浜崎あゆみを「激太り・劣化」と誹謗中傷するあなたに伝えたいこと

Pocket

この記事を書いている人
Webセールスライター
西野ゆきひろ

この変わった男を知らない人はこちらのプロフィールを参考にしてください。

変態プロフィール 
被害者の声

こんにちは、あなたを怪しい世界に導くアダルトな西野です。

ちょっと前から、

「あゆの激太りがヤバいw
「もう経年劣化やなw
「早く引退させろよw

みたいな声をネット上の色んなところで目にするようになりました。

そして、ここからは非常に「怪しい」話であり、あなたを“アブナイ”世界へと引き込むことになります。

なので、恐怖で「ブルブル」震えてしまう人は今すぐこのページを閉じたほうが安全かもしれません。

ですが、少しでも「な、なんなんだ…この世界は…」と未知なる世界感を味わってみたいという、ド変態さんはこのまま読み進めてください。

この記事では、あゆのこれまでの生い立ちとか、過去の恋人とか、最近はどういう活動をしているとか、そういうものに一切触れません。w

期待はずれでした?ごめんなさい。
でも、記事を最後まで読んだ後は、1つの映画を見終わった後みたいに考えさせられると思いますよ。

で、最初にも触れましたが、最近の「あゆ」について、本当にディスりが凄いですよね。

アンジェリカ(敬称略)にも、乾癬(かんせん)の病気に対して、色んなネット批判がありました。

そういう、あゆとかアンジェリカに限らず「誰かを誹謗中傷すること」を今回は「カルマ」という視点で見ていきたいと思います。

ここでもうすでに、

誹謗中傷家
カルマってコイツ、、さてはどこの宗教の差し金だーっ!

となる人もいるでしょうが、まぁ一旦、心を「ふぅ〜」っとリラックスして、私の話に耳を傾けてみてください。色々面白いと思いますよ。

. そもそも、なぜ病気になるのか?

ちょっと本題に入る前に、ほんの少しだけ寄り道。

あなたは、生まれてからいままで、1度でも病気になったことはありますか?

おそらく、ほぼ全員が「はい」と答えるでしょう。

でも、なぜ私たちは病気になるのでしょう。考えたことありますか?

正直、この答えは突き詰めれば奥が深すぎて、私が軽く扱えるテーマではありません。

ですが、ただ1つ言えることは、健康になるために病気になる、ということです。

誹謗中傷家
「じゃあ、生まれながらの病気はどうなんですかぁ!」

ってなるかもしれません。

でも、それはまた深い話になるのでここでは置いておきます。

とにかく私たちは病気になることで「死」を免れているんですね。

だって、例えばあなたが毎日、お酒を浴びるように飲んで、脂っこい揚げ物やポテチをたくさん食べて、常に不健康な生活をしていたとしたら、、

それでもし、痛みや異変を気付けない身体だとしたら、おそらく気付いときにはすぐに死亡するでしょう。

何が言いたいかというと、「病気はサインを発している」ということです。

身体
ここが異常だよ!!気付いてよ!うんち漏れてるよ!オギャーッ

などというサインが病気であり、これは私たち生物にとって重要な意味を持つ「生きるための機能」です。空腹になったらお腹が空いて、ケガをしたら痛みを感じて(だから感じない人はかえって危険です)。

病気もこれらも、生命として生きていくための立派な「生存機能」なのです。

こういった、死なないようにバランスを保って、何か異常があったらサインを出してくれたりなど、より安全に生存できるように一定を保とうとすることを「恒常性」と言ったりホメオスタシスと言ったりします。

例えば私たちは、窒息死しないように自分の頭で考えなくても勝手に息を吸えます。

自分の頭で考えずに、身体のバランスを取ったり、寒かったら身体を震えさせたり、逆に汗を放出したりします。

これが「恒常性」という機能です。

でも、なぜいきなり、あゆやアンジェリカの話から、こういう話をしているのか?

