情報発信ビジネスの教科書|情報発信で確実に成果を出す方法とは?

Pocket

この記事のライター
こんにちは、西野です。

今回の記事では、情報発信ビジネスについてとことん解説しました。

では今日もがっつりビジネス力を磨いていきましょう!

この変わった男を知らない人はこちらのプロフィールを参考にしてください。

変態プロフィール 
被害者の声

あれは確か3年前のことでしょうか。

私がインターネットの世界に出会ったのは。

それまで私は、風俗店に勤めてみたり、刺青を入れてみたり、ギャングに入ってみたり、色んな経験をしてきました。

そういう過去の経験が、インターネットの『情報発信ビジネス』に出会ったことによって、すべて意味を持つようになりました。

. 情報発信ビジネスとは?


後ほどお話しますが、情報発信というのは、分かりやすく言えば「キャラクタービジネス」と捉えることができます。

そのキャラクタービジネスとは何かというと、例えば自分がミッキーマウスになって、自分を好きになってもらう、みたいな感じです。

まぁ、笑

ミッキーマウスになるのは、私はごめんですが、要するに「自分が商品になる」ということです。そう、『あなた自身が商品』ということです。

インターネット上では、色んな人が商品やサービスを販売しています。

そして、膨大な数の人たちが同じような商品を販売しています。

例えば私で言えば、コピーライティングの講座をやっているのですが、コピーライティングの本や教材なんて、世の中にたくさん存在します。

でもなぜ、同じ商品を売っている人がいるのに、商品が売れるのか。

なぜ、他の商品を買った人でも、同じジャンルの商品を買ってくれるのか。

それこそが『情報発信ビジネス = 自分自身が商品』と言われる所以(ゆえん)なり、です。

1 – 1. “あなた”がビジネスである

つまり、『あなた』という存在をみんなに好きになってもらって、「あなたが売っている商品」を買ってもらうのが、情報発信ビジネスです。

つまり、あなたが売っている物だったらなんでも構わないのです。

でも、ほとんどの人が、「自分が商品である」とは考えていません。

例えばこピーライティングの講座を販売している人は、「自分はコピーライティングの講座を売っている」と”勘違い”してしまいます。

そう考えてしまうと、他にもある同じような講座と変わらないので、誰も買ってくれなくなります(少しはいるかもしれません。)

でもあなた自身が商品になれば、他に同じような商品があっても関係なくなります。「あなただから買う」という状態になるからです。つまり、こういうちょっとした意識の差で、売上げが大幅に変わってきます。

まずは『あなた自身がビジネスである』ということを理解しましょう。

1 – 2. ファンビジネスである

あなた自身が商品であるなら、ミッキーたちと同じように「あなたのファン」を増やしていく必要があります。

ファンがいなければ、あなたの商品を買ってくれる人はいません。なので、あなたが最初にやらなければいけないのは、「自分のファンを増やしていく」ことです。

例えば、分かりやすいのはユーチューバーですよね。あとはタレントさんとか。

彼(彼女)らは、自分自身が商品、広告塔になって、ファンを作っていきます。

「えぇ!ああやってテレビとか動画で自撮りしなくちゃいけないのー!!」

と思われるかもしれませんが、安心してください。

インターネットを上手く活用すれば、派手に活動しなくても、ファンを増やしてご飯を食って贅沢もしていけるだけの収入を稼ぐことができます。

不利にはなりますけど、顔出ししないでも情報発信ビジネスはできます。なぜなら、『顔が見えないキャラクター』を生み出せば良いからです。想像力を掻き立てるのです。

顔出ししないってことも出来ますが、それならやはり時間をかけていく必要があります。

だって、顔が出ているサイトと、似顔絵だけのサイト、どっちのほうが信用できそうですかね?

