催眠術メルマガ3

Pocket

こんばんは〜、
西野です。

今日はお知らせから!

昨日、催眠研究会の代表である
先生が日本に帰って来られて、
さっき電話でお話しました。

そしてついに、
日程が決定しましたよ〜!

今回、私たちは先生から

・瞬間催眠(古典・現代含む)
・エリクソン催眠
・催眠療法
・気功
・退行催眠
・進行催眠
・ヒーリング

それら全て統合したものを
教わっていきます。

しかも、ただ教わるだけじゃなくて、
全てあなたも出来るように、つまり
習得して実際に使えるようになります。

通常、催眠術だけを学ぶにしても
1日だけで30万円。

気功や催眠療法だと講座で50万円以上は
払わないと教わることができないものです。

全部、それぞれ教わろうと思ったら
200万円は余裕で掛かってしまいます。

それを全て一気に教えてもらい、
あなたも自由に使うことができる。

こんな機会はもう2度とないと思うので、
絶対にこのチャンスを逃さないでください。

私も本当に良い出会いに恵まれました!

マジで、これらをあなたも習得したら、
一人の人間としてのステージがガッツリ上がります。

他の人ではできない特別な能力を
身につけることになるので、
くれぐれもモラルは大切にしてくださいね。

場所問わず誰でもお構いなく
エッチ系の催眠を掛けたらダメですよ〜。笑

個人的に、あなたがプライベートで
使う分には問題ないですけどね。

あくまでも今回、先生からは
トップレベルの催眠術を教わって、
それを

・人間関係
・ビジネス
・人生

に活かして、自分や周りの大切な人を
幸せにしていくためのものです。

セミナーセールスする人だったり
対面クロージング、営業をする人は
間違いなく成約率の向上に活かすことができます。

ですし、ステップメールの成約率も
確実に向上しますよ。

で、先ほど先生と話していたら、
やっぱりこれらの技術を学ぶだけじゃなくて

「実際に自分も使えるようになる」

ためには、1日では足りないということで、
2日間に渡って徹底的に教わることになりました。

で、私が先生に、

「実は私の友達や起業家仲間、
フォローしてくれている仲間も
一緒に教えて欲しいのですが…」

と相談したところ、
快くOKしてくれたんですね。

それで先生とお話して、

「せっかくだから、みんなで温泉行って
その旅館で2日間、徹底的にやりましょう!」

ということになりました〜。

ヤバい、メッチャ楽しそうです。笑

なので今回は、みんなで温泉行って、
その温泉旅館で2日間みっちり
催眠やそれらに付随する全てのことを
学び、習得しましょう!

で、まだ温泉の場所は決めてないですが、
その2日間の日程だけ決定しました。

それが、、

9月9日(土曜日)
9月10日(日曜日)

この2日間です。

急に今月入れてしまうと、
せっかく習いたい人でも予定が詰まっていて
参加できないかもしれないので..

みんなで温泉行って教わる日は
上記2日間です。

もう今からこの日は
予定入れないでくださいね〜!

この2日間のあとは、ガチで
人生レベルで変わってしまいますよ。

みんなで「クゥ〜」と最高の温泉に入って、
夜はみんなでメシ食ってお酒飲んで語って、
同時に高度な催眠術を習得しましょう!

すでに1人で「メッチャ楽しそう!」と
ウキウキしちゃってますよ。笑

あなたも楽しみにしてて下さいね。

マジでその2日間は
予定入れないでください!w

この機会に参加しなかったら、
今までの人生となんにも変わらないですから。

でも、参加した人は間違いなく
劇的に人生が変わってしまいますよ。

参加しなかった人と参加した人で、
その差がメチャクチャ開いてしまうので
その2日間は確保しておいてください!

ちなみに温泉は、まだどこにしようかな〜
なんて思ってるんですけど、どこかオススメの
旅館とかありますかね?

私も大の温泉好きで、しょっちゅう
色んな温泉に行ってるんですけど、
みんなで行ける良いところないかなぁ〜
と探しておきます!