段々あなたも、分からなくなってきたかもしれません。

が、これから詳しくお話ししていきますので、あなたも最後まで話を聞いたあとには、「幸運に恵まれる生き方」を手に入れることができるでしょう。

例えば素敵な人と出会えたり、今のパートナーと問題があっても円満になったり、

とにかく「幸運」に恵まれるような生き方を手に入れることができます。

あなたにとってもダイレクトに影響し、夢や目標を叶えていくための「武器」を共有します。

. 僕らには無意識がある

で、話を「恒常性」に戻しますが、私たちには色んなレベル(次元)で、一定を保とうとします。

例えば、先ほど挙げたように、「呼吸をする」「体温を一定に保つ」というのは、私たちの身体、つまり肉体的なレベル(次元)での『恒常性』です。

そして、「失敗したくない」「この関係を壊したくない」などは、心のレベル(次元)での『恒常性』です。

例えば、あまりスピーチなどに慣れていない人が、人前で話をしようとすると、心の中で緊張が起こり、それが肉体的の次元に落ちて「身体がブルブル震える」という現象を起こします。

これは、自分がよりリラックスしていられるように、心から身体にメッセージを送り、危険信号として身体が震えています。

つまり、“心の中でも恒常性は働く”ということです。要するに、心を一定に保とうとするのです。

そして、肉体、心と来て、その上にある次元の『恒常性』が「徳とカルマ」です。

肉体的には「病気と健康」、精神的(心)には「緊張と緩和」、そして無意識的には「徳とカルマ」が『恒常性』に当たります(そういうパラダイムがある、くらいで捉えてください)。

そう、私たちには無意識にも恒常性は働くのです。

私がさっきから「精神的・心」と言っているのは、ここでは顕在意識に当たります。

そして、無意識が潜在意識のことです。

なんかワケが分からなくなってきた…

という方は、簡単にこう考えてみてください。

例えば、あなたが誰も見ていなくても、なにか他人に迷惑が掛かることをやったとします。

例を挙げるなら、酔っ払ってひとんちの駐車場でオシッコをしたとか、小さいころに万引きをしたとか、誰かに嘘を付いたとか、、

そういう「誰かを傷つける行為」とか「本当はダメだと分かっているけどやってしまったこと」というのは、あなたの無意識(潜在意識)に残っています

脳に刻み込まれているのです。

ちなみに、私たちは「記憶力が弱い」と思われるかもしれませんが、脳はほとんどのことを覚えています。ただ、引き出せないだけです。

なので、ふとした瞬間に過去のことを思い出して、「なんで今これを思い出したんだろう…」なんて感じたりします。

それは、顕在意識では忘れていても、潜在意識ではいつまでも覚えているからです。

つまり、あなたが嘘を付いたりだとか、何か

・イケないと分かっていてもやってしまうこと
・他人に迷惑を掛けること

をすると、それは無意識の中で「罪悪感」としてしっかり残っていきます。

たとえ顕在意識では罪悪感を感じていなかったとしても、それは自分の潜在意識(脳)の中にしっかり刻み込まれているのです。

そしてそれを「カルマ」と呼びます。

イメージとしては、道端にポイ捨てをするとしますよね。若い頃は私も平気で、車を走らせながら、運転席から灰皿の中身を「ボッボッ」と捨てていました。最低です(もう2度としません)。

私の中で、ポイ捨てはもう厳禁です。だからよく、ゴミ箱を探しています。笑

で、例えば道端にゴミをポイ捨てしたら、50カルマ(数字は例えです)積む、と考えます。

だから、例えば誰かを誹謗中傷したときには、「1000カルマ積む」と考えてください(数字はイメージです)。

そして、カルマを多く積んでいくと、それが大きなトラブルや災難になって現れてきます

別の言い方をすれば、潜在意識に記憶された「罪悪感」などにより、自分にとって良くない現実を引き寄せてしまうのです。

だから、例えばずっと罪悪感に見舞われていたり、「自分なんて…」と自分を卑下する見方をしていると、どんどん良くないことを引き寄せていきます。

それこそ、病気になったり、なぜかトラブルに巻き込まれるようになったり、大切な人と喧嘩をしたり、、

無意識に自分を傷付ける、とも言えますね。

だから、いくら匿名で名前や顔が出ないという「自分の安全が保護されている状態」だからと言っても、誰かの悪口を言ったり、中傷するような発言や行動をしていると、それがカルマとしてどんどん積まれていきます(潜在意識に刻み込まれていきます)。