まして、顔を出さずに他人を叩いたり、悪口を言っていたらどうでしょう。信用できないですよね。ちょっと異常です。私の良心にはできません。

もちろん、批判自体は良くないんですけど、せめて顔を出している人だったら、「あ、この人、責任を持って発言してるんだな」と思えます。

顔を出す出さないで、信頼性は大きく変わってきます。

なので、顔を出して情報発信したほうが非常に効率的ですが、かといって不可能ではなく、時間を掛ければ顔を出さなくても稼げるようになります。

(正確には、広告を掛ければ時間を短縮することも可能です。その場合は「時間をお金で買う」という感覚です。)

そうやって、顔を出す出さないにしても、ファンを作っていくことだけは変わりません。

それは歌手や俳優さんもそうですし、漫画家や絵を描く人も同じです。ゴルフのトレーナーも、何かのコーチの人も、自分のファンを作っていくのが私たちのビジネスです。

つい先日、起業家の友人たちと新宿で飲んでいた時に、教えてもらっているゴルフのトレーナーさんが凄い人なのに、お金持ちを相手にしているのに、月に30万円しか稼げていないという話を聞きました。

これは衝撃です。わざわざ、東京から一緒に北海道に行って、お金持ちの社長さんたちに2〜3日間レッスンをしているというのに、稼げても月に30万円なのだそうです。

これは非常に悪い例です。

ここでもし、自分は「ゴルフのレッスンを売っている」と思っているとしたら、周りのゴルフトレーナーと同じような価格しか設定することができなくなります。

それはそうですよね。他のトレーナーのレッスンとの違いがないわけですから。

でも、もし「自分が商品である」という意識を持って、自分のファンを増やしていくようにしたら、それだけで差別化になります。つまり、相場は関係なくなる、ということですね。

「“あなたの”レッスンを受けたい」そう思われるから。

なので、私たちはたとえどんな商品を売って、どんなジャンルのビジネスをしていようとも、自分のファン作りが、利益へと直結します。

その詳しい方法は、これからこの記事でたっぷりお話してきます。

1 – 3. 人生そのものがコンテンツである

繰り返しますが、情報発信ビジネスは「あなたが商品」であり、「あなたのファンを作る」ことです。

そこで行うのが「インターネット上での情報発信」なわけですよね。また後ほど詳しくお話しますが、ブログやSNS、メルマガなどを使っていきます。

そうやって情報発信する内容というのは、大きく分けて以下の2つに分けられます。

・役に立つ発信
・純粋に楽しめる発信

これらの発信ネタをどこで見つけてくるのかというと、それが「日常のありふれた瞬間」です。そう、『日常のありふれた瞬間』です。

実は、私たちはただ生きているだけでも、色んなことを経験し、そしてそこに学びが隠れています。

たまご料理を作ったときにだって、実はたくさんの学びが隠れています。

例えば、たまごをフライパンの上に落としたときに、目玉焼きも作れるし、オムレツを作ることもできます。あるいは、半熟たまご焼きだって作れてしまうでしょう。

同じたまご1個にしても、そこから色んな食べものを作ることができます。

「何を作ろう」という考えかた一つの違いで、色んなパターンを生み出せるということです。

これは私たちがする全ての経験にも同じことが言えて、おんなじ経験をしても、「何を学ぼう」という考え方一つの違いで、色んなパターンの学びを得られるということです。

そして、その色んなパターンの学びをシェア(情報発信)することで、世の中の人の役に立っていきます。

あなたが学びになったのであれば、それは他の多くの人にとっても学びになるからです。

…というように、たまごを焼くという経験1つにしても、そこから色んな学びを見出すことができ、そしてそれら全てがコンテンツになる、ということです。

つまり、日常の全てが情報発信のコンテンツになる、ということです。

それを例えば、さきほどのたまご焼きのように、そこから単に楽しめるコンテンツにするのか、それとも自分を知ってもらうコンテンツにするのか、あるいは学びコンテンツにするか。

『人生そのものがコンテンツである』と捉えれば、そうやって色んなパターンで使い分けることができます。

この「目の前の物事からなにかを見出す」というスキルをどんどん磨いていったほうがいいです。

この力は生まれつきとかではなく、常に意識していくことで磨かれていきます。ただ、「あ、今のはどんな学びがあるだろう」と考えるだけで上達します。

大事なのは、ボ〜っと生きていくのではなく、「常に自分は成長している」という感覚を持って生きるということ。そうすれば、「目の前の物事からなにかを見出す力」は自然と磨かれていきます。