あぁ、楽しみだ。

この温泉旅館を決めたらまたメルマガで
お知らせするので、この催眠メルマガを
絶対に見逃さないでくださいね。

・・・

ということで、日程のお知らせは
この辺りにして、、

ちょっと、前回のメルマガの返信で
頂いたメールをご紹介させてください。

プライバシーのこともあるので
名前だけ伏せておきます。

かなりシビアで重要なテーマなので。

ここから↓
=================
*催眠を子育てに活用できますか?

西野さんこんばんは。

西野さんのメルマガを毎回楽しく拝見しています。
新幹線でなくされた物が返ってきてよかったですね。
私も嬉しかったです。

今回は、催眠のメルマガという事で、
私も興味がありすぐに登録させて頂きました。

私は今39歳で結婚9年目、
子供3人(9月にもう一人産まれます!)と子宝にも恵まれ、
幸せに暮らしております。

ですが、私たち夫婦には、一つ悩みがあります。

それは、長男(8歳、小学校3年生)の事です。

まあ、この歳の子になると、自我が芽生え、
世の中や社会のこともわかり始めて、
それはそれは反抗的で暴力的で生意気な態度をとり始めます。

しかも、今は夏休み真っ最中で1日中家にいて、
うちの嫁とは、毎日ケンカしています。

まず、親の言うことを聞かない、
夏休みの宿題や勉強をやらない、
部屋を散らか片付けない、

妹たちをいじめて泣かす、
そのくせ自分の主張は言う、
主張が通らないとすぐに怒り出すと、
あげたらキリがないのですが、
本当にストレスが溜まります
(嫁はもっと溜まってると思いますが)。

それと、自宅から徒歩2,3分に
嫁の祖父母が住んでいるのですが、
長男を可愛がり甘やかし、
しつけは親の仕事だから関係ないという感じなので、
それにも腹が立っています。

なにかにつけて、長男をかばってあまやかすので、
ことあるごとにばぁばの家に行きたいと言い出し、
終いには友達の家に行くと嘘をついてまで
祖父母の家に行く始末でほんと困っております。

そこで、私も催眠を習得して、
長男を言い方悪いですけど、
良い方へ操るというか誘導し、
祖父母にもきちんと教育するよう
誘導してやろうと思いました。

今、妊娠中の嫁のストレスを
少しでも減らしてあげたいのです!

これからも、催眠のメルマガ
楽しみにしてますので、宜しくお願いします!
=================

メチャクチャ子宝に恵まれてますね〜!笑

今どき珍しい大家族って感じですね。
素晴らしいと思います。

(でも現実的な話、養育費がメチャ掛かりますねw)

で、メールで頂いた内容なんですけど、
確かにこの問題は慎重に扱わないとですよね。

子供がいる人なら、みんなに共通する
悩みってか問題なんじゃないですかね。

(まぁ自分は子供1人もいないですけど..)

それで、実は私もその頃から
結構荒れてたんですね。

いっつも両親と大げんかして、
母ちゃんは大きな体をしてるんですけど、
(デブとは言いません。笑)
もう全力で押さえつけてきて…。

小学校も体育がある日だけしか行かない、
保健室に入り浸ってサボる、
毎日遅刻する、
宿題は一切やらない、
同級生をイジメる、
同じクラスの子を殴る、
妊娠している担任に机を投げつける…

もう、本当に挙げだしたら
キリがないんですけど…笑

とにかく、なぜか自分でも分かりませんが、
小学校の中学年くらいからそんな感じで
荒れてしまっていたんですね。

まぁ要するに、何が言いたいかと言うと、
私もその時期を経験したんですね。

平気で、自分の親に向かって、

「このクソババァ!」
「お前なんか早死にしろよ!」

とか、今では口が裂けても
言いたくないことを言ってました..。

で、本題はここからです。

まず、催眠術って言うのは、
本人が興味ないといけないんですね。

もちろん、知らない人とかに
興味を持たせる誘導法とかもあって、
それはまた温泉で先生から教えてもらいます。

が、多分その過敏な時期の男の子は、
催眠を受けようなんて思わないでしょう。

当時の私だったら、

「気持ちわり〜なぁ!」

とまたブチ切れて
大げんかしていたと思います。笑

だから結論を言ってしまえば、
子供に催眠を使うこともできますが
相手(被験者)の協力が必要です。

相手が拒絶しているのに
無理やり催眠を掛けるのは超難しいです。
(不可能とは言いませんけどね。)

でも、例えばその子供が
親に対して反抗しているのなら、
誰か他人が掛けることは出来ると思いますよ。

あと、奥さんに催眠誘導して、
ストレスを軽減して精神を落ち着かせたり、
幸福感情で満たしてあげることもできます。

これを催眠療法では、

『催眠情動調整法』

という技法として存在します。

それも温泉合宿(勝手に決めましたw)で
先生から教わりますよ〜。

じゃあ、今回のケースであれば、
どうすればいいのか?