そうすると、病気を引き寄せたり、災難に見舞われたり、望んでいることを叶えられなかったりします。

どんどん、無意識に自分を「苦労するほう」へと導いていってしまうのです。

昔からよく、「バチが当たる」とか「必ず自分に返ってくる」なんて言われますよね。

でもそれって、どんどんカルマを積んでいって、それを消化するためにバチが当たったり、悪さしたことが返ってくる(正確には、そういう現実を引き寄せる)のです。

だから、匿名だろうとネット上で誰かの悪口を言ったり批判する人は、それがカルマとして溜まり、後からどんどん自分に災難やトラブルとして返ってくるようになります。

「あゆキモいな」とか「アンジェリカ汚い」とか、そういうたった一言でも、誰かを傷つけたり攻撃することで大きなカルマが積まれます。

なので、自己中心的に生きている人ほどカルマはどんどん積まれ、いい死にかたをしません

そういう人ほど、後から大きな災難に見舞われたり、家族が病気や障害を患ったり、自分自身が大きな病気にかかったりします。

おそらく、「本当は良くないと分かっているけど仕方なくやった」という行動をしたことがある人は、必ず1度は「バチが当たったんだ…」という経験、何かしら心当たりあるはずです。

ありもしない誹謗中傷をされたり、自分の体調を崩したり、財布をなくしたり、離婚をしたり。。

多くの人から恨みを買っても、殺される確率が高くなりますしね。やったことは返ってくる(というか無意識に引き寄せる)。

だから、悪口や批判はマジで言うべきではないのです。例えあなただとバレないとしても、それが潜在意識に刻み込まれていって、のちのち、それがあなたを苦しめていくことになります。

. カルマと正反対に位置するモノ

ここまで話してきたカルマは例えば、

・病気になる
・事故にあう
・大事な人と破滅する
・仕事でトラブルが発生する
・近い人が亡くなる

などと言う、一般的には「不幸」と言われる現象を引き起こすエネルギーです。

そして逆に、

・良い人と出会う
・健康になる
・仕事が上手くいく
・家庭が上手くいく

などと言う、一般的には「幸せ」と言われる現象を引き起こすエネルギーを『徳』と言います

これも簡単に考えてもらったらと思うのですが、

例えばあなたが電車でおばあちゃんに席を譲るとしますよね。そうしたらおばあちゃんは喜んでくれます。

あなたに感謝します。

こういう良い行いをしたときに積まれるのが「徳」です。

誰かに感謝されたり、誰かの役に立ったら徳が積まれると考えてください。

そしてこの徳という良い行いも、脳は覚えています。潜在意識に刻み込まれています。

つまり私たちは脳(潜在意識)の中で、

「どれだけ良い行いをした」
「どれだけ悪い行いをした」

というのが刻まれているわけです。

だから、自分が今までやってきたことに対して罪悪感を感じている人ほど、何か仕事や人間関係でトラブルを引き寄せます。そして、なぜだか収入に繋がらなかったり、周りの人と上手く行かなかったりします。

ネットで誹謗中傷する人ほど、現実世界では友達がいない、あるいは周りに心から友達と呼べる人がいないケースが多いはずです。

これは、脳(潜在意識)が自分にブロックを掛けてしまっているわけです。

しかし、「私はこれだけ良い行いをしてきた」という自負を”無意識(潜在意識)”で強く持てている人ほど、どんどん仕事も上手くいくようになったり、人間関係も良くなり幸せになっていきます。

つまり、カルマをたくさん積んでいる人ほど不幸になり、徳をたくさん積んでいる人ほど幸せになっていきます。そういう原理なのです。

あくまで、「徳とカルマ」で表現していますが、これは潜在意識の働きを意識的に理解していくための考え方です。

だから、ネットで誹謗中傷をするのもカルマを積むことになるし(つまり脳が覚えて悪い現象を引き寄せやすくなる)、仮に相手にバレていないからと言って、浮気ばかりしている人も相当のカルマを積むことになります。