よく「ブログ記事や発信のネタに困る」という人がいるのですが、それはこの力が弱っているからです。

この見い出す力は、磨いていったとしても、使わなくなったらすぐに鈍くなります。どの技術も一緒ですね。

なので、普段から「成長している」「どんな学びを得られるか」と考えているだけで、発信するコンテンツのネタがたくさん溢れてきます

私は、今はスケジュール的にやっていませんが、前に毎日メルマガを書いていました。6ヶ月間、休まず毎日、講座などのメルマガを書き続けていました。

そこで「凄いですね」と言われていたのですが、すごくもなんともありません。

これは、たまごが先か、にわとりが先か、みたいな話になってきますが、アウトプットしていれば勝手に「コンテンツを生み出す力」が磨かれていきます

みんな、アウトプットしないから目が鈍くなってネタに困るわけですが、なんでもいいから、無理やりでもアウトプットを続ければ続けるほど、勝手にコンテンツ力が磨かれ、ネタに困ることがなくなります。

なので、「人生全てがコンテンツである」というのが、私が考えている「情報発信ビジネス論」です。

. 情報発信ビジネス3つの『エキス』

私は、今の時代では全てのビジネスが「情報発信ビジネス」を取り入れるべきだと思っています。

いや、これは私だけの考えではなく、取り入れていない人たち自身も頭の奥深くでは分かっているはずです。ですが、「詳しくないから」と遠ざけてしまっているのでしょう。

インターネットを使えば、私たちのような小さな個人でさえ、大企業と同じ土俵で、肩を並べて世の中に自分のファンを作っていくことができます。このネットほど強力な媒体はありません。

ただし、むやにやたらにインターネットを活用してみても、まったく効果を出すことができないのも事実です。

とはいえ、そんなに難しいことではありません。

自分のファンになってもらうには、大きく分けて3つのエキス(ポイント)があります。自分を好いてもらうための考え方です。

これは異性関係でも全く同じことが言えます。

自分を気に入ってもらう、好いてもらう、つまりファンになってもらうわけです。そのときに押さえておくべき3つのエキスをご紹介します。

2 – 1. 人は「人」を求めている

そう、人は人を求めています。

いくら引きこもって、二次元の漫画やゲームに没頭していたとしても、そこには必ず「人間味」を求めています。

私たちは人が大好きなのです。そう思いませんか?

