回のメールでおっしゃるように、私たちは『循環』の中で生きています

だから、世の中に何かしらの『エネルギー』を提供しないことには、自分にエネルギーが返ってくるはずがない、ということです。

ご飯を食べなければ、うんちは出ません。それはお互いです。水を与えないと、植物は枯れます。

ビジネスも一緒で、なにかの『価値』となるエネルギーを世の中に提供・循環していくことで、それが自分にお金として返ってきたり、人との出会いが巡ってきたり、ということになります。

こういうのは、まさに先月「浜崎あゆみを「激太り・劣化」と誹謗中傷するあなたに伝えたいこと」の記事でお話した、『徳とカルマ』というコンセプトですね。

詳しく知りたい方は、ぜひ読んでみてください。ここでは知っている前提で話を進めます。

私たちは『宇宙プログラム』の一部である

で、私たちは宇宙の『循環』のなかで生きいて(生かされていて)、必ずその宇宙プログラムのサイクルの中で息をしています。

そう、それが仏教での『縁起』で、この宇宙は全てとして繋がっているわけです。だから、私たちがただ生きているだけで、その宇宙プログラムのサイクルに含まれているってことです。

だって、息を吸って吐いたときに、二酸化炭素ではなく同じ酸素を吐き出せる人なんて居ないわけですから。

メシだって食いますし、水だって飲みます。そして、出します。

つまりは、私たちもこの宇宙プログラムの一員であり、『循環』の中で生きているのです。

そこで、この『循環』をより理解し、意識的に良い方向に循環を起こしていくうえで、非常に参考になるのが『徳とカルマ』です。気になる方はさっきの記事を読んでみてくだせ。

浜崎あゆみを「激太り・劣化」と誹謗中傷するあなたに伝えたいこと

最初の話に戻りますが、私たちは「自分たちが目にしているモノ」「知っているモノ」が全てではないってことです。

もちろん、それは私も例外ではありません。

だからこそ、オープンマインドで、「教育されたこと」ではなく「物的証拠」を使って、本当の歴史や自分たちのことを理解するように努めています。

まじで、「地球外生命体なんているはずがない!」って本気で言ってます?笑

こ〜んなに、何億年、何十億年かかっても回りきれないほどの無限にも思える広い宇宙で、生きているのが私たちの地球だけ?頭大丈夫ですか?という感じです。

だって、そもそもこの地球で私たち生物が生きている時点で、宇宙には生物が存在するっていう、動かぬ証拠じゃないですか。

まぁ、物的証拠もたくさん発見されていて、先ほども言ったように、だんだん“真実”が明るみになってきてるんですけどね。これからはもっと今までの常識とは正反対の”真実”が明るみになってきますよ。

エネルギーで成り立つ四次元

という話は置いといて、私たちが生きているこの宇宙は、物理学で現在わかっているだけでも「11次元」と言われていて、私たちが見えない、感知できないほど次元の高い世界があるわけですよ。

で、ご存知のとおり、三次元というのは、私たちが目にしている物体の世界ですね。

そして、目には見えないけど実在する、例えば「心」とか「感情」とか、「風」とか「言語」とか、そういうエネルギーの世界が四次元です。

この四次元の世界を理解するためにあるのが『徳とカルマ』ってわけです。

だから、先ほどの金田さんがメールで仰っていたように、まずは自分から与えること、循環することです。

そうすることで、それが『徳』になって、必ず後から「得」になって返ってきます。

それはビジネスで言えばお金になるし、プライベートで言ったら出会いとか、そういうものになります。

確かに、徳とカルマは「実在する」と、言うことも出来るのです。そこに「風がある」と言えるようにね。

今回の金田さんのように、もっとみんなが『良い循環』を起こしていけば、大げさですけどこの世界は絶対に良くなるし、そうすることで自分たちが幸せになりますよね

私はこういうのが嬉しくて情報発信をしています。

ぶっちゃけて言うと、広告さえ回していれば、こういうブログ記事とか書かなくても良いわけですが、こういうのが嬉しくて、楽しいからやっています。

たくさん頂くメールを読んで、学校の先生、病院の先生、塾の先生、お母さん、お父さん、そういう人たちが心の中から変わって、家族や大切な人、自分の周りの人たちに良い影響・循環を起こして、そうして起こった良い変化の報告を聞いて…

メチャクチャ嬉しくなるんですよ。

「あぁ、一生懸命に勉強していて良かったな」とか、

「もっとみんなの役に立てるように、
みんなが遊びたくて遊んじゃうなら
もっと自分が学んで成長すればいいんだ!」とか、

そうやって生きているのが、今、最高に楽しいし、嬉しいんですよ。

だから、もちろん私もこの資本主義社会の中で生かされているので、お金を稼がなくてはいけないわけですが、とはいえ、そのお金以上に、もっとみんなに良い影響を与えて、良い循環を起こして、みんなで良い世の中にしていきたいって思っています。

なので、こういう記事が、もっとたくさんの人に読んでもらえたらって思いますし、あなたがこの記事を読んで何かを感じ取ってくれたのなら、その気付きや得られたことを、自分の周りの人や大切な人に実践していってもらえたら嬉しいです。

ということで、まだまだ話したいことが山ほどあるのですが、このまま続けてしまうと、キリがないので、これからゆっくりと、時間をかけて、みんなに循環をしていけたらと思います。

それでは、今回はこの辺で。

あ、今、セールスレターを書いたり、セミナーとか合宿とか、武術とかも詰まっているので、ちょっと多忙なため、少し時間が空いてしまうかもしれませんが、でもまだまだ、みんなが知るべき“真実”ってのもたくさんあるので、また改めて記事で書いていきますね。

それと、チョットこれは余談ですが、今度久々に、セミナーというか、軽い感じで何かリアルに会って、ネットでは話せないことの講義みたいなのやろうかなぁなんて思ってるんですけど、私の話に興味あるって人いますかね…?笑

私の記事とかコンテンツって、「LINE@!コピペ!ぺー!」みたいな内容ではないので、みんなが求めているものではないかもしれません。

もちろん、ビジネスの話を絡めるのは当然なんですけど。

なので、まぁ興味があるよ〜って方は、LINE@とか、メールの返信とか、Facebookでコメントください〜。

まぁそんな感じで、今回は以上です。

ありがとうございました。

西野ゆきひろ

追伸:

最後の話ですけど、マジでなにも決めていません。笑

今、軽いノリで言った感じなので、「売り込みが始まったぞ〜」とか警戒しなくていいですよ。笑

なので、本当にやるかも考えていません。が、ある程度の需要があったら、考えてみますね。

ネットでは話せないこといっぱいありすぎるので…。

ではでは!

 

今回の私の話を聞いて、「うわぁ、なんか世界も奥が深いなぁ」とか思ったら、メルマガで発行している内容の一部を、ブログ記事としてアップしていますので、ぜひ読んでみてください。

素敵な出会いを引き寄せる周波数の「音合わせ」
浜崎あゆみを「激太り・劣化」と誹謗中傷するあなたに伝えたいこと
言霊と武術のエネルギーコントロール
別人に生まれ変わってしまう人間の神秘…四次元の不思議
心理学と宇宙の法則を使う習慣化メソッドが凄い…
イライラやストレスの隠れた正体はコイツだ!!
『青年葛藤記』デリヘルトリップの章

Pocket

みんなにも教えて喜ばせてあげよう!