バレていなくても、自分の心の奥深く、つまり潜在意識でハッキリと「自分は本当は良くないことをしている」と覚えているのです。

(だから、それが無意識の行動に現れて、不倫が他の人にバレたり、本人に接する態度が変わってしまったりしてバレます。)

そうして、離婚することになったり、持っている財産を全て持って行かれる、子供に会えなくなる…なんてことになります。

でも逆に、奥さん(旦那さん)が喜ぶことをしてあげたり、優しい気持ちで接してあげることで徳が積まれていきます

そうすると、家族環境がすごぶる良くなり、仕事も上手くいくようになって、趣味に出会ったり良い縁に恵まれたりしていきます。

周りの人に良いことをしている人ほど、徳が積まれていきます。

そして、それが潜在意識に刻み込まれていき、無意識に「自分はこれだけ良いことをしている」と自分を誇りに思えるようになります。

するとどんどん、良い現象を引き起こしていけるのです(自分にはそれだけの資格がある、と無意識で思い込んでいくわけですね)。

. 徳とカルマを意識して生きる

そして最初の話に戻りますが、私は「徳とカルマ」を『恒常性』と表現しました。

これはどういうことかというと、

カルマをたくさん積んでいる人ほど、つまり無意識に罪悪感を溜めていく人ほど、良い現象が起きそうになると「自分はそんな資格はない」とブロックして、良くないことを引き寄せます。

そう、これは完全に無意識の領域であり、いくら意識(顕在意識)的に罪悪感を感じていなかったとしても、実はそれは脳の奥深くに刻まれているのです。

だから、自分の中の「資格」を基準に恒常性を保とうとします

体温が上昇すると汗をかく、低下するとガクブル震える。こういう現象ですね。

徳を積みまくっている人(徳人)は、自分にはそれだけの資格があると分かっているので、ブロックなく良い現象を引き寄せる。

逆に、カルマを積みまくっている人は、自分にはそれだけの資格がないと思ってしまうので、良いことが起きそうになるとブロックして、悪い現象を引き寄せる。

これは、私が教えているネットビジネスの世界でも同じことが言えます。

つまり、なかなか頑張っても収入に繋がらない人ほど、無意識で自分をブロックしてしまうのです。

本当はすでに稼げる知識もスキルも持っているのに、なぜだか収入に繋がるような行動ができない。遠ざけてしまう。

そうしてノウハウコレクターになって苦しむ人が多いのですが、それは無意識の中で「自分はそれだけ稼ぐ資格がある」と思えていないからです。

徳を積んでいれば、無意識の中で「それだけお金を稼ぐ資格が自分にはある」と信じ込めるので、躊躇なくビジネスでお金を稼いでいけます。

男女の恋愛もそうで、徳を積んでいる人ほど「良い異性と出会う」確率が上がります。しかしカルマのほうが圧倒的に多い人は異性と出会ってもすぐに問題が発生したり、なにかと嫌なことが起こります。

(あるいは、何かしら問題を抱えている相手と出会います。)

それらも全て、私たちの「潜在意識」によって引き起こされているのです。

そして、先ほども言った通り、このような潜在意識の働きを分かりやすく捉えたのが『徳とカルマ』という概念、コンセプトです。

なので、この『徳とカルマ』を意識して生きていくことができれば、間違いなく、今まで以上に良い出会いだったり、良い現象を引き寄せていくことができるはずです。

なぜなら、今までは何も知らずに積んできたカルマを、なるべく積まないようにできますし、良い出会やいいことを引き寄せるための「徳」も意識して積んでいくことができるからです。

ここで分かってほしいのは、とにかく誰かを誹謗中傷したり、暴言を吐いたり、他の人に悪い影響を与えてしまうものは「相当のカルマを積む」ということです。

そして、誰かの役に立ったり、感謝されたり、他の人に良い影響を与えていくと「相当の徳を積む」ことになります。

あなたは、徳をたくさん積んで幸運な人生を送るか、それともカルマをたくさん積んでトラブルや災難ばかりの不幸な人生を送るか、どちらの人生がいいですか?