私たちは、シカの交尾映像を繰り返し見ようとは思いません。

ですが、人間同士のラブシーンならテープが擦り切れるほど繰り返し見てしまうのが、盛(さか)っている男の子ってもんです。

世のお母ちゃん方、例え息子の部屋にエロ本があったとしても、許してあげてください。笑 
本人ならほどほどにね。笑

と、とにかく私たちは「人」が大好きです。

だから例えば、まったく人間味のしない、お店のホームページとかだったらどうでしょう。

そこで働いているスタッフも、どういうお客さんがいるのかも分からない、むみ寒風(かんぷう)のホームページだったら…

人は、そのホームページを見て、お店を気に入ることはないでしょう。

しかし逆に、そこで働いているスタッフの写真、好きなもの、「私がゴリ押しする!」とか書いてあったり、お客さんたちの写真とかがあったらどうでしょうか。

間違いなく、前者よりも好感を持てるし、そこに「温かさ」を感じます。そう、“温もり”です。

だから、ホームページやブログ、ランディングページの文章などにも、必ずそこに『温もり』を込めていきます。

ちょっとした文章にしても、そこに人間味を加えていきます。

例えば、私の「ちょっとした」みたいな単語一つにしても、学校で習うような言葉遣いではありません。明らかに、喋っていて出てくる言葉です。

こうやって、その1つ1つに人間味を加えていきます。

だから、さきほど情報発信ビジネスは「ファンを作る」と言いましたが、人間味を出していくことで、その文章を読んでくれた人が、親しみを持ってくれやすくなります。

間違っても、大学の論文のような言葉遣いはナンセンスです。

仮に難しい話をしたとしても、そこにその人の人間味を加えていくと、温もりが込められ、人を引き寄せる磁石のようになります。

2 – 2. 差別化とストーリー

そうやって、あなたなりの「人間味」を出していくことで、自然と「差別化」がされていきます。

世の中にはたくさんの情報があり、いろんな人のブログやFacebookなどがあります。つまり、そこには膨大な数の人たちの発言(発信)が溢れているということです。

だからこそ、あなた特有の“温もり”を込めて、あなたが唯一無二の存在になっていく必要があります。

そのために、ある人は漫画やイラストを使い、ある人は写真や動画を使うなど、色んな方法で差別化をしています。

そして、自分なりの温もりを込める以外にもう1つ、差別化をするうえで“最も効果的な”ものがあります。それが『ストーリー』です。

先ほど、情報発信ビジネスとは「自分が商品」であり、「人生全てがコンテンツ」だという話をしました。

つまり情報発信では、あなたの過去も今の日常も、そして未来も全てがコンテンツとなるわけです。

そして、『あなただけの(人生の)ストーリーが唯一無二の存在となる』究極の差別化となります。

例えば、まだ読んだことがない人は私のプロフィールを読んでみてください。

変態プロフィール 

人は、ストーリーを求めています。そのため、世の中にはストーリーで溢れています。

漫画、アニメ、ドラマ、映画、小説、、

あらゆる大人気エンターテイメントには、必ずストーリーがあります。そして、人はその「ストーリー」にのめり込み、共感し、感情移入し、疑似体験をします。

なので、ストーリーを相手に読み聞かせるだけで、人はその人に共感し、親しみを持ち、そしてファンになる一歩を踏み出します。

もし仮にあなたがどんなビジネスをしていたとしても、どんな会社をやっていようとも、そしてどんな商品を売っていたとしても、そこには必ずストーリーがあるはずです。

会社誕生の秘話、あなたが発信するに至った今までの経験、商品開発の秘話、、

そういったストーリーを語ることで、世の中の人は親しみを持ってファンになってくれるのです。

ただし、単にストーリーを語ればいいのか、というとそういう訳ではありません。

この世の全てのものに隠と陽があるように、ストーリーにも良いストーリーと悪いストーリーがあります。

一見、ストーリーを語っているように見えるけど、実は全く共感できなかったり、、ということがあります。

とはいえ、良いストーリーを書くことは、そんなに難しいことではありません。誰でも、多くの人の共感を集めるストーリーを語ることができます。

その良いストーリーには『人が共感する構成(流れ)』という決まった型というものが存在します。

それはまた非常に奥が深くなるので、独立した記事をすぐに書きますので少々お待ち下さい。

ただここで少し触れておくと、良いストーリーには必ず「浮き沈み」があります。

悪いストーリーは、とんとん拍子で上手く行ってしまった、という流れです。そこに苦労も葛藤もないものです。

しかし、私たちのリアルな人生というのは、苦労や葛藤の連続です。

だから、悩んだことや葛藤、苦労話などがないストーリーには共感ができないわけです。が、逆にそこをちゃんと入れたら、どんな人でも共感してくれる良いストーリーになります。

なので、ストーリーラインには必ず「浮き沈み」を入れることが大切になります。

そうやって、ストーリーを語ることが、混沌とするネット上で唯一無二の『絶対的なオリジナル』として差別化することができる方法です。

2 – 3. ターゲットと理想の世界

そして、情報発信ビジネス3つ目のエキスは『ターゲットと理想の世界』です。

これは情報発信だけに限った話ではないのですが、ビジネスはとにかく『ターゲット』が重要になってきます。

明確なターゲットがなく、「こんな人かな〜」とボヤッとしていると、そのビジネスは上手くいきません。

ほとんどの「稼げいない人」「上手くいかない人」というのは、ターゲットが不明瞭です。

例えば、ダイエットサプリを販売するに当たっても、ただ『30代の女性』ではまず失敗します。しかし、

・33歳
・独身
・キャリアウーマン
・そろそろ結婚に焦りを感じている
・仕事に忙しく、趣味の時間が取れない
・たまに合コンやお見合い会に参加する
・なので運動する時間がない

などなど、とにかくターゲットを細かくすることからビジネスは始まります。

ターゲットを絞ることで、彼/彼女らがどんな言葉に興味を持ち、どんな言葉に反応するのかが分かります。

そして、ターゲットを明確にすることと同時に、

・その人にどうなって欲しいのか?
・どんな新しい世界へと連れて行きたいのか?

