情報発信の方法と最高の価値提供とは?

Pocket

こんにちは、西野です。

インターネット上で情報を発信し、
ファンを集めてビジネスすることを
情報発信ビジネスと言います。

アフィリエイトやネットビジネスに挑戦する人は
この情報発信ビジネスに行き着きます。

しかし、情報発信といっても方法が分からなかったり
何が正しい情報発信なのか、難しいと思います。

どんなメディアを使い、どんな内容の
情報発信をすればいいのか?

そして、どういったコンテンツが
価値となるのか?

について、お話ししたいと思います。

情報発信ビジネスとは?

そもそも情報発信ビジネスとは何なのか?

情報発信とは、自分の趣味や好きなこと、
または何かに特化した専門知識などを
ネット上で発信していくことです。

そして、あなたが発信する知識や情報に
共感や価値を感じた人が読者となります。

その読者に対して、商品を販売したり
アフィリエイトすることでビジネスを行います。

簡単ですが、これが情報発信ビジネスです。

このように、仕組み自体は簡単なのですが、
実際はかなり難易度が高いです。

何か教材などで学習せずに独学で初めても
稼ぐことはほぼ不可能です。

20100319005856

情報発信に必要な物

やはり、情報発信をするには
普段から思考をしなければいけません。

考えたことや気付いたこと、
そして学んだことを情報発信していきます。

しかし、普段から何も考えず
ただぼーっと生活している人には無理です。

発信内容も浅はかになるので
コアなファンが全くつかないです。

なので、情報発信ビジネスをするには
大量のインプットが必要となってきます。

読書でも良いですし、教材でも良いです。

または、漫画や映画を見ながら
気付きや学びを得るのでも良いでしょう。

とにかく、常に何かしらから学習する必要があります。

そうしないと、新たな情報を発信できません。

よく、情報発信のネタに困る人がいますが、
彼らは単純にインプットが足りていないだけなのです。

情報発信とはつまり、アウトプットなわけですから
インプットがなければ出てきません。

何も食事をしないと
排泄物がないのと一緒です。

なので、毎日何かしらのインプットしていきましょう。

ただし、ここで注意点があります。

それは、『インプット過多にならない』
ということです。

インプットが大事なのは間違いありません。

が、どうしてもインプットばかりしてしまい
全然アウトプットできないという人もたくさんいます。

彼らは、いわゆる「ノウハウコレクター」です。

ノウハウコレクターとは、本や教材でインプットするばかりで
ほとんどアウトプットをしない人のことです。

ノウハウコレクターになると、
情報発信ビジネスでは稼げません。

なので、インプットしたらアウトプットする。

このサイクルが最も稼げる方法です。

wk_110825tron01

情報発信するメディア

情報発信で、自分が何を発信するか決めたら
その情報をより多くの人に届ける必要があります。

そこで情報発信ビジネスで使用するメディアは
以下の通りです。

・ブログ
・Facebook

・Twitter
・YouTube

・メルマガ

他にも、mixiなどもありますが、
最も使われるメディアは上の5つです。

情報発信ビジネスでは、上記5つのメディアを使って
あなたの気付いたことや学んだこと、そして
専門知識などを情報発信していきます。

それぞれについて、簡潔に触れておきます。

【ブログ】

ブログは蓄積型のメディアになります。

過去に書いた記事をためておけるので
自分の発信の中心軸という位置付けです。

【メルマガ】

完全クローズドなメディアです。

とにもかくにも、情報発信ビジネスで稼ぐには
このメルマガを使用する以外ありません。

すべてのメディアからこのメルマガに集客し、
メルマガで商品をセールスします。

【Facebook】

日々の気付きや感じたこと、そして
プライベートの姿などを発信して
自分のファンになってもらうメディアです。

Facebookからブログやメルマガに誘導します。

【Twitter】

140字という制約がありますが、
世の中の人とフランクなコミュニケーションを
取れるメディアです。

基本的には、Twitterからブログやメルマガに誘導します。

【YouTube】

動画共有サイトです。

自分で専門知識を解説したパワーポイント動画や、
ホワイトボードを使って授業をする形式で
情報を発信している人もいます。

また、YouTuberと呼ばれる人たちのように
タレント活動として使用してファンを作ることも可能です。

YouTubeも基本、メルマガやブログに集客する
という位置付けです。

まとめてお話しすると、各種SNS、そしてブログを使って
最終的に『メルマガ』に誘導します。

最終のメディアがメルマガです。

他のメディアでの活動は、
このメルマガ読者を増やすことに帰結します。

そしてメルマガ読者を増やし、その人たちに
有益な情報を提供しつつ、商品を販売していきます。

これが情報発信ビジネスでのメディアの使い方です。

socialmedia

情報発信での価値のあり方

情報発信をするときに犯しやすいミスが、
Wikipediaのような発信をしてしまうことです。

Wikipediaのような発信とは、
事実や知識をそのまま発信することです。

たとえば、『情報発信とは?』というテーマで発信するときに、
私の場合はほとんどが自分の解釈などを含めて発信しています。

しかし、Wikipediaのような発信となると、
まるで辞書のような内容を淡々と述べてしまうのです。

このミスを多くの人が犯します。

情報発信ビジネスにおいて、その情報が価値となるのは
自分の見解や解釈が含まれたときです。

料理でいえば、生卵が辞書の情報だとして、
その生卵から調理をしてスクランブルエッグにする。

このスクランブルエッグにして初めて価値になります。

つまり、どこでも手に入るような情報には
価値がないということです。

なので、「DRMとは?」のようなテーマでも
ただ調べてそのまま発信するのではなく、
そこに自分なりの解釈やたとえ話を入れながら発信していきます。

これが情報発信ビジネスの中で価値になるものです。

言い換えるならば、

『付加価値』

とも言えます。

ただの情報に自分の見解を『付加』することで
その情報が生まれ変わり新たな価値が創出されます。

つまり、情報発信ビジネスの本質とは、
『付加価値』と言えるのです。

20110314_graf01

ゼロから情報発信ビジネスで稼ぐ方法

最後に、私がこの情報発信ビジネスで
初期費用をかけずに1ヶ月で30万円を生み出した
ノウハウを特別レポートにまとめたのでご紹介します。

これは全く実績がなかった私が
広告費をかけずにいっきに2,000人のメルマガリストを集めたり
情報商材を作って販売した方法が書かれています。

今なら、あなたに無料でこの特別レポート『100円起業術』を
プレゼントします。

⇒ 無料教材『100円起業術』をダウンロードする

情報発信ビジネスの良いところは、
最初にお金をかけなくてもできるところにあります。

そして、それを最大限活かして稼いだ方法が
この100円起業術には書かれています。

独学でやらずに、まずはこういったもので
学習してください。

ちなみに、このレポートの情報の作り方を見れば
情報を調理して付加価値をつける、
という意味が理解できると思います。

以下より無料でダウンロードしてください。

⇒ 初期費用なしで情報をお金に変える方法

西野之啓

Pocket

みんなにも教えて喜ばせてあげよう!