ここでもう一度、よくよく自分の今までの行動を振り返ってみてください。

そして、これからどうしていきたいか、考えてみるのも良いかと思います。

. 浜崎あゆみやアンジェリカに当てはまること

ちなみに、カルマって言うのは、ただ生きているだけで積んでいってしまうものです。

そう、私たちはただ生きているだけで、他人に迷惑を掛けていると言えます。

大げさな話をすれば、呼吸をするだけで二酸化炭素を放出しますし、ただ歩いているだけでも誰かの邪魔をしてしまったり、他人になにか不愉快な思いをさせてしまったりします(わざとではないにしても)。

とにかく、私たちはただ生きているだけでカルマは積んでしまうんですね。

少しでも科学の知識を持っている人なら、「バタフライ効果」という言葉をご存知でしょう。

そう、

気象学者
ブラジルで1匹の蝶が羽ばいたらテキサスで竜巻が起こる

と言われるものです。

これは実際に竜巻が起こるかどうかは分かりません。

が、この宇宙は全てが繋がっていて(仏教では縁起と言われる)、とにかくそれくらい小さな影響でも、世界に大きな影響を与えていくわけです。

ちなみに、ある地域だけで起こったモンスーン(嵐)は、全世界の生物や気候に影響を与えます。

なので、私たちはただ普通に生きているだけでカルマって少しずつ積んでいってしまうんですね。

だからこそ、それ以上に徳を積む意識が大切になってきます。

そして、影響力の強い人ほど徳もカルマも相当、積みやすくなります。

例えば、影響力の強い人がテレビで「馬鹿やろう」と一言いったとします。

それを見ていたほとんどの人が面白いと思ったとしても、一部の人たちには不快な思いをさせてしまうこともあります。

だから、有名人とか芸能人とか、より影響力の強い人ほど、それだけ多くの人を感動させたり、希望を与えて徳を積むこともできれば、その分、多くの人を不快にさせてカルマを積んでしまうのも事実です。

全員が全員、同じ思いすることはありませんからね。

なので、あゆくらいまで絶大な影響力を持っていた(る?)人は、徳も相当積みますが、カルマも相当積みます。

すると、普通の人よりもたくさん良いことを経験できますが、逆に普通の人よりも大きな災難やトラブル、病気、悩みなどに見舞われることにもなります。

なので、影響力の強い人の人生ほど、波乱万丈だったりするのはそのためです。

あゆにしてもアンジェリカにしても(2人の影響力のレベルはどうあれ)、良いことも起きやすいのですが、悪いことも起きやすい、その上下の波が高いのです。

. カルマは完全に悪なのか?

先ほど、積んだカルマは

・病気になる
・事故にあう
・大事な人と破滅する
・仕事でトラブルが発生する

…などを引き起こすと言いました。

そして、積んだ徳は

・良い人と出会う
・健康になる
・仕事が上手くいく
・家庭が上手くいく

…などを引き起こすと言いました。

こう挙げると、なんだか「カルマは悪だ」と思ってしまいますよね。ですが、そうとも言えないんですよ

というのも、私たちは何か失敗や困難、トラブルが起こることで、より成長していくことが出来ます。

神話の法則を知っている人なら、人間の人生そのものが神話の流れで進んでいく、ということをご存知でしょう。

簡単に説明すると、私たちの(誰しもの)人生というのは、主に以下のような流れで進んでいきます(神話には東洋と西洋があり、今回は最もポピュラーな西洋版の神話の法則をご紹介します)。

1:日常の世界
2:冒険への誘い
3:冒険への拒絶
4:賢者との出会い
5:第一関門突破
6:試練・敵・仲間
7:最も危険な場所への接近
8:最大の試練
9:報酬
10:帰路
11:復活
12:宝を持っての帰還

少しでもマーケティングやコピーライティングなどと言った、ビジネスの勉強をしたことがある人なら、1度は目にしたことがあるものですね。

そう、これは「ヒーローズ・ジャーニー」と呼ばれる神話の法則です(物語を書きたい人や作品を作りたい人は絶対に読むべき本です。Amazonで売ってます。神話の法則Amazonページ)。