も明確にしておくことが大切です。

この『ターゲット』と『理想の世界』はセットで考えます。ターゲットだけでもダメだし、理想の世界を先に決めても、ターゲットとズレたコンセプトや訴求メッセージになってしまいます。

なので、この2つは必ずセットで考えましょう。

ちなみに、先ほどの女性向けダイエット商品を販売するとしたら、

「仕事も恋愛も両立し、さらに趣味でも充実した毎日を手に入れてもらう」

というのも1つ考えられます。

この理想の世界は色々と変えていくことができます。つまり、あなたが心から思うものを決めることができるわけですね。

なので、あなたのターゲットとなる人がどんな未来を手に入れて欲しいのか?を考えてみましょう。

そして、日々のブログ記事やコンテンツ、商品なども全てこの『理想の世界』に向かっていくものにしていきます。

. 情報発信の始め方

それでは、実際に情報発信ビジネスをどのように進めていくのか?

ですが、まずはとにかく集客、つまり『自分のファン』を集める必要があります。そのために必要なのが「自分の媒体」です。

3 – 1. あなたの媒体を構築しよう

そこで一番に取り組むのが『自分の媒体作り』です。

あなたが今読んでいるこの記事も、私のブログであり、私のメディアです。これを「オウンドメディア」と呼びます。つまり「自分の媒体」という意味です。他にも、SNSを使ったりもしますが、順番にお話していきます。

3 – 1 – 1. オウンドメディアは『心臓部』

オウンドメディア(ブログ)はまさに、自分の主軸となる媒体です。インターネット上での、あなたの「心臓 」に該当すると考えてみてください。

この心臓があるからこそ、手や足となるSNSなどが効率的に使えるようになります。

なので、まず最初にオウンドメディア(ブログ)を構築しましょう。

この私の記事もそうだし、他の記事もそうなのですが、1度書いた(作った)コンテンツは、どんどん積み立てられていきます。

確かにオウンドメディアって、開設当初は記事を書いてもなかなかアクセスが来ないので、モチベーションが下がってしまいます。

しかし、そこを乗り越えられた「ごく少数の人々」だけが、情報発信ビジネスで継続的に集客を安定させることができます。

ただし、このオウンドメディアのコンテンツ(記事)って、大きく分けたら2つに分けられるんですね。それが、

・集客用コンテンツ
・ファンコンテンツ

この2種類です。

集客コンテンツは文字通り、「集客」を優先度の一番において作るコンテンツです。

それには「キーワード選定」が非常に重要なカギを握っているのですが、もし詳しくオウンドメディアでのキーワード検索からの集客を知りたい方は、『戦略的にブログアクセスを集めるお宝キーワード発掘法』の記事を合わせて参考にしてください。

オウンドメディアの作り方に関しては『ムームードメインとXサーバーを使ってワードプレスを作る!』を参考にしてください。

そして2つ目のファンコンテンツは、主に「自分のファンになってもらう」ということを念頭において作るコンテンツです。

このコンテンツでは、オーガニック検索からの集客というよりは、自分のことをより知ってもらう、自分はどういう人間で、どういうことを考えて生きているかを伝えます。

例えば私のメディアで言えば、以下の2つの記事は、ファンコンテンツの代表的な例です。

浜崎あゆみを「激太り・劣化」と誹謗中傷するあなたに伝えたいこと
『青年葛藤記』デリヘルトリップの章

このように、オウンドメディアを構築していくと、記事/コンテンツが蓄積されていき、長期的にネット上で集客とファン化をするための心臓となります。

なので、もしあなたが情報発信をして1000万円や2000万円と稼いでいかれるなら、1秒でも早くオウンドメディアの構築に取り掛かることをお勧めします(私が後回しにしていて、非常に後悔したので)。