となってくるわけですが、
このお子さんのケースでは
催眠と切り離して考える必要があります。

で、まず前提知識としては、
ちょっと考えにくいと思いますが、
実は、

『自分の子供も他人である』

ということをちゃんと
理解しなくてはいけません。

これは自分の両親に対しても
同じことが言えます。

もちろん、実際には血が繋がっていて、
家族であることは間違いないです。

でも、その家族であろうとも
自分とは違う人、つまり他人です。

なので、宿題をやらなかろうと、
部屋を掃除しなかろうと、それは
本人の『課題』です。

これはアドラー心理学を学んだことある人なら
モロ理解できるんじゃないかなぁと思います。

アドラーは、

『他人の課題と自分の課題を区別すること』

という話をしています。

つまり、宿題をやらないというのは
その本人の課題であって親の課題ではありません。

それを無理矢理やらせようとするのは
他人の課題に土足で入りこんでいるわけです。

だから反発が起こるんですね。

私たちには、

『感情リアクタンス』

というものがあります。

これはつまり、押さえつけられたら
その分だけ反発しようとすることです。

だから、欲求を押さえつけられると、
それが必ず他の部分で支障をきたし、
そしてどこかで爆発するのです。

その“爆発”とは病気の発症かもしれないし、
人間関係の崩壊かもしれない。

人によっては離婚かもしれないし、
どんな形で現れるか分かりません。

が、とにかく無理矢理
押さえつけようとすればするほど
リアクタンスが働くのです。

じゃあ、どうするのかというと、
答えは簡単です。

『課題を区別する』

です。

そもそも、なぜ宿題をちゃんと
やってほしいのでしょうか?

そもそも、なぜ部屋の片付けを
ちゃんとやって欲しいのでしょうか?