私たちの人生は基本的にこの流れをひたすら繰り返していきます。

人の一生の流れをパターンとして表したのが、この神話の法則だと思ってください。

だから、ディズニー映画やジブリ映画とか、ワンピースでもハリウッド映画でも、大ヒットする物語って、全てこの流れのストーリーで構成されているんですね。

ワンピースなら、ルフィが海賊王になると言って冒険へ出発して、シャンクスや色んな先輩海賊と出会い、色んなトラブルに巻き込まれ、乗り越え、仲間を作り、さらに強い敵に出会い…

という繰り返しですよね。

なぜ、大ヒットする映画やアニメの全てで神話の法則が忠実に守られているのかというと、その流れがまさに人生そのものの流れと一緒だから、人が最も共感できる構成なんですね。

で、「徳とカルマ」をこの神話の法則で考えた場合、カルマが人生に置いての「壁」を作り出します。

そして人は、「徳」を使ってその壁を乗り越え、次のステージへと成長・進化していけるのです。

なので、カルマが無かったらずっと同じ場所から次に進めないんですね。ずっと現状維持のまま人生が過ぎていきます。

まぁそんな人は(悟りを開いた人以外)存在しないわけですが、だからカルマは私たちの人生において、人間的成長において、必要不可欠なのです。

ですから、カルマを完全に悪とは言えないわけですよ。とはいえ、、

それを理由に

誹謗中傷家
じゃあ別に他人を傷つけたりしてカルマを積んでも変わんないじゃん

なんて言うひねくれ者もいるかもしれません。

が、繰り返す通り、カルマは積めば積むほど、自分にとって非常に厳しい現象を引き起こします

そして万が一、その災難(壁)にぶち当たった時に、それを乗り越えるための徳を持っていなかったら、そのままずっと苦しみが続きます。最悪の場合、そこでジ・エンドです。

なので、カルマは私たちの人生の神話にとっては、成長するために不可欠な要素であるとはいえ、それ以上に徳を積んでおかないと災難だらけの人生になっていきます。

だからこそ、さきほど説明したように、

・他人を傷付ける
・迷惑を掛ける
・後ろめたいことをする

などの「カルマを積む行為」を最小限に抑え、

・他人に喜ばれることをする
・感謝されることをする
・人の役に立つ

などの「徳を積む行為」をたくさんしていって、

カルマによって引き起こされた現象を乗り越えるための『徳』をたくさん積んでいくことが何よりも大切なのです。

さいごに(徳とカルマについて)

この『徳とカルマ』という考え方、視点。

これが“あるかないか”というものは関係がなく、潜在意識の働きで見るのか、脳科学の働きで見るのか、催眠の視点で見るのか、「どんな角度からものを見るか」の違いです。

それをあくまでも、今回は「徳とカルマ」で表現しました。

こう捉えることで、これまでよりも、より良い人生を送れるようになるはずです。まず、本当に心が穏やかになります。

もちろん、焦ってしまうときもありますが、普段は本当にリラックスしています。「あいつに勝ってやる」「あいつを陥れてやる」という敵対心が薄れていきます。

当然、そういうライバル精神っていうのは凄く大切だと思うんです。でも、間違った方向に行ってしまって、逆に自分を苦しめることもあります。

あの人のほうが凄い…
あの人は自分にないものを持っている..羨ましいよ…

そういう“劣等感”や“嫉妬感”というのは、非常に自分を苦しめます。正直、私はそういう感情が人一倍あったと思います。

もちろん、完全になくなったかと言われたら、それは分かりません。やっぱり、普通の人より努力しようって思ってしまいます。

とはいえ、その敵対心を燃やす相手が、他人ではなく自分に向いてきています

そうなると、本当に誹謗中傷しよう、とか思わなくなるんですよ。

その人はその人だし、激太りしようが肌荒れしようが、その人はその人ですよ。

私たちだって、人には触れられたくない悩みや問題を抱えているはずです。自分がそれをネットでたくさん誹謗中傷されたら、嫌だと思いませんか?