3 – 1 – 2SNSからの集客

オウンドメディアが自分の心臓に当たるなら、SNSはまさに「手足」と言えます。

例えば私はFacebookを主に活用していて、広告集客と無料集客をしています。

オウンドメディアで書いた記事をFacebookでシェアしたり、Facebook広告を回して別ルートで集客しています。

他にもTwitterYouTubeなどがあり、それらをオウンドメディアと連動させることで、さらに効率的な集客が可能になります。

私のこのメディアではやっていませんが、健康系ブログのほうでは、YouTubeでアップした動画をオウンドメディアにも貼って、両方に使っています。

そして、YouTubeで動画から知った人が、コメント欄からオウンドメディアに流れてきて、そこからリスト集客ができます。

また同時に、オウンドメディアのコンテンツが充実していくことになるので、結果的に検索からの集客も増えていきます。

顔出しするしないは別として、FacebookYouTuneなどのSNSも絡めて使っていくと良いでしょう。

3 – 1 – 3. メルマガ読者を増やす

そして、オウンドメディアに集客する最大の目的が『メルマガ読者を増やす』ということです。

自分のメルマガを読んでくれる人を増やすことが情報発信ビジネスの「肝心要」です。

もちろん、オウンドメディア上で商品を紹介してもいいのですが、オウンドメディアは積極的な交流ができません。

しかし、メルマガに登録してくれている人とは、こちらからメールを送ることができるし、また気軽に返信をもらうこともできます。

そうして、メルマガ読者さんと交流を深めて、信頼関係を構築したら、なにか企画を打ち出したり、講座を提案して、ビジネスをしていきます。

なので、FacebookYouTubeなどのSNSも、そしてオウンドメディアも、この『メルマガ読者を増やす』ことを根底において使っていきます。

ちなみに、メルマガというのは、私たちのような個人でも簡単に発行することができます。

こういうのを「メルマガスタンド」というのですが、無料でメルマガ発行できるものから、有料で高機能なメルマガを発行できるものまで、バリエーションは豊富です。

主に、代表的なメルマガ配信スタンドを並べておきます。

まぐまぐ(無料発行可能)
マイスピー(有料)
アスメル(有料)
エキスパ(有料)私が使用

一概にどのメルマガスタンドが優れているとは言えないので、色々とサイトを見て、自分の中でピンと肌で感じたメルマガスタンドを利用すると良いでしょう。

ただ、もし迷ってしまう人は、私や私の起業家仲間、先輩たちがみんな使用しているエキスパにしておくとよいかと思います。エキスパは情報発信ビジネスでより効率的に稼ぐための機能が充実しています。

. 情報発信ビジネスで確実に収益をあげるために

それでは最後に、情報発信ビジネスで確実に成果を出し、年間で1000万、2000万、3000万円という収益を生み出していくために重要なことをご紹介します。

4 – 1. ライティング力を磨け!

これはまず絶対なのですが、とにかくライティング力を磨きましょう。

こういったブログもそうですし、Facebookでもなんでも、ネット上コンテンツのほとんどが「文章」で形成されています。

また、動画や音声にしても、流れや構成の台本を用意して、それから動画/音声コンテンツを作っていきます。

なので、まず大前提として情報発信ビジネスでは「ライティング力」、つまり文章力が大きなポイントとなってきます。

とはいえ、難しい言葉や表現を覚えなくちゃいけない、というわけではありません(もちろん、覚えても武器になります)。

そうじゃなくて、「思わず読み進めてしまう文章」というところがポイントです。

つまり、文章でもなんでも、相手を引き込む力をつけないと、情報発信ビジネスでは生きていけません。

ですが、これは誰しもが後天的に身に着けられる力なので、安心してください。

もしこういったWebライティング力を習得したい方は、以下の記事を参考にしてください。ライティングについて膨大なコンテンツが詰まっています。

コピーライティング基礎講座【無料トレーニングレッスン】

4 – 2. 日常全てがコンテンツだと思え!