これはご本人しか分からないので
なんとも言えないですが、

おそらくですけど、

「ちゃんした子供に育って欲しい」
「親として躾(しつけ)をちゃんとしないと」
「真面目な道を歩んで欲しい」

そういった“親としてのエゴ”から、

「宿題をちゃんとしなさい!」とか、
「部屋をちゃんと片付けなさい!」とか、

無理にやらせようと
してしまうのではないでしょうか。

これは子育てだけじゃなくて、
全ての人間関係でも全く一緒です。

本人がどうなろうと、どうなりたいとか、
それはあくまでも『本人の課題』です。

私たち“他人”が介入するものではありません。

相手がたとえ子供だろうとも、
相手を無理に変えようとするのは

「念力」

と言います。

念力というのは、相手のエネルギーを
奪う行為なんですね。

分かりやすく言えば、

「自分の彼女は自分だけのものだ」

なんて思って束縛するとしますよね。

すると、それは「念力」となるので、
どんどん相手のエネルギーを奪うことになり、
お互いの関係が崩壊していきます。

あるいは、

「どうしてもあの子を自分の女にしたい!」

と言って、LINEを送ったりしていると、
それも念力なので相手のエネルギーを
奪うことになります。

ちなみに、ご飯を作るときにも

「美味しくなあれ」

というのは念力なんですね。

「美味しくなあれ」と言いながら
料理を作ると、相手が食べたときに必ず、

「どう?美味しい?」
「どう?お弁当美味しかった?」

と見返りを求める心理になります。

それでもし、

「今日のご飯美味しかったよ!」

とか言わなかった日には、
それはもう激怒ですよ…。

無理矢理「美味しいよ」とか
言わなくてはいけない関係っていうのも
それはエネルギーを奪われています。

なので要するに、「美味しくなあれ」と
“念じて”作ったご飯は、
食べる人のエネルギーを奪うんですね。

なので、目先の見返りを求める行為だったり、
無理やり相手を変えようとする行為とかっていうのは、
念力なので相手のエネルギーを奪う行為です。

すると、さらに相手は
反抗的になっていくんですね。

そこで大切なのが

『祈り』

です。

怪しく感じられるかもしれませんが、
これはかなり重要な概念なんですよ。

武術やってる人なら分かるかな〜。

念力と祈りの違いは何かっていうと、

・念力
⇒無理やり相手を変えようとする

・祈り
⇒どうなるかは天命に任せる

という感じです。

つまり、

「宿題やりなさい!」
「あんた部屋を片付けなさい!」

と本人に言う代わりに、

「どうか息子が宿題をやりますように」
「どうか息子が片付けを自分でしますように」
「どうか息子が兄弟を大切にしますように」
「どうか息子が幸せな大人になりますように」

と『天に』祈るのです。

本人に言ったり思ったりするのではなく。

そもそも「祈り」というのは、
言霊(ことだま)としては「意乗り」です。

つまり、

『意を乗せる』

ということ。

要するに

『意(エネルギー)を乗せる』

ということです。

これは、相手からエネルギーを奪う
「念力」とは正反対の行為です。

天にエネルギーを乗せることで、
それが自然と相手に届くようになるのです。

私たちって、目には見えないですけど
無意識で宇宙全体と繋がってるんですね。

だから、地球の裏側の人たちとも、
私たちはエネルギーで繋がっているのです。

なので、祈りをすることで、
そのエネルギーって相手に届くんですよ。

もちろん、届くまでの時間に
法則性はないんですけど。

だから例えば、

「このメルマガを読んでくれている人に
光が届いて幸せな人生になりますように」

と天に『祈り』ながらメルマガを書くことで、
そのエネルギーは必ず読み手に伝わります。

これがもし、

「このメルマガを読んでくれた人が、
もっと俺のことを凄い人だって思うように」

なんて念じながら書いたとしたら、
読んだ人は知らない間にエネルギーを
奪われるんですよ。

この『祈り』の状態と「念力」の状態で
書いたメルマガは、全く別物になります。

そもそも書く内容が変わったり、
使う単語や言葉も変わりますからね。

もし私が念力の状態で書いていたら、
ここまで本気で長文を書くことはないでしょう。

でも、読んでくれた人の生活や人生が
少しでも良くなって幸せになったらいいな、
という祈りの気持ちがあるから本気で書けます。

こういう『祈り』と「念力」の違いとかは、
武術をやるとハッキリ分かるんですけどね。

無理やり相手を押さえつけようとしたら(念力)、
相手を倒すことってできないんですよね。

その分だけ反発してくるから。

でも、力を抜いて相手を守ろうとすると(祈り)、
簡単に相手を倒すことができるんですね。

相手は念力だと抵抗してしまうんですけど、
祈りだと抵抗しようがないんですよ。

だから、今回のお子さんの件にしても、

・それぞれの『課題』を区別する
・念力で相手を無理に変えようとしない
・自然に相手が変わるよう”天に”祈る

ということを意識していくだけで、
家庭環境がガラッと変わりますよ。

ちなみにHさん!

本気で解決したいなぁと思うなら、
ぜひとも、

書籍:アドラーの嫌われる勇気
映画:祈りの力(war room)

をチェックしてみてください!

映画に関しては、ちょっとキリスト教色が
強いのですが、そのフィルターを外せば
マジで最高の映画ですよ。

絶対に奥さんと一緒に観てください!

今抱えている問題が
間違いなく解決しますので。

この映画は、上場している大手企業の
経営コンサルタントの方から
めちゃ勧められたものです。

他の方もぜひ1度は
「家族と」見てみてください!

念力と祈りの違いによって、
家庭環境や人間関係、そして人生が
どう変わっていくかハッキリと分かりますよ。

ということで、ちょっとだいぶ
脱線して長くなってしまったのですが、

かなり大切なことだったので
書かせていただきました。

最後にもう1度、
みんなで行く温泉合宿ですが、

9月9日(土曜日)
9月10日(日曜日)

になりますので、
今からガチで確保しておいてくださいね〜。

それではまたメールします。

西野ゆきひろ

Pocket