自分がされてヒドく傷つくんだったら、それは相当量のカルマが溜まります。そのカルマが現象化したとき、一体どんな災難が待っているんでしょうね。

でもこれから、できるだけカルマを溜めないように、そして、1つでも多くの徳を積んでいくようにしたら、きっとあなたの人生は、今までより遥かに高い次元での幸せな生活が待っているでしょう。

まず最初は楽しいゲームだと思ってもいいかもしれません。

例えば、電車でお年寄りや妊婦さんの手助けをしてあげたら

よ〜し、今回は100くらいの徳を積んだな

とか、ご飯を食べに行ったときに、食べたテーブルを綺麗にしておいたら

おし、10くらいの徳を積んだな

とか、そういう感覚でいいと思います。

逆に、誰かを睨み付けたりしてしまったら、

あ、やべ…カルマが50溜まったな

とか考えてみるとか。

あと、災難やトラブルが起きないように
カルマを消費していくために掃除をこまめにして

カルマを少し減らせたかなっ♪

と考えてみるのもいいですね。

そういうゲーム感覚でも、みんなが徳やカルマを意識して生きていったら、間違いなく、この世の色んな争いとか減っていくし、大げさに言えば戦争すらなくなるかもしれません

だって、みんながカルマを積まないようにして、徳を積むようにしていったら、間違った争いをせずにみんな支え合って生きていけるじゃないですか。

まぁ最後のは確かに大げさに聞こえますが、まずはあなた1人が始めていったら、あなたの身の回りの環境が大きく変わり始めます。まず自分が変わり始めます。

そして、さっき話したバタフライ効果のように、たった1人が変わるだけで、全世界に影響を与えます

これは大げさじゃなくて、私たちが生きているから今が成り立っていて、もしあなたが既に死んでいたら、私はこの記事を書こうなどと思わなかったかもしれません。

全てが目に見えない糸で繋がっているというのが、物理の超ひも理論って言われているところです。

え?目に見えないものが信じられないって?

じゃあ、あなたはどうやって今、この記事を読んでいるのでしょうか。見えない波で繋がっているから、つまりインターネットの回線(電波)によって繋がっているからでしょう。

つまり、あなたが今、この世に存在するだけで、何かしらの影響を宇宙に与えているのです。

そして私が変わったからこそ、今、この記事を書いているのであり、そしてあなたが読んでいるのです。

まずは、あなた1人が変わる。そうしたら、どんどん自分の大切な人や近しい人たちが変わっていきます。

あ、ちなみに、物理的な掃除は、心(精神)を綺麗に洗う行為です(下座業と言います)

だから、掃除をしたときはもう、最高に清々しい気持ちになるじゃないですか。あれっていうのは、心を洗ってるんですよ。

心を洗うということはつまり、(感覚的に)潜在意識をも洗っていることになります。

昔から日本人は、「水」を使うことによって、自分の穢(けが)れを洗い落としてきました。だから、神社には手水舎(ちょうずや)があるわけですね。

それはもう大昔から、日本人は心を綺麗にするために「水」と「掃除」をしてきたのです。それは私たちの無意識の奥深くの遺伝子に刻まれています。

だから掃除をするということは、潜在意識にある汚れた記憶や感情を綺麗にしていくことができますよ

掃除は本当にオススメです。

さて、、

私のこの話をどう捉えるかは、あなた次第です。

本当に徳やカルマがあるのか。それとも、徳やカルマと見立てて生きていくのか。

どっちを選ぶか、そのあなたの選択で、世界が変わるのです。

それではまた!

ขอบคุณ สำหรับ วันนี้ ครับ

西野ゆきひろ

追伸:

今回の私の話を聞いて、「うわぁ、なんか世界も奥が深いなぁ」とか思ったら、メルマガで発行している内容の一部を、ブログ記事としてアップしていますので、ぜひ読んでみてください。

流れる恋のプールで溺れた2人 
ネット起業のススメ「お前たち、これ読んでもまだ詐欺とかホザくのかい?」 
深刻化する中国人観光客と2人のタクシー運転手

Pocket

みんなにも教えて喜ばせてあげよう!