繰り返しになりますが、情報発信ビジネスでは「あなた自身」が商品になります。あなたのファンを増やしていくことがビジネスに繋がるからです。そこに、顔出しするしないは関係ありません。

そうなってくると、あなたが日常で経験すること、考えることの全てがコンテンツ(記事や商品)になっていきます。

例えば、こちらの記事「『青年葛藤記』デリヘルトリップの章」では、私が四国や大阪に行ったこと、デリヘルを呼んでみたことを書いています。

このように、「デリヘルを呼んだ」ことでさえ、コンテンツとなり、しかもそれがビジネスとなってしまうのです。

まさに情報発信ビジネスは『日常全てがコンテンツ』となる典型的な例です。

ですから、これからあなたが情報発信していくのであれば、毎日、一分一秒を大切にして、全てから学びを得ようという姿勢を持たれることをおオススメします。

そうすれば、風俗に行ったり、温泉に行ったり、何をして遊んだとしても、それら全てから学びを得て、それを世の中に情報発信して、ビジネスを展開していくことができます。

4 – 3. 価値を「積み上げていく」意識を持つ

私のこのオウンドメディアをご覧いただければ分かると思いますが、記事/コンテンツを作れば作るほど、それがどんどん蓄積されていきます。

そして、あなたが今まで作ってきたコンテンツが誰かの役に立つのであれば、それは『価値』となります。

つまり、コンテンツは作れば作るほど、それがたくさんの価値となるわけです。

なので、情報発信ビジネスに取り組む人は、1度作ったコンテンツは“使い捨て”ではなく「価値を積み立てていく」という意識を持っておくと良いでしょう。

そうすれば、これまで作ってきたもの、そしてこれから作っていく全てのコンテンツが、膨大な価値となり、結果的に、収益も多くなっていきます。

4 – 4. 常に進化し続ける

そして最後は「常に進化し続けること」です。

既知のとおり、情報発信ビジネスとは「自分自身が商品」です。なので、これから先もずっとあなた自身が商品であり、あなたのファンを増やしていくことになります。

ですから、もしあなたが現状に満足し、停滞していたらどうでしょう。

当然、発信内容やコンテンツのネタがなくなっていきますよね。そして、ファンが付いてきてくれなくなってしまいます。

しかし、長く売れ続けるアーティストからも分かる通り、ずっとファンが付いてくる人というのは、「常に進化し続けている人」です。

だから、ビジネスに対する取り組みもそうだし、色んなことを学び、体験し、そして成長していくことが、情報発信ビジネスで稼ぎ続けていくための秘訣です。

実際、私は稼げるようになってからも、常に色んなことを学び続けています。そして、自分の価値を高め続け、それをみんなにも共有し続けています。

だから、本当に2〜3年前からずっとメルマガを読み続けてくれている人もいて、私の読者さんや会員さんは、古くからの人も多いです。

そうなれば、古くからの人と新しくファンになってくれる人が増えていくことになるので、つまり収益が大きく増えていきます。

そう、最大の秘訣は『進化し続ける』です。

まとめ(情報発信ビジネスで稼ぐには)

今回の記事では、「情報発信ビジネスで稼ぐ」ということに重点を置いてご紹介しました。

本文でも触れましたが、情報発信でなによりも大切なのは、

・価値を積み上げる
・自分の価値を上げ続ける

この2つです。

この2つのポイントを抑えて取り組めば、間違いなくあなたも情報発信で成果を出し、インターネットから大きな収入を生み出し“続ける”ことができるでしょう。

ぜひ参考にしてみてください。
それでは今回はこの辺で。

ありがとうございました。

西野ゆきひろ

追伸:

情報発信ビジネスで必須のライティング技術を習得した方は、こちらの記事で勉強してみてください。

コピーライティング基礎講座【無料トレーニングレッスン】

また、情報発信で具体的にどうやって稼いでいくか知りたい方は、以下のページから会員限定レポートを無料ダウンロードできますので、必ず目を通してみてください。

新教祖ビジネスとは?

また、ブログ/オウンドメディアで集客することを詳しく知りたい方は、以下の記事が参考になるはずです。
戦略的にブログアクセスを集めるお宝キーワード発掘法 
笑ってしまうほどネットの商品成約率が上がる無料コンテンツの秘密 

Pocket

みんなにも教えて喜ばせてあげよう!